BROMPTON(ブロンプトン)2023カタログつくりました!【代理店もかわって新体制】

What is brompton

BROMPTON(ブロンプトン)といえば、折りたたみ自転車を代表するブランドのひとつです。

折りたたみ自転車購入を検討していると、必ず出会うブランドでしょう。

 

 * BROMPTONはどのような折りたたみ自転車なのか?

 * BROMPTONの良い点、悪い点?

 * BROMPTONのラインアップ

 * BROMPTONの日本法人?代理店?

 

についてなど、BROMPTON購入を考えている人にお届けしたい!

 

スポンサーリンク

BROMPTONとは?

What is brompton 8

そもそもどこの国の会社なの?

BROMPTONはイギリス発の折りたたみ自転車ブランドです。

イギリスにある自社工場で開発と生産を一手に引き受けることで、その品質を維持しているのが特徴です。

BROMPTONの誕生は1975年ですが、そのころから基本的なデザインが変わりません。よって、

 

「あ、BROMPTONだ!」

 

と誰もが気づきやすい見た目となっています。

 

日本国内では2022年10月から、ブロンプトンジャパン、つまり日本法人が販売しています。

これまではミズタニ自転車が代理店をしていましたが、これからは日本法人。

 

イギリス製?台湾製?中国製?

BROMPTONはイギリス製です。

一台一台、徹底した品質管理がされているのが特徴です。

 

2004年頃まで、台湾生産をしていたことがありました。

だから、中古市場では台湾製を見かけることもあります。

しかし、現在はすべてイギリスで生産されています。

 

中国製でBROMPTONぽいモデルもありますが、それは別物です。

同じように見えても、乗り心地や値段など大きく異なります。

 

BROMPTONの良い点:工夫された折りたたみ

What is brompton 11

折りたたんだときのサイズが非常にコンパクトで、ほぼ正方形になります。

他の折りたたみ自転車と比較しても圧倒的にコンパクトです。

 

例えば

BROMPTON W585 x H565 x D270mm

DAHON EEZZ D3 W620 x H640 x D270mm

DAHON Curve D7 W730 x H610 x D340mm

DAHON Dove Plus W620 × H560 x D300mm

 

数字だけみると、あまり差が無いようにみえます。

が、実際に折りたたんで、車や電車に乗せようとすると、コンパクトである恩恵を感じるはずです。

 

さらに、全てのモデルで共通した折りたたみ方法です。

最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえば、10秒で折りたたみができるようになるでしょう。

What is brompton

↑おりたんだ状態

 

スポンサーリンク

BROMPTONのラインアップ

What is brompton 4

BROMPTONは現在6種類あります。

そのうち日本国内で手に入るのは2種類です。

しかし、2022年9月末をもってミズタニ自転車との代理店契約が終了し、日本法人が設立されたことで、残りのモデルも発売されるかもしれません。

 

C Line

BROMPTONの中でもスタンダードなモデルです。

クロモリ製のフレームで構成されています。

色は購入タイミングによって様々ありますが、2023年モデルは次の色が選べるようです。

 


↑ブラックをワイズロードオンラインでみてみる

 


↑クラウドブルーをワイズロードオンラインでみてみる

 


↑ファイア コーラルをワイズロードオンラインでみてみる

 


↑ハウスレッドをワイズロードオンラインでみてみる

 


↑レーシンググリーンをワイズロードオンラインでみてみる

 

さらに、光沢のあるラッカーシリーズがブラックラッカーとフレイムラッカーの2色あります。

30,000円ほど値段アップします。

↑ブラックラッカーをワイズロードオンラインでみてみる

 

それ以外にも黄色や抹茶色が存在するようですよ♪

色選びもBROMPTONの楽しみの一つです。

 

なお、パーツ構成によっても違いがありますが、12kg前後で、250,000円くらいで販売されています。

 

P Line

プレミアムモデルです。

パーツの一部にチタンパーツを用いることで、C Lineよりも軽量化が図られています。

また、C Lineは2, 3, 6速から選択するのに対して、P Lineは外装4段変速となります。

10kgくらいの重量で軽量なのが魅力的です。

 

従来、スーパーライトモデルと言われていたのが最も近いと思います。

【試乗レビュー】BROMPTON S2L-X(チタンモデルのブロンプトン)は最強の折りたたみ自転車か!?
BROMPTONは不思議な自転車。自転車を買うことをゴールとしないで、そこからスタート。今度はこの自転車をもってどこにサイクリング に行こうかな?とワクワクさせてくれる自転車である。先日、千葉県浦安市を1周したのだが、そのときに利用した...

 

色はストームグレイとミッドナイトブラックの2色展開。

お値段は400,000円くらいします。

 

A Line

Aはアルファベットで最初の文字。

はじめてBROMPTONを購入するけれど、どうしても予算に限りがあるという人を対象としています。

 

 * 色選択がひとつ

 * ペダルが折りたたみ式ではない

 * パーツの一部が旧モデル

 

という違いがあります。

BROMPTONを安く買うならA Lineと言いたいところです。150,000円くらいで購入できそうですが、現在のところ、国内販売は行われていません。

150,000円?BROMPTON(ブロンプトン)A Lineってなに?
BROMPTON(ブロンプトン)A Lineについて解説しました。白1色、3速、フェンダーなしなど仕様は限定されていますが、150,000円くらいの低価格が魅力的です。日本未発売なのが残念です。

 

T Line

チタンとカーボンを使い、7.45kgという圧倒的な軽さを実現しました。

BROMPTONの弱点といえば、12kgという重量。

その弱点を克服するばかりか、他社と比較しても圧倒的です。

片手でヒョイと持ち上げることができそうな重量。

魅力的ですが、日本国内では販売されていません。

ちなみに、予想価格600,000円くらいです。

 

Electric

Brompton electric unveiled 1

C Line、またはP Lineをベースにして電動アシスト機能を備えています。

フロントバッグにバッテリーを装着することで、BROMPTONの見た目を大きく崩すことなく、電動化することに成功しました。

 

残念ながら、日本の道路交通法には適応していないモデルなので、現在は国内の公道で乗ることはできません。

日本法人ができたことで、法律問題を乗り越えて発売されることを期待しています。

推定400,000円くらいでしょう。

電動アシスト式BROMPTON (ブロンプトン)が発表されました!日本対応が待ち遠しい
BROMPTONに憧れる。定期的に「購入したい!」という強い思いが湧き上がってくるのだが、今回も興奮するニュースがイギリスよりもたらされた。 電動アシスト式BROMPTON発表! この発表をうけて、公式サイトを中心にニュースをかき...

 

BROMPTONに関するFAQ

What is brompton 12

走行性能、6速は弱点?

「所詮は16インチじゃん?フラフラしてスピードも出ないでしょ?」

 

という先入観がありました。

しかし、はじめて試乗したときに、その安定した走りにびっくり😮

【試乗レビュー】折りたたみ自転車の代名詞「BROMPTON(ブロンプトン)」で30km走ってみた感想「これは買うしかないでしょ!?」
BROMPTONなんて「最高で6速とかwww どうせスピード乗らないし」「専用パーツが多すぎて不便」「クロモリ製のフレーム!???はぁ、いくらコンパクトでも重いでしょ。11.4kgありえん。」「なによりも高すぎる!」と思っていましたが、試乗会でびっくりした話です

What is brompton 6

↑写真はシングルギアです

 

もちろん、ロードバイクやマウンテンバイクのような走りはできません。

16インチで、2〜6速ですから。

スピードを出すという用途には向きません。

山道を飛んだり跳ねたりしながら走ることもできません。

 

しかし、16インチとは思えない安定した走りができます。

一般的な舗装路を走るには全く問題がありません。

その安定した走行に驚くことでしょう。

What is brompton 2

 

欠点は12kgという重量?

What is brompton 3

確かにちょっと重いです。

ずっと持ち歩くと辛いと思います。

しかし、折りたたんだときのサイズが小さいことから、持ち運びはしやすいです。

結果的に、大きな負担にならずに、電車で運ぶこともできるでしょう。

 

軽量化されているP LineやT Lineを購入すれば、この問題はある程度、解決されます。

しかし、P Lineは10kgくらい。

 

T Lineなら7.45kg。

まだ日本未発売。。。

 

よって、現在のところ、BROMPTONを折りたたみ自転車購入するときはある程度の重量は覚悟してください。

 

え、200,000円?高すぎませんか?

確かに他の折りたたみ自転車と比べれば、割高にみえるかもしれません。

200,000円以上します。

しかし、フレームはしっかりとした剛性があり、パーツ類を変更していくことで、子供から大人まで乗ることができます。

一生ものとして使うつもりで購入しましょう!

きっと愛着が湧いてくる自転車となりますよ。

 

What is brompton 5

↑しっかりメンテナンスをすれば一生使えるかも

 

M3Lとかモデル番号があるの?

従来はハンドル形状、ギア数、リアラックの有無でモデル名が決まっていました。

M型ハンドル、3速、ラックなし = M3L

という具合です。

 

2023年モデルからは次のように分類されています。

 * Explore = 6速

 * Urban = 2速

 

BROMPTONを中古で購入するのはどう?

クロモリフレームなので、長持ちしやすいです。

よって中古でも一定の価値を保っています。

 

しかし、各種パーツは劣化しているかも。

折りたたみ自転車は特殊パーツが多く、入手困難かもしれません。

 

劣化や入手困難ということを乗り越えて、自分自身で修理やカスタマイズができるなら、中古購入もありかもしれません。

 

BROMPTONはカスタム前提?

そんなことはありません。

しかし、カスタムして利用している人はたくさんいます。

BROMPTON限定のレースも開催されていますので、そのイベントでは、カスタムされたBROMPTONをたくさん目にします。

 

でも、全員がカスタムしているわけではありません。

とはいうものの、購入するとカスタムしたい欲求が湧いてくるようですね。

 

BROMPTONネットで購入?

ワイズロードオンラインなど、一部ではネット販売を行なっているようです。

とはいうものの、特殊パーツも多い自転車です。

最初は専門店で購入していろいろと相談するのが良いかもしれません。

 

首都圏ならば、千葉県浦安市にある街の自転車屋さん「believe」をイチオシします。

【訪問レポート】自転車屋 x カフェ=街の自転車屋さん「believe」の新しい挑戦
何かと何かを組み合わせたら、2倍にも3倍にもパワーアップする。スマートフォンだとiPhoneとiFaceケース。ファーストフードだと、ハンバーガーとポテト。ドラゴンボールでいえば、悟天 x トランクス=スーパーゴテンクス。ドラゴン...

 

さいごに

What is brompton 7

BROMPTONの良さは折りたたんだときのコンパクトさ。

16インチだけど、意外と走る走行性能。

でも、なによりも、購入した後にサイクリングを楽しみたいと思わせてくれる魅力ですね♪

 

以上、BROMPTONのまとめでした〜!

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。日本法人設立に伴い、日本未発売のモデルのどれかが、発売されるといいなぁと切実に願います。


↑BROMPTONをワイズロードオンラインでみてみる

 

 

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました