【試乗レポ】DAHON Visc EVO

「折りたたみ自転車でスピードを出したい!」ワガママなことを言いますね。でも、そんなわがままに応えてくれる自転車があるといえば驚き?

今回紹介するDAHON  Visc EVOはそんなワガママに応える自転車。スピードを出してビューーっとサイクリング、そして目的地に着いたら輪行。

そういう欲張りな利用を考えている人にオススメの1台。試乗レポートをお届けするよ!

 

スポンサーリンク

DAHON Visc EVOはスピードでるよ♪

抜群の加速力をもたらすのは軽めの車体重量

I tested dahon visc evo 1

DAHON Visc EVOの最も大きな特徴は、折りたたみ自転車でもびっくりするようなスピードを出せること。

ペダルを踏んだ瞬間にわかる、なんといっても加速力が素晴らしい。

ペダルを一漕ぎ、「あっ!」と違いを感じることができた!この素晴らしい加速力はDAHON Visc EVOの重量が理由だと思う。

公式の車体重量は10.9kg。約11kg。もちろんもっと軽い自転車はあるけれど、折りたたみ自転車の中では完全に軽い部類に入るであろう。

11kgと12kgでは結構敏感に重量差を感じることができる。12kgでもママチャリに比べれば軽い部類だが、スポーツバイクとしてみれば、普通。11kgとなると、お?軽いかも。と感じることができる。

 

独特のフレーム構造で剛性アップ

スピードに乗せやすい理由はきっとフレーム設計も理由だろう。フレームが2箇所でロックされる構造なので、剛性感が増している(と思われる)。

Re-barと呼ばれているが、持ちやすいだけでなく、頑丈になっているのだ。

I tested dahon visc evo 22

↑Re-barで剛性アップ!

 

I tested dahon visc evo 16

↑持ちやすい

 

フロントディレーラー標準搭載

I tested dahon visc evo 3

さらにフロントディレイラーが標準で搭載されているのがポイント。折りたたみ自転車ではフロントディレーラーが省略されていることが多い。

フラッグシップモデルのDAHON Mu SLXでさえ、フロントディレーラーは省かれている。

街中利用ではあまり必要がないのも事実だが、やはり、心強い。フロントディレーラーがあれば、様々な路面状況に対応しやすくなると言える。

フロントディレーラーがオプションで搭載可能という車種は多いけれど、標準搭載は、DAHONでは、DAHON Visc EVOとDAHON Dash Altenaだけだろう。

 

DAHON Visc EVOの折りたたみについて

目的地に到着したところで、ぱっぱっと折りたたみができるのもDAHON Visc EVOの良いところ。折りたたみ方法を紹介すると……。

I tested dahon visc evo 10

↑シートポストを下げる

 

I tested dahon visc evo 11

↑ハンドルを折る

 

I tested dahon visc evo 12

↑フレームのロックを解除

 

I tested dahon visc evo 13

↑フレームを折る

 

I tested dahon visc evo 14

↑おりたたみ終了!

 

I tested dahon visc evo 15 2

↑折りたたみサイズ

 

DAHON Visc EVOは折りたたみ自転車では大きめのホイール20インチ(451)を採用している。そのために、折りたたみサイズはどうしても大きめになってしまう。

他の折りたたみ自転車とサイズ比較をしてみよう。

DAHON Visc EVO: W82 x H65 x D39

DAHON Speed falco: W82 x H66 x D36

DAHON Horize Disc: W85 x H68 x D43

 

DAHON Horize Discは20インチ(406)なので、1周り小さいホイールサイズ。だから小さくて当たり前なのに、折りたたみサイズは一番大きいね。

DAHON Visc EVOと他の20インチ(451)を比較すれば、負けず劣らずといえる。

 

DAHON Visc EVOのスペックで気になるところ

ざっとスペック表を見渡してみる。

  • 重量:10.9kg
  • ホイールサイズ:20inch(ETRTO 451)
  • 変速数:20速
  • 折りたたみサイズ:W82 × H65 × D39
  • フレーム:Dalloy Sonus Aluminum, Re-Bar & Vice Grip technology
  • フォーク:Dahon Slip Stream aluminum fork
  • ハンドルポスト:Radius onepiece, rightside folding, 300mm/8°
  • シートポスト:Dahon Super Light aluminum, 33.9x580mm
  • ブレーキ:Promax RC482
  • ブレーキレバー:Tektro 289A
  • フロントホイール:Dahon Comp 451, 20H, OLD:74mm
  • リアホイール:Dahon Comp 451, 28H, OLD:130mm
  • タイヤ:Kenda Kriterium, 20×1-1/8, F/V
  • クランク:Cold forged alloy, 53x39T
  • フロントディレーラー:Shimano Tiagra, FD-4700
  • リアディレーラー:Shimano Tiagra, RD-4700
  • シフター:Shimano Tiagra, SL-4700
  • スプロケ:Shimano CS-HG500, 11-25T

 

20速で、Tiagra中心のパーツ構成。

I tested dahon visc evo 4

↑リアディレーラーはTiagra

 

I tested dahon visc evo 6

↑シフターもTiagra

 

I tested dahon visc evo 5

↑スプロケは11-25T。Tiagraグレード。

 

ちょっと気になったのがブレーキ。標準で搭載されているのはPromax RC-482。これはリーチが少し長めの47mmから60mm。ロードバイクで利用される通常のキャリパーブレーキよりも長いためにブレーキ制動力が落ちてしまう。

 

I tested dahon visc evo 18

↑ブレーキはTiagraではない

 

試乗した時はほとんど平坦路だったので、気にならなかった。しかし、下り坂では、ちょっと心許ない。

↑Promax RC-482

ブレーキをSHIMANO105グレードに変更しようとしても、サイズが合わない。ワイズロードのサイトではアダプタで対応している。一応の解決策ではあるが、実際の使用者からのレポートが欲しい。

 

DAHON Visc EVO、カスタマイズで走行性能アップか!?

標準の状態でもフロントディレイラーがあるので、かなり様々な状況において走ることができる。しかしカスタマイズしたくなるところがやっぱりあるのだ。

ハンドルを変える

I tested dahon visc evo 9

フロントディレイラーを活かしつつ長距離を走るとなると、やはりハンドルはフラットではなくドロップハンドルを選びたくなる。

 

I tested dahon visc evo 17

↑標準はフラットバー

 

ドロップハンドルで20速を維持するなら、自動的にコンポはTiagraグレードを選ぶことになるだろう。

 

↑ST–4700

「どうせ変更するなら上のグレードにしようぜい!」ということであれば、後輪11速になるので様々なパーツの交換が必要になる。たとえば一つ上の105グレードとすれば、

 

↑STI、ST-R7000

 

↑リアディレーラー、RD-R7000

 

↑スプロケット、CS-R7000 (12–25)

 

↑ギア比をワイドに変えてみる?スプロケット、CS-R7000 (11–28)

 

↑チェーン、CN–HG601

 

標準状態でも長距離走行は可能だが、ドロップハンドルにすれば、より快適になる。

ここまで書いて気づいたが、標準の後輪ハブは11速対応していない。だとすれば、ホイールのグレードアップも必要になるね。

 

↑韋駄天ホイール20インチ(451)用

グレードアップすると、結構な予算が必要。さらに、折りたたみのときにハンドルが出てしまうので邪魔になる。この辺りが思案のしどころか?

 

DAHON Visc EVOのライバル候補となりそうな他モデル

同価格帯で他のモデルとなるといくつか候補が挙げられる。10万円から15万円で集めてみた。

Tyrell IVE

タイヤサイズは18インチと小さくなるし、自転車の方向性としてはスピードよりも快適に気楽に乗れることがより重視されているモデル。DAHON Visc EVOとは方向性が違うタイプなので、自分の利用法として合うのはどっちかをよく考えよう。

DAHONとは違うのだよ!DAHONとは!というわけでTyrell IVEで50kmくらい走ったからレビュー

 

DAHON Speed falco

もしDAHON Visc EVOが高すぎて買えない。予算オーバーという場合、DAHON Speed falcoを選びたい。重量がちょっと上がってしまうが、クロモリフレームでより安定して走れると思われる。

【試乗レポ】DAHON Speed falcoのバランスの良さにニヤニヤしてしまう

 

DAHON DASH Altena

同じDAHONで、20インチ(451)モデル。こっちの方が、フレーム形状を考えてもより剛性感がありそう。また、ドロップハンドル&キャリパーブレーキは一般的なパーツ構成なのでカスタマイズもしやすい。

ただし、折りたたむときは必ず工具が必要。気軽に折りたためるわけではないので、どちらを選ぶかはよく吟味したいところ。

【試乗レポ】DAHON Dash Altenaは折りたためるロードバイク

 

おまけ、Visc EVOってどういう意味?

I tested dahon visc evo 2

英語では子爵のviscountの省略形。でもなにか別の意味があるのかな?EVOはきっとEvolution=革命の省略と思われる。

 

まとめ

I tested dahon visc evo 1

DAHON Visc EVOは

  • 20速で10.9kgなので加速力抜群
  • 折りたたみも簡単
  • 長距離を走りたいならドロップハンドルにしたい
  • ブレーキちょっと心配

 

最後に

今回も橋輪さんに協力をいただきました。いつもありがとうございます。

 

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。なにはともあれ、輪行袋は同時購入するべし。

 

 

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!