折りたたみ自転車購入ガイド【2020年版】

How to choose your best folding bike 001

折りたたみ自転車が欲しい。

「春だけに新しいライフスタイルを始めよう!」と考えて、折りたたみ自転車購入を考えている人にこの記事を送りたい。

早くどの自転車を購入するかを決めよう!春が終わっちゃうよ♪

というわけで、折りたたみ自転車購入をして新生活を始めようとしている人は是非読んで!

スポンサーリンク

折りたたみ自転車購入の前に。それ必要?

いきなり出鼻を挫くようなことを言う。

「折りたたみ自転車必要ですか?」

なんとなく「折りたためると便利♪」とか「折りたためると格好いい!」と選んでいる人はもう一度考え直して欲しい。当たり前だが、折りたたみ機能を必要としない人は折りたたみ自転車は必要ない。

折りたたみ機能で自転車性能は落ちているのだ!

タイヤが小さいことへの弊害

折りたたみ自転車は一般的にタイヤが小さい。タイヤが小さいことにより、スピード持続がしにくい。地面の凸凹の影響が受けやすい。結果として、走行時のストレスが増えるという問題が生じる。

折りたたみ機能によるデメリット

折りたたみ機能を要することで、自転車としての走行性能に寄与することはない。折りたためることは保管しているとき、持ち運んでいるときにメリットとなる。逆にいうと、走行時に何のメリットもないのだ。むしろデメリットしかない。

折りたたみ機能をつけることで自転車の剛性が損なわれてしまう。本来、折りたたみ機能がないのであれば、溶接されていたりするような場所でも折りたたみ自転車があるがために、クイックリリースで固定されていたりする。

折りたたみ機能を有するためにどうしても肉厚にする必要があったりして、結果として自転車としての重量も増えてしまう。1kgくらいは重くなってしまう。

折りたたみ機能のために自転車としてのバランスが崩れてしまうこともある。ジオメトリを崩していることもある。

もちろん折りたたみ機能を有することで自転車は割高になる。値段が2倍になっていると思ってもらっても良いだろう。

  • 剛性を損なう
  • 重量増
  • バランス崩れる
  • 割高

これだけのデメリットを踏まえて、本当に折りたたみ機能が必要?ぜひ、自分に問いただしてみてほしい。

折りたたみ自転車おすすめはやっぱりBROMPTON

折りたたみ機能が必要ということであれば、やはりコンパクトに折りたためた方がよい。折りたたみ機能を有していてある程度の走行性能を確保しているモデルといえば、やはりBROMPTONである。

折りたたみ自転車が欲しいなら、まずはBROMPTONを検討しよう!

BROMTPTONが満足なら好きな色を選べばよいし、もし不満なところがあるなら、その不満な点を補う他のブランドを選べば良いと思う。

BROMPTON(ブロンプトン)の型番が理解できるとスペックがわかるよ♪

もっと軽いのが欲しい

R0031582

BROMPTONの弱点は12kgくらいある重量である。この気持ちはよくわかる。走行中はあまり気にならないものの、輪行して電車に乗せるなど持ち歩くことを想定すると、せめて10kgくらいのモデルが望ましい。

BROMPTONにはチタン製のモデルがある。S2L-xのように型番に「-x」がついているモデルだとフレーム一部がチタン製なので700gくらいは軽くなるはずだ。

【試乗レポ】BROMPTON S2L-X(チタンモデルのブロンプトン)は最強の折りたたみ自転車か!?

BROMPTONが高すぎて予算オーバー

DSC01652

Tern Verge N8がオススメ。100,000円以下に予算が抑えられる。ホイールを交換してもBROMPTONよりも安くて、速いモデルとなるだろう。

【試乗レポ】迷ったらTern Verge N8を購入するべし

折りたたみ自転車ぽくないデザインのが欲しい

I tested dahon dash p8 1

DAHON Dash P8折りたたむときに工具が必要だが、しっかりとロックしているので、安定した走りとなるだろう。

【試乗レポ】DAHON Dash P8って本当に折りたたみ自転車なの?と驚く安定感

もし、もっとロードバイクぽいデザインを求めるのであれば、DAHON Dash Altenaという選択肢もある。折りたたみ自転車でロードバイクパーツが利用できる数少ないモデルである。

もっと安くて小さいのがいい=わがまま

R0031488 2

BROMPTONは予算が厳しい。でも小さいのがいい。そういうわがままな要望にはDAHON K3しかない。14インチで3速だが、街中を軽快に走るなら全く問題ない。BROMPTONの半額くらいで手に入るだろう。

【試乗レポ】14インチ7.8kgで3速のDAHON K3が大人気!

電動アシスト機能が欲しいなぁ

R0009999

電動アシスト機能を搭載したモデルはいくつかあるけれど、Daytonaが最もオススメ。見た目もオシャレだと思う。

【試乗レポ】Daytona DE01Sは購入ボタンをポチッと押してしまいそうな電動アシスト折りたたみ自転車♪

なお、電動アシスト機能のBROMPTONは日本未発売である。

電動アシスト式BROMPTON (ブロンプトン)が発表されました!日本対応が待ち遠しい

もっとスピードが出せる自転車が欲しい

I tried dahon mu slx 12

DAHONの最高峰モデルDAHON Mu SLX。もちろん圧倒的な軽さも手に入れることができる。8.6kgの折りたたみ自転車なので、ぶっ飛んでいくよ♪

【試乗レポ】DAHON Mu SLXに乗ると他の折りたたみ自転車に乗れないかも

もっともっとスピードが出したい

Tyrell fx goes to kanozan in chiba 4

Tyrell FX。折りたためるロードバイク。見た目も折りたたみ自転車に見えない。そもそも、折りたたみ自転車でスピードを求めるというのは難しい要望だが、Tyrell FXなら、かなり期待に応えてくれるだろう。千葉県1周をしたりすることも可能だ。

2020年折りたたみ自転車Tyrell FX購入ガイド

もっともっともっーーーとスピードを出したい

R0000192

Tyrell FXの上位モデルTyrell FSX。Tyrell FXよりも軽さと速さを追求したモデル。

【試乗レポ】最高級の折りたたみ自転車Tyrell FSX

いや、もっとスピードを出したい

Introducing chromo road bike raleigh 14

ロードバイクを買いましょう。

クロモリロードバイクは本当に疲れないのか1日150km走って検証した