DAHON K3ってなんで人気なの?

Why dahon k3 is so popular 5

折りたたみ自転車ブランドDAHONのスマッシュヒットとなっているといえば、

DAHON K3

  • なぜ、人気なのか?
  • いつから発売されているのか?
  • 弱点はどこにあるのか?

などを考えてみた。

【試乗レビュー】14インチ7.8kgで3速のDAHON K3が大人気!
突如の発表以来、多くの注目を集めているDAHON K3。スペックだけをみれば注目されるのもうなづける。14インチ...

 

スポンサーリンク

DAHON K3が人気のわけは?

Why dahon k3 is so popular 3

DAHON K3が絶好調。その理由は

  1. 軽い
  2. 小さい
  3. それでも3速

の3つがアピールしやすいから。

順番に見ていこう。

 

DAHON K3は軽い

Why dahon k3 is so popular 4

折りたたみ自転車は11kgくらいであることが多い。

折りたたみ機能をつけるとどうしても重たくなってしまうのだ。

しかし、DAHON K3はペダルなしで7.8kgを達成した。

これは驚くべき軽さである。

現実的にはペダルを追加するなどして8.5〜9.0kgくらいになるが、それでも容易に持ち上げることができる。

 

DAHON K3は小さい

折りたたんだサイズが小さいのも特徴だ。

20インチのDAHON Boardwalk D7とサイズ比較をすると

  • DAHON K3 =W66 x H59 x D28cm
  • DAHON Boardwalk D7 = W78 x H65 x D34cm

と2回りくらい違う。

軽さとも合わさって、収納することも容易である。

 

DAHON K3は3速

Why dahon k3 is so popular 2

軽さと小ささを追求している。

その結果が14インチ。

それなのにDAHON K3は3段ギア搭載である。

フロント53Tでもあるので、スピードもかなり出すことができる。

ケイデンス70(1分間にペダルを70回転)でサイクリングをしたときの時速は次の通り。

速度

DAHON K3

1 (17T) 

13.4km/h

2 (13T) 

17.5km/h

3 (9T) 

25.2km/h

10速の自転車ほど滑らかに変速することはできない。

が、走行性能を大幅に犠牲にするのを避けることができた。

 

スポンサーリンク

DAHON K3の歴史

スマッシュヒットのモデルだが、実のところ歴史はそんなに古くない。

2019年モデル

2019年モデルの先行発売として2018年6月に発売された。当初は白と赤のみ。

9月に黄色追加。

3月に青色追加。

82,000円。

 

2020年モデル

83,000円と1,000円の値上げ。

赤、黒、黄緑と色変更に留まる。

 

2021年モデル

じわりと値上げされて85,000円となる。

さらに年度途中から3,000円値上げされ、税込で96,800円となる。

ヘッドバッジがなくなり、前カゴが取り付けられる穴がついた。

 

Why dahon k3 is so popular 8

↑こういうのがついている。(写真はDAHON Speed Falco)

 

タイヤ種類が

KENDA K1082→CST C1653

と変更になる。ブランドが変わっただけで、サイズは一緒である。

やはり、大きいのは色変更だろう。

↑赤、2019年モデルから継続され続ける(楽天リンク

 

↑ガンメタ(黒)、2020年モデルからの継続(楽天リンク

 

↑シルバー、新色(楽天リンク

 

↑限定カラーのマットブラック(楽天リンク

 

見た目に大きく関わる色は大事なポイントだけに、色選択がもっとあれば、楽しいと思うのだが。

 

DAHON K3の弱点

軽くて小さくてスピードも出せるという夢のような折りたたみ自転車だが、弱点もある。

弱点を把握して、そこを改善すれば(カスタマイズすれば)さらに満足度アップ。

  • ハンドル固定
  • やっぱりフラつく
  • 乗り心地が固くて疲れる
  • キックスタンドがない

という4つの弱点があるので、順番に見ていこう。

 

ハンドル固定

重量を抑えるためなのか、ハンドルポストが固定タイプである。

自分に合うサイズにするためにもハンドルポストを伸縮タイプにしてほしかった。

ということは伸縮タイプに変更してしまえば、この問題は解決だ。

標準ではどうも高さが合わないという場合に変更しよう。

 

やっぱりフラつく

Why dahon k3 is so popular 1

かなり安定した走りではあるものの、やはり14インチはとても小さいので、バランスを取りづらい。

そこで、タイヤサイズを大きくすることが取り上げられる。

Schwalbe Big Appleにタイヤ変更するだけで、走行時の安定味や乗り心地が大きく改善されるだろう。

タイヤが太い(50mm!)ので、乗り心地が劇的に変化する。

さらに、タイヤが太い分、結果として大きくもなる。

だから、スピードアップも副産物として手に入るのだ。

ケイデンス70(1分間にペダルを70回転)でサイクリングをしたときの時速を標準タイヤと比較したのが次の通り。

速度

標準タイヤ

Big Apple

1 (17T) 

13.4km/h

14.4km/h

2 (13T) 

17.5km/h

18.8km/h

3 (9T) 

25.2km/h

27.2km/h

14インチで27.2km/hというのは驚くべきスピードである。

標準タイヤはSchwalbe Big Appleにしてもよいのでは?と感じるくらい、しっかりと走る自転車に様変わりとなる!

試乗レビューはこちら

【試乗レビュー】14インチ7.8kgで3速のDAHON K3が大人気!
突如の発表以来、多くの注目を集めているDAHON K3。スペックだけをみれば注目されるのもうなづける。14インチ...

 

乗り心地が固くて疲れる

14インチで小径、アルミフレーム、軽量化を重視するための細いタイヤという3つの条件が重なっているからか、乗り心地が硬い。

硬いということは試乗したときは

 

「おおおおぉーーー!意外とスピード出る!」

 

という感想をもつが、5km、10km、15kmとサイクリングをしていくと、手首を中心に全身疲労。

さきに紹介したようにタイヤをSchwalbe Big Appleにすることで、幾分軽減されるが、これは14インチの宿命かもしれない。

輪行前提で、出先で機動力を発揮!という使い方が向いているかもしれない。

 

↑Schwalbe Big Apple(楽天リンク

 

キックスタンドがない

Why dahon k3 is so popular 6

少しでも軽くするためだろうか。この折りたたみ自転車にはキックスタンドがない。

14インチで長距離を走るというよりは、ちょっとそこまで〜という環境で乗ることが多いだろう。

だから、寄り道をしたりすることもあるので、駐輪しやすいようにキックスタンドを搭載するべきだと思う。

 

まとめ

Why dahon k3 is so popular 713

14インチ、7.8kgで軽量コンパクトなのに3速とわかりやすいアピールポイント。

ちょっとカスタマイズすると、さらに乗りやすくなる。

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。DAHON K3の試乗レビュー記事も参考にしてね♪

【試乗レビュー】14インチ7.8kgで3速のDAHON K3が大人気!
突如の発表以来、多くの注目を集めているDAHON K3。スペックだけをみれば注目されるのもうなづける。14インチ...

 

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました