【試乗レビュー】DAHON Speed Falcoのバランスの良さにニヤリ

I tested dahon Speed Falco 20

DAHONにはたくさんの折りたたみ自転車がラインアップされているが、

 

「これを買っておけば、間違い無いぞ!」

 

というモデルが今回紹介するDAHON Speed Falco。

どんなモデルなのか、試乗レビューをお届け♪

 

スポンサーリンク

DAHONとは?

DAHONは2018年で35周年を祝った折りたたみ自転車の老舗ブランド。

アメリカ人のDavid Hon氏が設立したブランドなので、略してDAHONである。

折りたたみ自転車といえば、DAHONというくらい業界のトップランナーといってもよいだろう。

 

スポンサーリンク

DAHON Speedシリーズとは?

I tested dahon Speed Falco 1

DAHON Speedシリーズはミドルグレード。

Speedシリーズの基本はまっすぐのフレームデザインで、材質がクロモリ。アルミフレームよりはちょっと重いけれど、乗り心地は柔らかい感じがする。

【まとめ】DAHON Speed とは?たくさんあるのでカタログ作りました!
折りたたみ自転車DAHONの中でも、定番中の定番とも言えるモデル。それがDAHON Speedシリーズ。これを買っておけば、間違いがない。でも、いろいろな種類がある。よくわからない。ということで、ちょっと整理してみた。 DAH...

↑いくつかのタイプに分かれているので、カタログをつくった。

 

DAHON Speed Falcoとは?

I tested dahon Speed Falco 9

今回紹介するのはDAHON Speed Falco。

Falcoとはファルコンのこと。

ハヤブサ系の鳥。

だから、

 

「Speedシリーズの中でも特別に速いよ!」

 

ということだと思われる。

主な特徴はホイールサイズが大きいということ。

20インチの中でも大型の451サイズが利用されており、それに合わせてフレームが再設計されている。

まさか20インチタイヤにも2種類あるとは!!406とか451とか自転車規格は意味不明ですね!
今日はとってもマニアックな話。20インチの自転車タイヤについてなんだけれど、実は直径が2種類あって互換性がない!さあ、あなたの感覚はどれが近い?はぁ〜なにがマニアック???当たり前のことを言わないでください。406とか451とか常識だし...

406サイズの小型の20インチ設計に451サイズのホイールにインチアップするというカスタマイズがある。

そのカスタマイズをすると、フレームとホイールサイズのバランスが悪くなってしまう。

DAHON Speed Falcoの場合は、最初から451サイズに設計されているので、バランスよくなっている。

I tested dahon Speed Falco 3

↑8速ギア

 

I tested dahon Speed Falco 8

↑ミドルグレード以上では標準搭載のフロントディレーラー用拡張台座

 

I tested dahon Speed Falco 4

↑タイヤとホイールはちょっと太め

 

I tested dahon Speed Falco 5

↑フレームの下にワイヤーを貼ることで剛性アップらしい(Deltecといわれている特徴)

 

I tested dahon Speed Falco 6

↑フロントバッグ取り付けも可能

 

主な仕様は次のとおり。(2022年モデル)

  • 重量:12.0kg
  • ホイールサイズ:20インチ(ETRTO 451)
  • 変速数:8速
  • 折りたたみサイズ:W82 × H66 × D36
  • フレーム:4130 Chromoly, Vice Grip technology
  • フォーク:Dahon Slip Stream aluminum fork
  • ハンドルポスト:Radius onepiece, rightside folding, 300mm/8°
  • シートポスト:Dahon Super Light aluminum, 33.9x580mm
  • ブレーキ:Promax DHV-218
  • ブレーキレバー:Tektro ML520
  • ホイール前:Dahon Comp 451, 20H, OLD:74mm
  • ホイール後:Dahon Comp 451, 28H, OLD:130mm
  • タイヤ:Kenda Kwest, 20×1-1/8, F/V
  • クランク:Dahon Supra, 53T, CNC chainguard
  • フロントD:オプション
  • リアD:Shimano Altus, RD-310
  • シフター:Shimano SL-M310
  • スプロケ:Shimano CS-HG41-8, 11-32T

 

DAHON Speed Falcoの歴史

DAHON Speed P8と呼ばれるモデルが原型。451ホイールを採用してからDAHON Speed Falcoと名乗るようになった。

2014年モデル

初登場。ただし、このモデルは406ホイール時代のDAHON Speed P8のフレームをそのまま利用していた。

 

2015年モデル

フレームが再設計されている。

 

2016年モデル

79,000円→86,000円と値上げ。

また、この年は89,000円の限定モデルがあった。グリップやハンドルポストが違っていた。

 

2017年モデル

82,000円に値下げ。色変更。

 

2018年モデル

シートポストが軽量化。

 

2019年モデル

特に変更なし。色変更だけ。

さすが、安定モデル。

 

2020年モデル

フレームにワイヤーが1本追加されて剛性アップ(らしい)。

 

2021年モデル

色変更のみ。。。と思わせて、2021年4月から値上げ(98,780円)

 

2022年モデル

2021年モデルを継続ぽい。もしかしたらパーツのいくつかがシマノじゃなくなるかも?

↑マットガンメタル(楽天リンク) 

 

↑ピーナッツゴールド(楽天リンク) 

 

↑ネオンホワイト(楽天リンク) 

 

↑マットブラック(楽天リンク) 

 

こうしてみると、ほとんど変更されていない安定モデルである。

 

DAHON Speed Falcoの折りたたみ方

DAHON Speed Falcoの折りたたみ方法はDAHON標準の折りたたみ方法である。

I tested dahon Speed Falco 10

↑シートポストを下げる

 

I tested dahon Speed Falco 11

↑ハンドルポストロック解除

 

I tested dahon Speed Falco 12

↑ハンドルポストを折る

 

I tested dahon Speed Falco 13

↑折った状態

 

I tested dahon Speed Falco 14

↑フレームのロック解除

 

I tested dahon Speed Falco 15

↑レバーを引く

 

I tested dahon Speed Falco 16

↑フレームを折る

 

I tested dahon Speed Falco 17

↑折りたたみ完成

 

I tested dahon Speed Falco 18 2

↑折りたたみサイズはW82 × H66 × D36 cm、451ホイールは幅82cmとちょっと大きめ

 

 

DAHON Speed Falcoの走行性能

I tested dahon Speed Falco 19

「まあ、そうだよね♪」と楽しさを噛み殺しながら走ってしまう。

451サイズのホイール、そしてクロモリフレームによる安定感と乗り心地の良さ。

 

自転車に乗るのは楽しいなぁ♪

 

と感じさせてくれる走りである。ちょっと買い物にでかけたら、気分が良くなってきてそのままサイクリングに行きたくなってしまう乗り心地である。

それだけにタイヤを変更したくなる。

もう少し細くてグレードの高いタイヤに変更して試してみたい。

そうすれば、もっとスピードが出るはず。

しかし、乗り心地は損なわれるはず。

そのバランスがどのくらい変わるのか知りたい。

 

DAHON Speed Falcoのライバルは?

100,000円くらいで折りたたみ自転車となるとライバル車がいくつかある。

しかし、クロモリフレームで451ホイールサイズが欲しいとなると他の選択肢が思いつかない。

Tern Verge N8

タイヤグレードについてはSchwalbe Kojakを標準装備しているTern Verge N8が上回っている。フレームはアルミで、ホイールサイズは20インチ406とDAHON Speed Falcoと比べて小さめ。

【試乗レビュー】迷ったらTern Verge N8を購入するべし
日本向きに開発されたといわれるTern Verge N8。Ternの大ヒットモデルだ。しっかりとした走行性能を発揮していると思われる一方で、カスタマイズをすることで、とんでもない性能を引き出すこともできる。実は、この定番とも呼ばれるT...

 

DAHON Horize

同じDAHONでも雰囲気が異なるモデル。DAHON Horizeはディスクブレーキ搭載。太いタイヤをはいているので、406ホイールでありながら、実質は451ホイールと変わらない。ぜひ乗り比べて違いを知っておきたい。

【試乗レビュー】DAHON Horize Discは驚きの安定性だった!
折りたたみ自転車の代名詞ともいえるDAHON。数多くのモデルがあるけれど、その中で異色のモデルがDAHON Horize Disc。異色すぎて、今まで敬遠していたのが正直なところ。しかし、ものは試しと今回試乗してみて思ったのは ...

 

DAHON Boardwalk D7

同じクロモリフレームということでライバル候補として挙げておく。

どこが違うの?というのはこちらの記事を参考にして欲しい。

DAHON Boardwalk D7とDAHON Speed Falcoはどう違うのよ?購入前に必ず読んでほしい7つの違い
DAHONのクロモリ製自転車といえば、DAHON Boardwalk D7とDAHON Speed Falcoの2種類。2つは一体どう違うの?どっちがお薦めなのか?両者の違いをまとめてみた。 DAHON Boardwalk D7とDA...

 

RENAULT PLATINUM MACH8

20インチ(451)、100,000円以下と似ている。どこが違うの?というのは別記事を参照してほしい。

【比較】10万円以下で買えるDAHON Speed FalcoとRENAULT PLATINUM MACH8
折りたたみ自転車でもある程度の距離を走りたい。そう考えると、ホイールサイズは20インチ451ホイールを選ぶとスピード持続がしやすいかと思われる。タイヤ径が大きければ、それだけスピード持続が容易。ホイールが大きいので、折りたたみサイズは犠...

 

まとめ

I tested dahon Speed Falco 2

クロモリフレームで451ホイールを使いたいなら、オススメ!

 

最後に

今回も橋輪さんに協力をいただきました。いつもありがとうございます。

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。標準タイヤのグレードをあげて欲しい。

 

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました