印旛沼サイクリングロードの魅力を3,000字で語ってみた!【千葉県】

千葉県北部に位置する印旛沼。成田空港の近く。その周囲は平坦好きなサイクリストにとっては絶好のサイクリングロードであるといえる。都会からすぐなのに、驚くべき開放感と秘境感がある印旛沼サイクリングロード。その魅力をガッツリと伝える!

印旛沼サイクリングロードの魅力を4つに分けて今回は紹介したい。もちろんコースガイド込み!

 

スポンサーリンク

印旛沼サイクリングロードの魅力、その1:平坦コース

Inbanuma cr 5

沼の周囲なので坂がほとんどない。唯一の坂と言えば、たまにある橋の前後で一瞬で終わってしまう。坂嫌いな人にとって、パラダイス。坂大好きな人は残念。

 

Inbanuma cr 25

↑橋からパシャリ

 

Inbanuma cr 27

↑たまに一般道と交差する

 

私は坂はあまり好きではないので、印旛沼サイクリングロードは快適なサイクリングロードである。

このサイクリングロードは新川サイクリングロードからちょっと利根川サイクリングロードの間にある。その2つのサイクリングロードを連結すると言っても過言ではないだろう。とにかく平坦。

 

Inbanuma cr

↑印旛沼サイクリングロードの起点

 

↑Google Mapsではこのあたり

 

平坦を行くサイクリングロードはたくさんある。千葉県周辺に限っても、江戸川サイクリングロード、利根川サイクリングロードなど。しかし、そういった川沿いのサイクリングロードは景色が全く変わらず、飽きてしまうことがある。

 

Inbanuma cr 22

↑サイクリングロード拡張整備中ぽい

 

印旛沼サイクリングロードは道がクネクネとしている。だから、あまり飽きることなく進むことができるのが魅力である。

ところどころ、飽きさせないモニュメントというか休息所もあるのがよい。

たとえば

 

佐倉ふるさと広場(スタートから5kmくらい)

Inbanuma cr 31

↑オランダ風車で有名な『佐倉ふるさと広場』

 

Inbanuma cr 33

↑お土産コーナーだけでなく、レンタサイクルもある

 

Inbanuma cr 16

↑休息所あり

 

Inbanuma cr 17

↑ソフトクリームもあるよ♪

 

Inbanuma cr 20

↑船着場

 

Inbanuma cr 23

↑なんとなくいい感じ。

 

 

 

Inbanuma cr 24

↑このあたりで金メダリストもトレーニングをしたらしい

 

スポンサーリンク

印旛沼サイクリングロードの魅力、その2:素敵な景色が広がる

Inbanuma cr 69

東京から50 km 圏内にあるとは思えないくらい緑溢れるサイクリングロードである。

沼を見渡すことができる。ナウマンゾウ公園=双子公園。休息所として最高だ。

ここでナウマンゾウに反応した人は考古学が好きな人。この印旛沼サイクリングロードは、高度経済成長のとき、都市開発でナウマンゾウの全体骨格が見つかった場所らしい。

Inbanuma cr 43

↑双子公園にて、ナウマン象がデーンと!

 

Inbanuma cr 44

↑高台に登って

 

 ↑Google Mapsだとこのあたり

 

Inbanuma cr 64

↑サイクリングロードを進むと、ひっそりとその記念碑が建っている(14.5km地点)

 

そして、記念碑の後ろを振り返ると、川沿いに素敵な景色が広がっている。

千葉県の橋ベスト3と言っていい景観。写真を撮っていると、魚が飛び跳ねる音が聞こえてきたり、カエルの鳴き声が聞こえてくる。実にのどかな場所。都会の喧騒を忘れることができるのは間違いない。

Inbanuma cr 54

↑都会から50kmにあるとは思えない

 

Inbanuma cr 56

↑この虫を思わず凝視してしまう(Google Pixel3aすげえな

 

Inbanuma cr 62

↑ボチャンと音がしたところを慌てて撮影した

 

印旛沼サイクリングロードの魅力、その3:うなぎが美味しい

みなさん、ウナギ好きですか?わたしは「大好き♪」

印旛沼はウナギの産地でもあるのだ。沼の周囲には鰻屋さんがたくさんある。近くにある成田山では鰻屋が有名だが、だいたいがこの印旛沼界隈にあるお店の支店である。

つまり、ここに来れば、割安で美味しいウナギを食べることができるのだ。

もう、ウナギが好きというだけで、印旛沼サイクリングロードに来る価値あり。軒を連ねる鰻屋に入ってみれば、美味しいウナギを食べる事が可能。

近年ウナギは高級食となってしまった。しかし、印旛沼周囲では、まだまだ3000円以内の予算で食べることができる。

ウナギを目標にサイクリングをしよう!

実を言うと、この日は目標にしていた鰻屋さんは定休日だった。ちゃんと調べなかった自分が悪い。プランBで考えていたお店も閉まっていたので、とりあえず空いているお店に飛び込んだ。ちょっと怖い雰囲気のお店だったけれど、味は間違いなしだった。(ただし、天然ウナギではない!とはっきりお店に記載があった。)

Inbanuma cr 72

↑鰻重2500円+税

 

Inbanuma cr 73

↑美味。

 

印旛沼サイクリングロードの魅力、その4:他のサイクリングロードへとアクセスがしやすい

印旛沼サイクリングロードの位置を再確認しよう。

 

↑印旛沼

 

少し北上すれば、利根川サイクリングロードに出ることが可能。

南下すれば、新川サイクリングロードから花見川サイクリングロード、そして東京湾へと進むこともできる。

千葉県の北総地帯を縦断することが可能である。しかも、ほぼずっとサイクリングロード。そして平坦。

千葉県北西部は車の往来が激しくサイクリストにとっては住みにくい街であると言える。しかし、印旛沼サイクリングロード周辺を走ることで、車通りから外れてサイクリングを楽しむことができるのだ!

Inbanuma cr 77

↑ちょっと外れても車ほとんど来ないのでサイクリングロードみたい

 

Inbanuma cr 59

↑緑が気持ちいい

 

印旛沼サイクリングロードの注意点、その1:トラブル回避

とかく便利なサイクリングロードであると思うが、注意点もある。それは街中からやや離れていることである。もしサイクリング中に何かトラブルが発生したら、自転車を畳んで、輪行で帰るということがしづらい。

サイクリングロード周辺には繁華街もなければ、最寄り駅もない。途中で離脱することが難しいサイクリングロードであると思われる。

だから、必ずこのサイクリングロードに行くときは経験者と一緒に行くか、パンク修理などはできるようにしていきたい。もっとも、これはどのサイクリングロードでも同じだけれど。

 

印旛沼サイクリングロードの注意点、その2:スタート地点

先に挙げた通り、離脱しづらいということは、スタート地点やゴール地点を選びにくいということでもある。一応のスタート候補を挙げておく。

道の駅やちよ

R0031326

国道16号と新川サイクリングロードに隣接している。休日は混むが車で来るなら、あり。

 

京成佐倉駅

特急も停車する駅で、上野から乗り換えなし。

 

JR安食駅(あじき)

利根川沿いから、南下するならありか。ただし、成田線は本数が少ないので、要注意。

 

北総線、印旛日本医大駅

サイクリングロードから近い。東京日本橋から1本。しかし、電車賃が高いんだよね。

 

まとめ

印旛沼サイクリングロードは

  • 平坦最高
  • 自然たっぷり
  • ウナギおいしい♪
  • 離脱しづらい
  • スタート/ゴールを決めづらい?

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。もしサイクリングロードで夜になる可能性があるなら、ライトx2が欲しい。

 

https://twitter.com/dahondego

 

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

  1. 加藤哲郎 より:

    こんにちは。千葉の友人の勧めで、神奈川から輪行してポタしたことがあります。記事を拝見して、コロナ禍が一段落したらまた行きたくなりました。佐倉ふるさと広場の風車の中には、珍しいオランダの自転車も展示されていますね。ここでオランダのebike、VanMoofの実車を初めて見ました。

    • Kay より:

      加藤哲郎さん
      コメントありがとうございます!自分で記事を書いたら、さらに行きたくなってしまいました。私がみた自転車もオランダスペシャルだったのでしょうか。これはぜひとも再調査にいかないと!情報ありがとうございます

タイトルとURLをコピーしました