【試乗レビュー】DAHON Deftar、9.9kgが素晴らしい!

Dahon deftar tested 1

DAHON2022年モデルで楽しみなモデルがあります。

先日紹介したDAHON Calmも発売が楽しみなモデルですが、今回紹介するDAHON Deftarもワクワクさせてくれるモデルです。

  • 9.9kgの軽量モデル
  • でも、100,000円くらいのミドルグレード

この軽さにしてこの値段!

注目せざるをえないよね。

ということで、試乗レビューをお届け♪

 

スポンサーリンク

DAHONとは?

DAHONは2018年で35周年を祝った折りたたみ自転車の老舗ブランド。

アメリカ人のDavid Hon氏が設立したブランドなので、略してDAHONです。

折りたたみ自転車=DAHONというくらい、業界のトップランナーといってもよいでしょう。

 

スポンサーリンク

DAHON Deftarとは?

Dahon deftar tested 9

今回紹介するのはDAHON Deftar。

主な仕様は次の通り。

  • 重量:9.9kg
  • ホイールサイズ:20inch(ETRTO 406)
  • 変速:8速
  • 折りたたみサイズ:W78 × H65 × D35 cm
  • サドルからペダルまで:690~940mm
  • フレーム:Dalloy Sonus Aluminum, Vice Grip technology
  • フォーク:Alloy Straight Fork
  • ハンドルポスト:一体型、右折れタイプ、 300mm/8°
  • シートポスト:Dahon Super Light aluminum, 33.9x580mm
  • ブレーキ:Promax RC482
  • ブレーキレバー:Tektro 289A
  • フロントホイール:Dahon Pro 406, 14H, OLD:74mm
  • リアホイール:Dahon Comp 406, 28H, OLD:130mm
  • タイヤ:Kenda K-1082, 20×1.35, F/V
  • クランクセット:Dahon light weight crank, 53T
  • フロントディレーラー:なし
  • リアディレーラー:Shimano Claris RD-R2000-SS
  • シフター:Shimano Claris SL-R2000
  • カセット:Shimano CS-HG50, 11-30T
  • ペダル:MKS Promenade EZY quick release
  • キックスタンド:アルミ製

軽量化にこだわっていると思われるところをハイライトした。

9.9kgという仕様はゼッタイに10kg以下にしようというメーカーの気迫を感じさせる。

 

軽いということは

  • 加速性能が良い。
  • 坂道も登りやすい。
  • 折りたたんだ時に持ち歩きやすい。

とメリットしかない。

 

それが、200,000円の高級車ではなくて、100,000円くらいで達成できているのだ!

これは画期的だ!

どうやって10kg以下を達成したかといえば……、

Dahon deftar tested 23

↑なんといってもフロントホイールはDAHON Pro。軽い!

 

Dahon deftar tested 12

↑シートポストも軽量タイプ。何よりもしっかり固定される精度の高さだった。

 

Dahon deftar tested 11

↑クランクも肉抜きされている。

 

Dahon deftar tested 5

↑タイヤはKENDA KSMART。

このタイヤは私が、16インチDAHON Curve D7でも利用していた軽量タイヤで、乗ってすぐに

 

「何だこの加速性能は!軽い!」

 

と驚くタイヤである。

それ以外にもポイントになりそうな仕様は次のとおりです。

 

Dahon deftar tested 10

↑リアホイールは通常のものだから軽量化には貢献していない。

 

Dahon deftar tested 26

↑8速ギア11-30T。

 

Dahon deftar tested 8

↑シフターはClaris。ブレーキはtektro。

 

 

Dahon deftar tested 4

↑ミドルグレード以上では標準搭載のフロントディレーラー用拡張台座。

 

Dahon deftar tested 24 2

↑フロントディレーラー装着のためにワイヤーガイドも用意されている。

 

Dahon deftar tested 22

↑フロントバッグ取り付けも可能。。。!?

 

Dahon deftar tested 27

↑キャリパーブレーキはPromax RC482。DAHON Visc EVOと同じ。

 

ブレーキが効かない!と言われるが、そんなことはありません。ちゃんと止まるよ。

ただ、シマノグレードに変更したほうが安心ですね。

 

なお、2009年くらいまではVitesseと呼ばれる類似フレームのモデルがありました。

似ていますが、VitesseはVブレーキ対応で、Deftarはキャリパーブレーキ対応です。

 

DAHON Deftarの走行性能

Dahon deftar tested 13

↑坂道ok

 

9.9kgという軽さがもたらしてくれる走行性能には期待しかない。

予想通り、いや、それ以上にしっかりと加速します。

グッとふめば、ビュンと進みます。

この加速感覚が気持ちいいです。

 

自転車で道路を走ると気づきますが、平坦な道というのはあまりありません。

微妙に登りだったり、降りだったり。

その「微妙に登り」がサイクリングのストレスになりますが、ストレスなく前に進みます。

 

ペダリングをやめても、ススススッー、と進む感覚。

軽量タイヤと高級フロントホイールの影響が大きいと思われます。

繰り返すけど、100,000円くらいの折りたたみ自転車。

この価格帯でこの性能はちょっと記憶がないです。

 

ただ、ぐいぐい進むということはフレーム全体的に硬めとも言えます。

20kmくらい走るとちょっと疲労を感じますね。

 

DAHON Deftar 2022年モデルのカラー

3色展開。

↑ディープレッド(濃い赤)

 

↑ブラック(黒)

 

↑アッシュブルー(水色)

 

DAHON Deftarの折りたたみ方

Dahon deftar tested 19

DAHON Deftarの折りたたみ方法はDAHON標準の折りたたみ方法である。

 

Dahon deftar tested 14

↑シートポストを下げる

 

Dahon deftar tested 15

↑ハンドルポストを折る

 

Dahon deftar tested 16

↑フレームのロック解除

 

Dahon deftar tested 17

↑折りたたみ完成

 

Dahon deftar tested 18 2

↑折りたたみサイズはW82 × H66 × D36 cm

 

DAHON Deftarはカスタマイズ前提?

標準のままで乗ろう!

Dahon deftar tested 25

フレームそのものが軽いことから、カスタマイズが前提とも考えられるモデル。

実際に公式サイトにおいても

ミドルグレードからリリースする軽量性が特長のモデル。様々なカスタムへの拡張性も高く、ベースモデルとしても使用可能。

と記載されており、カスタマイズすることが暗に促されています(^_^;)

しかし、私はこのままの状態で利用することをオススメしたい!

  • 100,000円くらい
  • 20インチ
  • 10kg以下

という自転車は他にないはず。

 

Dahon deftar tested 20

↑ヨッと持ち上げることもできる。ヒョイじゃない。でもヨイショじゃない。

 

他の追従を許さない軽さと価格のバランス。

まだ折りたたみ自転車を持っていない人に

 

「カスタマイズにいいですよ!」

 

と言うよりも

 

70,000円くらいの予算で考えている人に

「ちょっと金額を追加したら圧倒的な性能が手に入りますよ♪」

 

とアピールする方が魅力的ではないだろうか。

 

でもカスタマイズ考えるのも楽しいよw

もちろんカスタマイズを否定するわけではありません笑

フロントホイールはそのままで11速化、フロントダブルとして計算してみましょう。

 

↑DAHON Pro リアホイール、35,000円

 

↑シフター11速用 SHIMANO SL-RS700左右、13,000円 

 

↑リアディレイラー105 R7000、4,400円

 

↑スプロケ105、4,100円

 

↑チェーン105、2,500円

 

↑フロントディレイラー105 R7000、3,400円

 

↑せっかくだからブレーキも105 R7000、7,000円

 

↑クランクもダブルにしないと。105 R7000、13,000円

 

↑ボトムブラケット、1,700円

 

ん?合計84,100円???もう一台購入可能?

そういうのは野暮。

カスタマイズは楽しいですよ!

フロントダブルを諦めると、60,000円くらいかな?

 

DAHON Deftarのライバルは?

100,000円くらいで折りたたみ自転車となるとライバル車がいくつかある。

Tern Verge N8

タイヤグレードについてはSchwalbe Kojakを標準装備しているTern Verge N8が上回っています。

ただし、重量は11.5g。

【試乗レビュー】迷ったらTern Verge N8を購入するべし
Ternの折りたたみ自転車といえばTern Verge N8というくらいに定番のモデルです。日本向けに開発されたこのモデルの特徴は、タイヤにSchwalbe Kojakを採用したことによる軽快な走り、複数のカラー展開、カスタムによるアップグレードという点です。

 

DAHON K3

DAHON Deftarよりもさらに軽量化の8.2kgとなります。

しかし14インチで3段ギアとホイールサイズが小さいので、走行性能は落ちてしまいます。

【試乗レビュー】14インチ7.8kgで3速のDAHON K3が大人気!
突如の発表以来、多くの注目を集めているDAHON K3。スペックだけをみれば注目されるのもうなづける。14インチとタイヤが小さいけれど重量わずか7.8kg65mm x 59mm x 28mmとコンパクトサイズそれなのに3速の変...

 

DAHON Visc EVO

最初からフロントギアも搭載しています。

ワンランク上のモデルです。

でも、金額と重量もアップしてしまうね。

【試乗レビュー】DAHON Visc EVO
DAHON Visa EVOは「折りたたみ自転車でスピードを出したい!」というわがままに応えてくれる自転車です。50km以上乗った経験から語る試乗レポートです

 

まとめ

Dahon deftar tested 21

  • 100,000円くらい、20インチ406、10kg以下は素晴らしい
  • このままカスタマイズしないで乗りましょ♪
  • でも、カスタマイズも楽しそうw

 

最後に

今回も橋輪さんに協力をいただきました。いつもありがとうございます。

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。ところで、Deftarってどういう意味だろう?

 

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました