【比較】14インチで7kg?DAHON K3とDAHON Dove Plus

折りたたみ自転車ブランドDAHON。

大人気の14インチモデルといえば

  • DAHON K3
  • DAHON Dove Plus

と2種類ある。

どちらも14インチで軽量をウリにしているモデルである。

 

↑DAHON K3

 

↑DAHON Dove Plus

 

同じブランドから2種類あるということは、どう差別化を図っているのだろうか。

DAHON K3とDAHON Dove Plusを比較するよ!

 

DAHON K3ってなんで人気なの?
折りたたみ自転車ブランドDAHONのスマッシュヒットとなっているといえば、DAHON K3。なぜ、人気なのか?...

 

スポンサーリンク

DAHON K3とDAHON Dove Plusの共通点

2つのモデルに共通していえるのは、軽さ重視と14インチという小さいホイールであること。

順番に見ていこう。

その1: 軽さ重視

折りたたみ自転車でスポーツタイプだと12kg前後であることが多い。

持ち運ぶときになんとか運べるギリギリの重量。

しかし、DAHON K3とDAHON Dove Plusはともに7kg前後と圧倒的な軽さを実現している。

  • DAHON K3 = 7.8kg
  • DAHON Dove Plus = 6.97kg

となっている。

軽いので、持ち運びしやすい。

軽いので、加速しやすい。

自転車は軽いことによるメリットが多い。

 

その2: 14インチ

Comparison between dahon k3 and dahon dove plus 4

一般的な折りたたみ自転車は20インチであることが多い。

DAHON K3とDAHON Dove Plusの場合、どちらも14インチ。

タイヤが小さいことによるメリットは、省スペースで済むということ。

タイヤの端から端まで全長を計測すると

  • DAHON K3 = 119cm (公称)
  • DAHON Dove Plus = 113cm (公称)
  • DAHON Boardwalk D7 (20インチ) = 150cm (公称)
  • Raleigh Carlton F(ロードバイク) = 165cm (実測)

となっている。

この数センチは室内保管するときに大きな差となる。

スポーツバイクは部屋で保管することが多い。

ロードバイクや20インチだと室内でぶつけてしまい、気がつけば、家の柱がボロボロということがある。(私はおっちょこちょい)

14インチならば場所をとらないし、ぶつける心配も減る。

ただし、走行性能という点では、小さいことはメリットになりづらい。

走行時、バランスが取りづらい。

速度維持もしづらい。

車輪が小さいとどうしても、そういう問題がでてくる。それなら中途半端に小さくしないで、思いきって14インチまで小さくしてしまおう!という強い意志が感じられる。

 

スポンサーリンク

DAHON K3とDAHON Dove Plusの違い

14インチ軽量というコンセプトは同じでも、DAHON K3とDAHON Dove Plusは大きくことなる。

主な違いは次の通り。

その1: 重量

Comparison between dahon k3 and dahon dove plus 3

両者とも軽量をウリにしているが、その重量には1kg近い差がある。

  • DAHON K3 = 7.8kg
  • DAHON Dove Plus = 6.97kg

DAHON Dove Plusの方が圧倒的な軽さを実現している。

ただし、DAHON K3の7.8kgも十分な軽さなので、実際にサイクリングをしたり、輪行したりする分には大きな違いを感じることはない。

 

その2: 変速ギアのあるなし

Comparison between dahon k3 and dahon dove plus 2

むしろ、大きな違いとして感じられるのがギアだろう。

  • DAHON K3 = 3速
  • DAHON Dove Plus = 1速

たかが、3速、されど3速。

変速ギアがあるとないでは、走りに大きな違いが生まれる。

上り坂なら軽いギアを選択して、平坦でスピードに乗せるなら重いギアというように状況に応じて、適切なギアを選びたい。

3速で十分とはいえないけれど、1速だと

  • 座ってペダルを回す
  • 立ってペダルを回す

の2択になってしまい、これが疲労につながってしまう。

 

その3: ギア比

Comparison between dahon k3 and dahon dove plus 5

ギア数だけではなく、ギア比も異なっている。

これはチェーンリングが大きく関係している。

DAHON Dove Plusは1速で、フロント47T、リア9T。

つまり47/9 = ギア比5.2(1回ペダルを回すと後輪が5.2回転)

一方のDAHON K3はフロント53T、リア9-13-17T。ギア比はそれぞれ

  • 9T = ギア比5.9
  • 13T = ギア比4.1
  • 17T = ギア比3.1

となっている。

14インチだと加速性能がよいこともあり、ある程度の重いギアがあったほうが、速度維持をしやすい。

DAHON K3の53/9 (5.9)は割と十分なギア比だが、DAHON Dove Plusの47/9 (5.2)は、すぐに回し切ってしまう印象。

 

その4: 乗車姿勢

Comparison between dahon k3 and dahon dove plus 1

実はサドルからハンドルまでの距離が違う。

ハンドルポストの角度が違うのだ。

  • DAHON K3 = 高さ420mmで17度
  • DAHON Dove Plus = 高さ400mmで15度

わずか2度の違いだが、2つを乗り比べてみると、明らかな違いに驚く。

DAHON Dove Plusは175cmの自分にとって、自転車が小さくて窮屈に感じるものであった。

DAHON K3はそこまでの違和感を覚えることはなかった。

 

その5: 折りたたみサイズ

R0010398

カタログ値で両者の折りたたみサイズは次の通り。

  • DAHON K3: W65 x H59 x D28cm
  • DAHON Dove Plus: W62 x H56 x D30cm

すこしでもコンパクトなものを選ぶならDAHON Dove Plusが良いだろう。

わずか2〜3cmの違いでも輪行して電車内に運ぶとなると、ずいぶんと異なる印象を受ける。

 

買うならどっち?

軽さ最重視なら、DAHON Dove Plus。

↑DAHON Dove Plus、6.97kgの軽さを生かしたい。

 

14インチでも走行性能がある程度欲しいというならDAHON K3。

 

↑3速で走行性能アップ

 

しかし、どちらもメインの自転車として利用するのは厳しいかも。

平坦中心のルートで

  • DAHON Dove Plus = 10kmくらいまで
  • DAHON K3 = 20kmくらいまで

というのが目安。

それ以上の距離を走ることが多いなら、もう少しホイールが大きいものを選んだ方が快適なサイクリングができるだろう。

どちらのモデルも軽いので輪行があまり負担にならない。

輪行することが前提で10kmとか20kmというのは出先での楽しみがひろがる。

どちらの自転車を購入しても、今までとは違うサイクリングライフを提供してくれると思う(きっと)。

【試乗レビュー】重量わずか6.97kg、DAHON Dove Plusはやっぱり軽い
みんな実は期待していますよね?DAHON史上最軽量6.97kgと軽さをアピールしているあの自転車。 DAHON Do...
【試乗レビュー】14インチ7.8kgで3速のDAHON K3が大人気!
突如の発表以来、多くの注目を集めているDAHON K3。スペックだけをみれば注目されるのもうなづける。14インチ...

 

DAHON K3 2021年モデル

2021年モデルから、フロントバッグを取り付けるための台座アダプタがつきました。

DAHON K3ってなんで人気なの?
折りたたみ自転車ブランドDAHONのスマッシュヒットとなっているといえば、DAHON K3。なぜ、人気なのか?...

↑赤、2019年モデルから継続され続ける(楽天リンク

 

↑ガンメタ(黒)、2020年モデルからの継続(楽天リンク

 

↑シルバー、新色(楽天リンク

 

↑限定カラーのマットブラック(楽天リンク

 

DAHON Dove Plus 2021年モデル

2021年モデルは2色展開。

↑ポリッシュ(楽天リンク

 

↑アイビー(楽天リンク

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。Schwalbe Big Appleタイヤにすると、走行性能が随分と変わる。

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました