【試乗レポ】BROMPTONで変速なし!

Brompton m1l reviewed 6

折りたたみ自転車として有名なBROMPTON(ブロンプトン)。

このブログを読んでいただいている多くの人も愛用している。

今回は、BROMPTONをシングルギア、つまり変速なしで利用したら楽しいよ!という話。

60kmくらい走ったけれど、どこまでも走っていける感じがしたBROMPTONシングルギアのレビュー!

 

スポンサーリンク

BROMPTONシングルギアなぜ良いの?

Brompton m1l reviewed 11

今回試乗したのはBROMPTONのシングルギア。

製品名で言えば、M1Lとなる。

BROMPTON(ブロンプトン)の型番解説!これでピッタリなモデルがわかる♪
折りたたみ自転車といえば、BROMPTON(ブロンプトン)。私はBROMPTON欲しい!↓試乗してみた!↓め...

千葉県浦安市の街の自転車屋さん「believe」ショップオリジナルカスタマイズである。

BROMPTON購入するなら、シングルギアで良いのでは?と強く思った次第。

その理由を次の3点にまとめた。

 

ヒルクライムしないならシングルで十分

Brompton m1l reviewed 3

↑湾岸エリアは基本平坦ばかり

 

BROMPTONは通常であれば、2速、3速、6速から選ぶ。

斜度8%以上の坂道ばかりだったり、ヒルクライムをしたいという場合は変速性能があったほうが良いと思う。

そもそも、そういう坂道だらけの環境では、電動アシスト自転車であったり、ロードバイクであったりと他の自転車を選んだほうが幸せになれそう。

しかし、BROMPTONを利用する環境のほとんどは、街中やサイクリングロードが多いのではないだろうか。

平坦ばかりなら、変速なしの方が、難しいことを考えずに気楽にサイクリングを楽しめそうだ。

 

Brompton m1l reviewed 4

↑都内を歌いながらサイクリングした

 

変速性能がないのでトラブル少ない

Brompton m1l reviewed 5

BROMPTONの変速は6速の場合、外装と内装が混ざっている。

外装はペダリングをしながら、変速。

内装はペダリングをしないで、変速。

ややこしい(−_−#)

さらに、もし出先でトラブルにあったら?と思うとちょっと心配。

シングルギアであれば、こういった心配が皆無。

だって、変速しないから。

走りに集中することができる。

 

変速なしで軽量化、輪行しやすい

Brompton m1l reviewed 8

変速しないということは

  • 内装式リアハブがなくなって軽量化
  • シフターなくて軽量化
  • リアDなしで軽量化
  • ワイヤーも減って軽量化

よって、自転車そのものが軽くなる♪

  • M6L = 11.88kg(公称値)
  • M1L = 11.4kg(体重計に乗って確認)

と400g以上軽量化ができる。

これは、輪行するときに大きなメリット。

肩に担いで階段を登り降りするので、400gも違うと負担が変わってくる。

 

スポンサーリンク

BROMPTONシングルギアの注意点

BROMPTONシングルギアを利用するときの注意点。

坂道で頑張って足を痛めないように

変速ができないから登り坂が辛い。

言い換えると、サドルに座ってペダルを回すか、立ち漕ぎをするかの2択。

よって、登り坂で無理に頑張ると足を痛めてしまう。

斜度5%くらいの坂をちょっと登るくらいなら大丈夫。

でも、10%とかの坂なら無理はしないように。

Brompton m1l reviewed 7

↑このくらいなら大丈夫

 

Brompton m1l reviewed 9

↑さすがにこの坂は無理

 

適切なギア比を選ぼう

Brompton m1l reviewed 2

シングルギアなので、ギア比は固定である。

組み立てるときに、どのギア比を選ぶかが、大事。

今回試乗したBROMPTONは50-12Tという組み合わせ。

つまりはギア比=4.17である。

このギア比は絶妙であると感じた。

軽すぎないので、平地で巡航しているときも快適。

ちょっとした坂道でも立ち漕ぎで乗り越えられる。

ギアが1段違うだけで満足度が変わってくるので、よく吟味したい。

 

スピードを出そうとしない

Brompton m1l reviewed 1

今回利用したのはM1L。

楽な乗り心地ができるM型ハンドルに加えて、シングルギア。

この仕様はママチャリのようにゆったりと走ることが想定されている。

無理にスピードを出そうとすれば、すぐに疲労してしまうだろう。

しかし、ゆっくり走ると、快適でいつまでも走行を続けることができそう。

今回は60kmくらい走ったが、ゆったりと景色を楽しみながら走ることができた!

ガンガンとペダルを回してスピードを出そうとしないようにしたい。

 

まとめ

Brompton m1l reviewed 10

  • BROMPTONでゆっくりとサイクリングするならシングルギアあり
  • 街中をまったり走るのに適している
  • 変速がないので、トラブル少ない
  • 軽いから輪行しやすい
  • 無理に登り坂でがんばって、足を痛めないようにしたい
  • ギア比はよく吟味すること
  • スピードださないで、ゆっくり進めば楽しいぞ

 

最後に

街の自転車屋さん「believe」さんに協力をいただきました。ありがとうございます。

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。シングルギアのBROMPTONは標準仕様でもよいのでは?

 

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました