【試乗レポ】迷ったらTern Verge N8を購入するべし

DSC01628

日本向きに開発されたといわれるTern Verge N8。Ternの大ヒットモデルだ。しっかりとした走行性能を発揮していると思われる一方で、カスタマイズをすることで、とんでもない性能を引き出すこともできる。

じつは、この定番とも呼ばれるTern Verge N8に乗ったことが今までなかった。そこで、千葉県柏市橋輪さんにて試乗させていただく機会をえたので、レビューをお届け。

Tern Verge N8とは

Tern = ブランド名

Verge = 上位モデル

N = 日本向けモデル

8 = 8速

となる。

それぞれを見ていこう!

 

スポンサーリンク

Tern Verge N8の主な特徴

Ternとは?

折りたたみ自転車ブランドの一つ。2011年からDAHONと袂を分けた。折りたたみ自転車だけではなく、ミニベロSurgeシリーズやクロスバイクCrestシリーズなどもラインアップしている。

Ternってそもそもどんなブランドなの?
Ternってそもそもどんなブランドなの?

 

DSC01665

↑鳥のロゴがついている

 

DSC01669

↑中国製

 

Vergeについて

DSC01666

Ternの折りたたみ自転車は主にLinkシリーズとVergeシリーズがある。Vergeシリーズは上位モデルとなっている。フレームが全体的に弓なりの流線型になっているのがデザインの特徴で、オプションでフロントディレーラーを搭載することもできるようになっている。

 

DSC01624

↑流線型

 

Nについて

日本向けといっても何が日本向けなの?と思うかもしれない。公式サイトによると

560mmのハンドルバーと350mmのハンドルポストを搭載する事で、よりスポーティに。日本人の体格に合わせたセッティングが魅力です。

とある。日本人の一般的な体型に合いやすいように、ハンドルポスト角度などが設定されている。体型に合わない自転車で長距離をサイクリングすると疲労しやすくなる。5kmくらいならなんとかなるかもしれないが、体の一部にジワリジワリとダメージが蓄積されていき、疲労困憊となってしまうだろう。そんなサイクリングは楽しくない。そうならないようにサイズ合わせはとても大事であるといえる。

ハンドルバー=560mmとあるが、お店で購入したときに、体型に合うかを確認してハンドルバーの長さ調整もしてもらうと、さらに快適になるはず。

 

8について

DSC01659

8速。標準スプロケットは11-32Tとなっている。11Tを利用してスピードをだすことも可能。32Tもあれば、坂道も割とスイスイと登れるだろう。

コンポーネントはシフターはAltus SL-M310、リアDは Claris RD-R2000。シマノの下位グレードのもの。それ以外はtektroなどの他ブランドが利用されている。

 

Tern Verge N8の折りたたみ

Vergeシリーズの折りたたみ方法を確認してみよう。

DSC01639

↑シートポスト下げる

 

DSC01640

↑ハンドルポストのロックを外し……。

 

DSC01643

↑ハンドルポストを折る(外折れ)

 

DSC01650

↑前輪を180度回転させてから、フレームを折る

 

DSC01651

↑パチンとマグネットでとまる

 

DSC01652

↑折りたたみ終了

 

慣れれば10秒とかからないでできる!

 

Tern Verge N8の走行性能

 

インターネットでスペックをみているよりも実際に乗って確かめるのが一番。それも一般公道で走ってみるのが最もよくわかる。

さっそく街中を走る。すぐに感じたのが加速性能。漕ぎ出しが実に軽く走り出す。

Schwalbe Kojakという上級タイヤが利用されているのが大きく寄与していると思われる。この価格帯の自転車は安いタイヤが使用されていることが多い。しかし、Tern Verge N8はSchwalbe Kojak(=上級タイヤ)を利用しているために抜群の乗り心地だ。

 

DSC01620

↑Schwalbe Kojak搭載

 

DSC01627

↑スポークにもSAPIM製を利用している

 

ただし、タイヤだけがTern Verge N8の走りやすさに寄与しているわけではなさそう。坂道走行で気がついたのだが、下り坂で折りたたみ自転車にありがちな不安定さがない。実に気持ちよく坂道を下ることができた!

また、上り坂でペダリングに力を入れてもフレームが軋むと言うことがない。ハンドルポストが伸縮タイプではなく、1本になっている。そして、細部がしっかりと固定されているからこその剛性感であるといえる。上り坂だと力一杯にペダルを踏むことになるので、その自転車の剛性感がわかりやすい。Tern Verge N8はかなりしっかりとしていると思われる。

 

DSC01668

↑がっちりとロックされている

 

孤独のソロボッチさんはドロップハンドルに変更して信じられないくらいの長距離を走っているが、そういう気持ちになるのも(ちょっとだけ)理解できるw

 

カスタマイズの可能性を秘めたTern Verge N8

ミニベロを購入するとなぜかカスタマイズをしたくなる人が多いようだw Tern Verge N8の場合はかなりよいバランスでまとまっているが、もしカスタマイズを施すとしたら、やはり、変速周りだろう。11T-32Tの8速を10速化することで、よりスムーズに変速することができるはずだ。ホイールは11速に対応していないと思われるので、10速変更がよいと感じた。

 

DSC01622

↑標準装備のコンポーネントClarisは上位グレードではない

 

フロントディレイラーを取り付けることも可能だが、ヒルクライムをしないなら無理につける必要はないかなぁとも感じる。

DSC01624 2

↑フロントディレーラーの台座あり

 

まとめ

大きな弱点が見つからないTern Verge N8。ロングセラーの人気モデルであることがわかった気がする。もし予算が100,000円以内で折りたたみ自転車を購入したいなら、購入候補に加えてよいと思う。

 

今日もブログにお越しいただきありがとうございます。購入時は輪行袋を忘れずに。

橋輪さん公式サイト

GIZA PRODUCT輪行袋20インチ(amazon.co.jpより)