【試乗レポ】DAHON Dash P8って本当に折りたたみ自転車なの?と驚く安定感

I tested dahon dash p8 15

皆さん、DAHON Dash P8知っていますか?ほぼ全てのDAHONに試乗してきた私だが、今まで乗ってきたDAHONの折りたたみ自転車とは全く違う乗り心地に驚いたモデルがある。それが今回紹介するDAHON Dash P8。

DAHONにこのようなモデルがあるとは全く知らなかった!DAHON Dash P8とはどのような自転車なのかをレポートしたい。

 

スポンサーリンク

DAHON Dash P8の歴史:なぜか注目されないロングセラーモデル

I tested dahon dash p8 1

DAHON Dash P8は実は2020年で初登場というわけではない。2020年ラインアップの中でも、8年以上続いている数少ないモデルの一つ。

以前にTwitter上で、8年以上継続しているモデルについてクイズにしたことがある。

正解は

あれ?5つあるぞ。4つと書いてあるのに!? 一つ忘れられているモデルがある=DAHON Dash P8。という感じで、なぜか存在感が薄いのだ。

本当に安定しているモデルで歴代モデルを見ると、次の通り。

2013年モデル

DAHON Dash P8初登場。

Dashシリーズは2011年、2012年と存在したが、そのときはDAHON Dash X20とDAHON Dash P18だった。75,000円。

2014年モデル

86,000円に値上げ。色変更。細部のパーツが異なるが基本同じ。

2015年モデル

87,000円。ホイールが黒になって高級感がでた。

2016年モデル

95,000円。色変更。

2017年モデル

87,000円。色変更。

2018年モデル

87,000円。色変更。シフターがトリガータイプになる。

2019年モデル

89,000円。色変更。

2020年モデル

89,000円。色変更。

本当に安定しすぎている、定番モデル。

 

スポンサーリンク

Dashとは?折りたたみ方法を確認

Dashシリーズにおいて共通しているのは、工具がないと折りたためないことである。フレームの2箇所のボルトをグッと緩めることで折りたたむ。Lock Jawシステムと呼ばれているシステムだが、これを採用しているのがDashシリーズ。

一見すると面倒なように思えるLock Jaw。しかし、基本的にサイクリング中はアーレンキーを携帯しているので、そんなに手間ではない。

むしろ、いかにも折りたたみ自転車という見た目ではないので、実にすっきりとしたデザインで好感が持てる♪

さっそく折りたたみ方法を確認してみよう。

I tested dahon dash p8 6

↑トップチューブのネジを緩める

I tested dahon dash p8 7

↑ダウンチューブのネジを緩める

I tested dahon dash p8 8

↑エイッとおる。

I tested dahon dash p8 9

↑折りたたみ終了

 

I tested dahon dash p8 5

↑折りたたみ時専用スタンドがついている

 

折りたたみサイズはパーツ構成によって若干異なるものの、2020年モデルだと

90 x 95 x 32cm

となっている。これはハンドルのネジを緩めた場合。ハンドルは基本固定しておくとすると、実際の折りたたみサイズはもう少し大きい。

 

I tested dahon dash p8 10

↑ハンドルが出っ張っているよ

 

折りたたむこと「も」できるモデルといえる。

 

P8とは?

P=プレミアムグレード。8=8段変速。

本当に走りを追求したいなら、ドロップハンドルに変更して、フロントディレーラーを搭載することもできる。ざっとスペックを確認してみよう。

I tested dahon dash p8 11

↑フロントディレーラー用の台座あり

 

I tested dahon dash p8 14

↑8速

 

I tested dahon dash p8 3

↑11-32Tのワイドレシオ、高速走行から坂道までok

 

I tested dahon dash p8 4

↑標準搭載の黒いホイールはリムが高いタイプ。格好いいね!20インチ(406)規格。

 

I tested dahon dash p8 12

↑ステムが標準タイプ100mm。変更することで体型に合わせることが可能

 

I tested dahon dash p8 13

↑ハンドルの高さ調整も可能

 

2011年、2013年、2014年モデルにはDAHON Dash X20があった。これこそ、ドロップハンドル、フロントディレーラー、軽量ホイールと走りを追求したモデルであった。ちなみに2013年、2014年モデルは451ホイールであった。

スピード重視ならば、同じDashシリーズでもDAHON Dash Altenaがある。小型なロードバイクという仕様である。

【試乗レポ】DAHON Dash Altenaは折りたためるロードバイク
折りたたみ自転車の代名詞ともいえるDAHON。その中で異色のモデルDAHON Dash Altena。折りたたみ自転...

 

DAHON Dash P8に試乗してみて驚く走行性能、折りたたみ自転車じゃないみたい

DAHON Dash P8に試乗してみて、乗った瞬間に驚いた。折りたたみ自転車とは思えない頑丈さなのだ。

折りたたみ自転車独特のハンドルのふらつき、走行時の不安定さ、地面から来る振動、そういった不快感をほとんど感じることがない安定した走行をすることができる!

ペダルを踏めばグンと加速をして、低速で走っていても安定している。

これはLock Jawシステムによりもたらされたフレームデザインが影響していると思われる。

I tested dahon dash p8 1 2

↑2箇所に太いパイプがあるので安定している。

 

まとめ:こんな人におすすめDAHON Dash P8

I tested dahon dash p8 2

折りたたみ自転車ぽくない見た目がいいけれど、折りたたんで収納したいという矛盾したわがままな要望がある人におすすめである。

Lock Jawシステム採用により見た目がスッキリとしている。しかし、折りたたむことも可能。また、走行性能は驚くほど良い。この折りたたみ自転車で颯爽と走ったら楽しそうだ。

 

最後に

今回も橋輪さんに協力をいただきました。いつもありがとうございます。

 

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。クロモリ製で制作すれば、もっと細くて格好いい折りたたみ自転車になるのに。

 

https://twitter.com/dahondego

 

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました