【新旧比較】電動アシスト折りたたみ自転車Daytona DE01

Daytona de01 updated 5

電動アシスト式であり、折りたたみ自転車というのは新しい自転車生活を期待させてくれる。

 

電動+折りたたみ+けっこう格好いい!=Daytona DE01シリーズ

 

Daytonaシリーズは電動アシスト自転車ぽくないのがいいんですよ!

2020年は在庫なしが続いていたが、ひっそりとモデルチェンジをしていたようなので、ここでまとめて紹介しておきたい。

【試乗レビュー】Daytona DE01Sは購入ボタンをポチッと押してしまいそうな電動アシスト折りたたみ自転車♪
 折りたたみ自転車で電動アシスト機能が備わっているのが欲しいと思っている人は手をあげて!きっと自転車生活というか人生...

 

スポンサーリンク

変更点をざっくりまとめ

今回の変更点は主に3点。

  • Daytona DE01Sが廃盤
  • Daytona DE01が性能アップで値段もアップ
  • Daytona DE01Xもバッテリーパワーアップで値段変わらず

順番に見ていこう。

 

スポンサーリンク

Daytona DE01Sが廃盤

中間モデルとしてもっともコストパフォーマンスが良いと思い、試乗レビューもしていたDaytona DE01Sが廃盤となってしまった。

【試乗レビュー】Daytona DE01Sは購入ボタンをポチッと押してしまいそうな電動アシスト折りたたみ自転車♪
 折りたたみ自転車で電動アシスト機能が備わっているのが欲しいと思っている人は手をあげて!きっと自転車生活というか人生...

 

Daytona DE01がパワーアップしたことでDaytona DE01Sのポジションが微妙になってしまったのかと思われる。

 

Daytona DE01性能アップ!

新モデルのDaytona DE01は大幅に性能が向上している。

バッテリーパワーアップ

Daytona de01 updated 3

電動アシスト式の心臓部ともいえるバッテリーが容量アップしている。

  • 旧:36V x 6.6Ah = 238Wh
  • 新:36V x 7.8Ah = 281Wh

とバッテリー容量が増えている。

これにより、1回の充電で走ることができる走行距離が増えているのは間違いない。

だいたい2割り増しで50km→60kmと予想される。

 

ギア数変更

Daytona de01 updated 1

ギア数も変更になった。

  • 旧:7速
  • 新:9速

マイクロシフト製で、シマノ製ではない。

しかし、9速になったことで、グレードそのものが上がっていると思われる。

変速性能向上が期待できる。

 

電動アシストコントロール部分が違う

一見同じデザインに見えるが、電動アシスト機能を制御しているコントロール装置の配置が違う。

  • 旧型:フレームチェーンステイと平行に置かれていた。
  • 新型:シートステイと平行、地面に対して垂直方向となった。

これにより、どのような影響があるかは不明であるが、写真を見た時に新旧判別がしやすいだろう。

Daytona de01 updated 2

↑旧型のコントロール装置位置

 

値段アップ

残念ながら値上げ。

  • 旧:148,000円+税
  • 新:159,000円+税

少しでも低価格で電動アシスト折りたたみ自転車が欲しいと思っている人にとっては手痛い。

 

それ以外の変更点は?

色選択肢が増えた&変わった。

  • 旧:シャンパンゴールド、ブラック、ホワイト、レッド
  • 新:シャンパンゴールド、ダークグリーンメタリック、レッド、イエロー、ネイビーブルー

好みの色があれば、いいな♪

上位モデルDaytona DE01Xも変更!

最上位モデルDaytona DE01Xも仕様変更している

バッテリー

  • 旧:36V x 6.6Ah = 238Wh
  • 新:36V x 9.6Ah = 346Wh

大容量バッテリー来たーーー!いや、そこまでいるの?というくらいに大型バッテリー。

 

基本仕様に変更なし

Daytona DE01Xの基本仕様は従来通り

  • 10速
  • 20インチ(451)ホイール
  • 油圧ブレーキ
  • リアDはシマノ105

 

値段据え置き

バッテリーパワーアップで価格据え置きは嬉しい。

  • 旧:238,000円+税
  • 新:238,000円+税

 

まとめ

  • Daytona DE01Sが廃盤
  • Daytona DE01が性能アップで値段もアップ
  • Daytona DE01Xもバッテリーパワーアップで値段変わらず

 

やっぱり、148,000円→159,000円という価格アップが悲しい。

150,000円を超えてしまうのが高価に感じてしまう。

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。電動アシスト折りたたみ自転車でブレイクスルーをするなら絶対に軽量化!

 

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました