【試乗レポ】DAHON Deftar、9.9kgで100,000円以下とか素晴らしい!

Dahon deftar tested 1

DAHON2021年モデルは当たり年!「おっ!」と思わせるモデルがけっこうある。

先日紹介したDAHON Calmも発売が楽しみなモデルだが、今回紹介するDAHON Deftarもワクワクさせてくれるモデルである。

  • 9.9kgの軽量モデル
  • でも、98,000円+税と100,000円以下のミドルグレード

この軽さにしてこの値段!

注目せざるをえないよね。

ということで、試乗レポをお届け♪

 

スポンサーリンク

DAHONとは?

DAHONは2018年で35周年を祝った折りたたみ自転車の老舗ブランド。

アメリカ人のDavid Hon氏が設立したブランドなので、略してDAHONである。

折りたたみ自転車=DAHONというくらい、業界のトップランナーといってもよいだろう。

 

スポンサーリンク

DAHON Deftarとは?

Dahon deftar tested 9

今回紹介するのはDAHON Deftar。

主な仕様は次の通り。

  • 重量:9.9kg
  • ホイールサイズ:20inch(ETRTO 406)
  • 変速:8速
  • 折りたたみサイズ:W78 × H65 × D35 cm
  • サドルからペダルまで:690~940mm
  • フレーム:Dalloy Sonus Aluminum, Vice Grip technology
  • フォーク:Alloy Straight Fork
  • ハンドルポスト:一体型、右折れタイプ、 300mm/8°
  • シートポスト:Dahon Super Light aluminum, 33.9x580mm
  • ブレーキ:Promax RC482
  • ブレーキレバー:Tektro 289A
  • フロントホイール:Dahon Pro 406, 14H, OLD:74mm
  • リアホイール:Dahon Comp 406, 28H, OLD:130mm
  • タイヤ:Kenda K-1082, 20×1.35, F/V
  • クランクセット:Dahon light weight crank, 53T
  • フロントディレーラー:なし
  • リアディレーラー:Shimano Claris RD-R2000-SS
  • シフター:Shimano Claris SL-R2000
  • カセット:Shimano CS-HG50, 11-30T
  • ペダル:MKS Promenade EZY quick release
  • キックスタンド:アルミ製

軽量化にこだわっていると思われるところをハイライトした。

9.9kgという仕様はゼッタイに10kg以下にしようというメーカーの気迫を感じさせる。

軽いということは加速性能が良い。

軽いということは坂道も登りやすい。

軽いということは折りたたんだ時に持ち歩きやすい。

とメリットしかない。

それが、200,000円の高級車ではなくて、100,000円以下で達成できているのだ!

これは画期的だ!

どうやって10kg以下を達成したかといえば……、

Dahon deftar tested 23

↑なんといってもフロントホイールはDAHON Pro。軽い!

 

Dahon deftar tested 12

↑シートポストも軽量タイプ。何よりもしっかり固定される精度の高さだった。

 

Dahon deftar tested 11

↑クランクも肉抜きされている。

 

Dahon deftar tested 5

↑タイヤはKENDA KSMART。

このタイヤは私が、16インチDAHON Curve D7でも利用していた軽量タイヤでびっくりするくらいに回転する。しかし、寿命が短い。20インチ用はどうだろうか?

 

それ以外の仕様は次の通り。

 

Dahon deftar tested 10

↑リアホイールは通常のものだから軽量化には貢献していない。

 

Dahon deftar tested 26

↑8速ギア11-30T。

 

Dahon deftar tested 8

↑シフターはクラリス。ブレーキはtektro。

 

 

Dahon deftar tested 4

↑ミドルグレード以上では標準搭載のフロントディレーラー用拡張台座。

 

Dahon deftar tested 24 2

↑フロントディレーラー装着のためにワイヤーガイドも用意されている。

 

Dahon deftar tested 22

↑フロントバッグ取り付けも可能。。。!?

ブロントバッグ用の台座をつけると、キャリパーブレーキと干渉してしまう。

今回試乗したのはプロトタイプなので、製品版では台座なしだろう。

 

Dahon deftar tested 27

↑キャリパーブレーキはPromax RC482。DAHON Visc EVOと同じ。

ブレーキが効かない!と言われるが、そんなことはなかった。ちゃんと止まるよ。

どうしても不安なら、シマノグレードに変更しよう。

 

でも、ブレーキシューが届くかどうかは確証がない。

届かない場合はアダプターが必要になる。

 

なお、2009年くらいまではVitesseと呼ばれる類似フレームのモデルがあった。

酷似しているが、VitesseはVブレーキ対応で、Deftarはキャリパーブレーキ対応。

 

DAHON Deftarの走行性能

Dahon deftar tested 13

↑坂道ok

 

9.9kgという軽さがもたらしてくれる走行性能には期待しかない。

予想通り、いや、それ以上にしっかりと加速する。

グッとふめば、ビュンと進む。

この加速感覚が気持ちいい。

自転車で道路を走ると気づくけれど、平坦な道というのはあまりない。

微妙に登りだったり、降りだったりするのだ。

その「微妙に登り」がサイクリングのストレスになるのだが、ストレスなく前に進む。

ペダリングをやめても、ススススッー、と進む感覚。

軽量タイヤと高級フロントホイールの影響が大きいと思われる。

繰り返すけど、100,000円以下の折りたたみ自転車である。

この価格帯でこの性能はちょっと記憶がない。

 

DAHON Deftar 2021年モデルのカラー

デビュー初年度は3色展開。

↑ディープレッド(濃い赤)

 

↑ブラック(黒)

 

↑アッシュブルー(水色)

 

DAHON Deftarの折りたたみ方

Dahon deftar tested 19

DAHON Deftarの折りたたみ方法はDAHON標準の折りたたみ方法である。

 

Dahon deftar tested 14

↑シートポストを下げる

 

Dahon deftar tested 15

↑ハンドルポストを折る

 

Dahon deftar tested 16

↑フレームのロック解除

 

Dahon deftar tested 17

↑折りたたみ完成

 

Dahon deftar tested 18 2

↑折りたたみサイズはW82 × H66 × D36 cm

 

DAHON Deftarはカスタマイズ前提?

標準のままで乗ろう!

Dahon deftar tested 25

フレームそのものが軽いことから、カスタマイズが前提とも考えられるモデル。

実際に公式サイトにおいても

ミドルグレードからリリースする軽量性が特長のモデル。様々なカスタムへの拡張性も高く、ベースモデルとしても使用可能。

と記載されており、カスタマイズすることが暗に促されている。

しかし、私はこのままの状態で利用することをオススメしたい!

  • 100,000円以下
  • 20インチ
  • 10kg以下

という自転車は他にないはず。

 

Dahon deftar tested 20

↑ヨッと持ち上げることもできる。ヒョイじゃない。でもヨイショじゃない。

 

他の追従を許さない軽さと価格のバランス。

まだ折りたたみ自転車を持っていない人に

「カスタマイズにいいですよ!」

と言うよりも

70,000円くらいの予算で考えている人に

「ちょっと金額を追加したら圧倒的な性能が手に入りますよ♪」

とアピールする方が魅力的ではないだろうか。

 

でもカスタマイズ考えるのも楽しいよw

もちろんカスタマイズを否定するわけではない笑

フロントホイールはそのままで11速化、フロントダブルとして計算してみる。

 

↑DAHON Pro リアホイール、35,000円

 

↑シフター11速用 SHIMANO SL-RS700左右、13,000円 

 

↑リアディレイラー105 R7000、4,400円

 

↑スプロケ105、4,100円

 

↑チェーン105、2,500円

 

↑フロントディレイラー105 R7000、3,400円

 

↑せっかくだからブレーキも105 R7000、7,000円

 

↑クランクもダブルにしないと。105 R7000、13,000円

 

↑ボトムブラケット、1,700円

 

ん?合計84,100円???もう一台購入可能?そういうのを野暮という。カスタマイズは楽しいのだ!

フロントダブルを諦めると、60,000円くらいかな?

 

DAHON Deftarのライバルは?

100,000円くらいで折りたたみ自転車となるとライバル車がいくつかある。

Tern Verge N8

タイヤグレードについてはSchwalbe Kojakを標準装備しているTern Verge N8が上回っている。ただし、重量は11.5gと通常になる。

【試乗レポ】迷ったらTern Verge N8を購入するべし
日本向きに開発されたといわれるTern Verge N8。Ternの大ヒットモデルだ。しっかりとした走行性能を発揮して...

 

DAHON K3

DAHON Deftarよりもさらに軽量化の8.2kgとなる。

しかし14インチで3段ギアとホイールサイズが小さいので、走行性能は落ちてしまう。

【試乗レポ】14インチ7.8kgで3速のDAHON K3が大人気!
突如の発表以来、多くの注目を集めているDAHON K3。スペックだけをみれば注目されるのもうなづける。14インチと...

 

DAHON Visc EVO

最初からフロントギアも搭載している。

ワンランク上のモデル。

でも、金額と重量もアップしてしまうね。

【試乗レポ】DAHON Visc EVO
「折りたたみ自転車でスピードを出したい!」ワガママなことを言いますね。でも、そんなわがままに応えてくれる自転車があると...

 

まとめ

Dahon deftar tested 21

  • 100,000円以下、20インチ406、10kg以下は素晴らしい
  • このままカスタマイズしないで乗りましょ♪
  • でも、カスタマイズも楽しそうw

 

最後に

今回も橋輪さんに協力をいただきました。いつもありがとうございます。

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。ところで、Deftarってどういう意味だろう?

 

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました