【試乗レポ】DAHON Dash Altenaは折りたためるロードバイク!?

DSC01761

折りたたみ自転車の代名詞ともいえるDAHON。その中で異色のモデルDAHON Dash Altena。

折りたたみ自転車といえば、フレームが独特の形をしている。しかし、DAHON Dash Altenaはいかにも折りたたみ自転車という出で立ちではなくて、普通のミニベロ。知らない人が見たら、「DAHONで折りたためない自転車が発売された」と思うかもしれない。

ずっと乗ってみたいと思っていた折りたたみ自転車DAHON Dash Altenaだが、ついに試す機会に恵まれたので、試乗レポートをお届け!

*実は、試乗するべきサイズを間違えたのでフェアじゃないかも(後述)

 

スポンサーリンク

DAHON Dash Altenaの特徴は?

DAHON Dash Altenaは20インチ(451)ダイヤモンドフレームでドロップハンドル搭載ミニベロ、しかし驚くべきことに折りたたみ可能!それぞれ特徴を見ていこう。

20インチ(451)

DSC01753

このサイズをミニベロと呼んでいいのだろうか?日頃小さいホイールに見慣れていると、ホイールがとてつもなく大きく見える。もちろんロードバイクと比較すれば小さいのだが、ミニベロ???と疑問に思ってしまうくらい大きいホイール。

この大きめのホイールが走るときは安定味につながるだろう。

ダイヤモンドフレーム

DSC01742 2

↑オレンジの線に注目。

折りたたみ自転車は折りたたむためにどうしても自転車の形状が独特なものになりやすい。しかし、このDAHON Dash Altenaは王道のダイヤモンドフレームなのだ。

ダイヤモンドフレームなので、しっかりとした剛性感がある。また、見た目も折りたたみ自転車ぽくない。

 

ドロップハンドル

DSC01746

ドロップハンドルを標準搭載している。よくミニベロをドロップハンドルにカスタマイズしているのを見かけるが、この自転車は最初からドロップハンドルなのだ。DAHONからの「長距離を走りなさい!」というメッセージが伝わってくる。

サイクリングロードを走っていれば、結構なスピードがでるはず。その走りでロードバイク乗りを驚かせて、ドヤーッとアピールするような自転車なのだ(たぶん)。

 

折りたたみ

DSC01773

ドヤーッとアピールをした後にゴール地点で「その自転車なんですか?すごいですね」なんて話しかけられたときに、

「折りたたみ自転車なんですよー!」

とまたしてもドヤ顔で自慢しながら折りたたみ、パッと車に乗せて走り去るような自転車。

Lock Jawと呼ばれる折りたたみ機構。アーレンキーで2箇所のロックを解除することで折りたたむことが可能になる。

DSC01768

↑アーレンキーで解除しているところ

 

DSC01782

↑このギザギザがしっかりとロックしている証。

 

DSC01781

↑折りたたみ時に自立するように台座がついている(キックスタンドなし)

 

ダイヤモンドフレームなので、折りたたみサイズは小さくはないけれど、ロードバイクと比較すれば、簡単にコンパクトにできる。

ドロップハンドル搭載もできる折りたたみ自転車といえばTyrell FX。折りたたみサイズを比較すると次の通り。

  • DAHON Dash Altena (M) W92 x H89 x D36
  • DAHON Dash Altena (L) W93 x H91 x D37
  • Tyrell FX W87 x H79 x D35

ホイールサイズが違うけれど、Tyrell FXよりも一回り大きい感じ。

なお、DAHON Dash Altenaの奥行き(D)は40cm以下となっているが、そんなことはないだろう。ドロップハンドルは42cmあるはず。よってそれ以上に短いのは不自然。カタログではハンドルを90度ひねっているが、そのためにはステムを緩めて回す必要がある。それはサイズ測定で反則かと。

DSC01776

↑ドロップハンドルはたためないでしょ!?

 

よって

  • DAHON Dash Altena (M) W92 x H89 x D42
  • DAHON Dash Altena (L) W93 x H91 x D42

と勝手に訂正(^_^;)

何れにしても、嵩張ってしまい電車輪行では気疲れしそう。ロードバイクよりはコンパクトだろうが、それでも他の折りたたみ自転車以上に周囲を気にして輪行する必要がありそうだ。

車に乗せる場合は、自分の車に積むことができるかどうかをお店で試してみてから購入するべき。購入後に「車に入らない!」というのは避けたい。

 

DAHON Dash Altenaのスペック

DAHON Dash Altenaのスペックをみてみよう。

フレーム:アルミ

フォーク:アルミ

ステム:90cm / 100cm

シートポスト:アルミ31.6

キャリパーブレーキ:Tektro R-315

STI:シマノClaris

タイヤ:KENDA Kwest 28-451

ホイール:Dahon Hi polished 451

ハブサイズ:F74mm R130mm

クランク:53/39T

リアD:シマノClaris

フロントD:シマノClaris

カセット:CS-HG50 11-32T

ペダル:折りたたみ式

キックスタンド:なし

簡単にまとめると、コンポはシマノClarisで、アルミパーツが中心。折りたたみ自転車にありがちな特殊パーツではなくて、一般的なパーツが多い。必要に応じて、アップグレードがしやすい設計だ!

DSC01751

↑シマノClaris

 

DSC01766

↑ペダル、滑りそうだけれど、大丈夫?

 

後輪ハブは130mmなので、ロードバイクと同じ。しかし、11速対応になっていないのが残念。アップグレードは10速までか、11速にするならホイール交換の必要がある。

また、橋輪さんの報告によると、2019年モデルからはキャリパーブレーキもショートリーチのもの(105など)が使用できるとのことである。(2018年モデルはブレーキシューの位置をずらす必要があった、カルマックスタジマさんの報告より)これはよりカスタマイズがしやすくなったと言える。

 

DSC01741

↑キャリパーブレーキ

 

DAHON Dash Altenaに乗ってみて

DSC01759

走っている感じ

実際に試乗してみて感じたのは、なるほど折りたたみ自転車ぽくない、ふつうのロードバイク風ミニベロ。アルミフレームでガッチリしているので、硬いフレームという感じ。だから、ペダルを踏めばグイグイと進む感じだった。

 

サイズについて

DSC01756

すごく気になったのがハンドルが近すぎること。トップチューブが短いので、ハンドルが近い。ステムは一番上につけているのに低い。全景がきつすぎる。。。と感じたところで気がついた。

 

試乗しているのはMサイズで私には小さすぎる!

 

DAHON Dash Altenaには2サイズあって、MとLがあったのだ。折りたたみ自転車でサイズ展開をしているのは珍しい。公式サイトによると

  • Mサイズ:157cm – 172cm
  • Lサイズ:170cm – 193cm

と記載がある。私は175cmくらいなので、Mは不適応だった。

購入する人は必ず試乗してサイズ確認をしてほしい。

 

カスタマイズ意欲が刺激される!?

DSC01738

標準コンポのClarisはシマノのロードバイクコンポでは下位グレードに位置する。105の変速に慣れているので、なめらかに変速しているとは言い難いが、特に不快なものではなかった。

しかしながら、現状に満足をしないのは人のさが。きっとClarisから105以上のコンポに変更したくなるはず。むしろ、105にして軽量化を図り、高性能の後輪ハブにしたモデルに乗ってみたいと感じた。

 

まとめ

DSC01754

折りたたみサイズは小さいとは言えないが、全く折りたたみと感じさせないデザインが魅力的だ。また、パーツ構成が特殊ではなくカスタマイズしやすいのも○。基本はロードバイクぽいミニベロとして利用して、たまに折りたたむというのが良さそう。

今回試乗したのはMサイズ。あらためてLサイズで評価したい

 

今日もブログにお越しいただきありがとうございます。DAHONといえば、橋輪さん。今回の試乗でもお世話になりました。ありがとうございます。

橋輪さん公式サイト