【試乗レビュー】重量わずか6.97kg、DAHON Dove Plusはやっぱり軽い

みんな実は期待していますよね?DAHON史上最軽量6.97kgと軽さをアピールしているあの自転車。

 

DAHON Dove Plus

 

先日、橋輪さんでAlex Moultonに試乗させていただいたのだが、そのとき、ふと見るとDAHON Dove Plusが折りたたまれて鎮座している!小さすぎて気がつかなかった。

 

「発見したからには試乗しないと!(実は探してたんですよーーーw!)」

 

ということでDAHON Dove Plus試乗レビュー!

Dahon dove plus  1

↑DAHON Dove Plus

註:試乗車はタイヤがSchwalbe Big Apple。太いタイヤが好きな橋輪さん

 

スポンサーリンク

DAHON Dove Plusのスペック

あらためて、主なスペックを確認してみよう。

  • 14インチ
  • シングルギア(42T/9T=ギア比4.67)
  • DAHON Doveよりも軽さを追求して6.97kgを達成
  • 80,000円+税(2022年モデル)

 

Dahon dove plus  5

↑内装タイプのワイヤー

 

Dahon dove plus  4

↑おっと、シングルギアだった!シフターなくて焦る(^_^;)

 

注目はやはり軽さである。軽さは正義。

軽いから坂道もスイスイと進むはず。

軽いから輪行もしやすい。

軽いから加速も素晴らしい。

と素晴らしいことだらけな予感をさせる6.97kgである!

 

スポンサーリンク

DAHON Dove Plusの魅力はやはり軽さ

やはり、軽さ。

シングルギアだけれど、軽さもあって上り坂もあまり苦にならない。

もちろんヒルクライムは厳しいだろうが、街中の坂道ならなんとかなる。

Dahon dove plus  8 

↑橋の上で記念撮影

 

直進安定性は最悪だろうと予想していたが、そうでもなかった。

DAHON Dove Unoと比較しても前傾姿勢になったのがよかったのかも

ハンドルポスト角度が12→17度とかなり急になっている。

 

DAHON Dove Plusはコンパクト!

14インチの折りたたみ自転車は想像以上にコンパクトだった。

16インチのDAHON Curve D7も小さいと思うけれど、それよりも2回りくらい小さい印象。

そして軽いから片手でひょいと持ち歩くことができる。

R0010398 

↑折りたたみサイズは62 x 56 x 30cm

 

R0010403 

↑机の下に隠せるような小ささ

 

DAHON Dove Plus vs DAHON K3

14インチといえば、大人気のDAHON K3がある。

両者の2022年モデルを比較したのが次の表である。

項目

DAHON Dove Plus

DAHON K3

フレーム

アルミ

アルミ

ホイールサイズ

14インチ

14インチ

重量

6.97kg

7.8kg

ギア

1

3

折りたたみサイズ

62 x 56 x 30cm

65 x 59 x 28cm

ハンドルポスト調整

なし

なし

泥除け(フェンダー)

なし

なし

価格(税込)

88,000円

96,800円

このように見比べてみると、DAHON Dove Plusは本当に軽量化至上。

 

DAHON Dove Plus 2022年モデル

2021年モデルと2022は同じ。2色展開。

↑ポリッシュ(楽天リンク

 

↑アイビー(楽天リンク

 

まとめ、こんな利用がおすすめ

ガンガン走るのは厳しい。軽さを最大限に活かせる利用方法をイメージしたい。そうすると、この自転車がおすすめの人は

  • サイズがピッタリと合った人。
  • 隣の駅くらいまで走って、軽いエクササイズで利用したい人。
  • 車に常に積んでおいてサッと出して公園内を走ったり、宿舎からターミナル駅まで出かけたりしたい人。
  • オフィスの席下においておく、そして緊急時に利用したい人。
  • 10kmくらいのサイクリングを楽しみたい人。
  • カスタマイズ大好きな人で14インチをネタにしたい人(え?私???(^_^;))。

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。その後、標準仕様でも走ったが平坦15kmくらいまでなら楽しめる。

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました