DAHON Boardwalk D7は成長期の子供にピッタリな自転車か!?

DAHON Boardwalk D7は子供(小学校高学年以上)にぴったりな自転車ではないだろうか?という話。

総務省の統計によると、小学校高学年では150cm近くとのこと。ジュニア用は140cmくらいを対象にしていることが多いので、成長期だとすぐにサイズが合わなくなってしまう。それに、ジュニア=子供向けのデザインは遠慮したくなる年頃w

そろそろ、大人用の自転車でもいいかも?でも、大人用はちょっと大きい?

この微妙な年齢には、DAHON Boardwalk D7がベストかもしれない!というのが今回のお話。

 

スポンサーリンク

DAHON Boardwalk D7とは?

R0031513 2

折りたたみ自転車ブランドのDAHONが送り出す定番エントリーモデル。主な特徴は

  • クロモリフレーム
  • 20インチホイール
  • 7段変速。
【試乗レポート】DAHON Boardwalk D7をはじめての折りたたみ自転車として全力でオススメする
【試乗レポート】DAHON Boardwalk D7をはじめての折りたたみ自転車として全力でオススメする
折りたたみ自転車といえば、DAHON。DAHONといえば、...続きを読む

この自転車が子供向けによいかも!?なお、子供といっても幼稚園から高校生までさまざま。ここでは身長150cm近くを想定している。小学校5年生〜中学2年生くらいで成長期なのでグングンと身長が伸びていく時期だ!

 

購入選択肢にあげた他の自転車

比較対象として考えた自転車をあげておく。惜しくも選択肢から外れた自転車。

DAHON Route

DAHON Boardwalk D7よりも10,000円くらい安くて、泥除けなどがすでに付いている。なんとなく、購買意欲が湧かなかった。悪い選択肢ではないと思うけれど、DAHON Routeは好みじゃなかったw

同じ理由でTern LINK A7やTern LINK C8なども候補から外れた(^_^;)

 

ESR Pursuer

60,000円くらいという値段を考えると性能がいいのはわかっているんだけれど、カラーセンスが合わなかった。おしい。

【試乗レポ】驚異の57,500円!折りたたみ自転車ESR PURSUER
【試乗レポ】驚異の57,500円!折りたたみ自転車ESR PURSUER
先日から注目を集めている折りたたみ自転車ESR PURSU...続きを読む

 

GIANT ESCAPE R3

フレームサイズを一番小さいのにすれば十分に利用ができる。言わずと知れた大ヒットモデル。それゆえに、大衆的なのが弱点か!?

 

Tern Crest

クロスバイクでも650cタイヤにすることでトップチューブが並行で格好いい。フロントシングルなのもごつくなくて○。折りたたみじゃないのが希望ならアリ!?

 

ブリヂストンアルベルト

通勤通学で有名&頑丈な自転車。19kgくらいあるんだよね……。

 

BROMPTON

高すぎる

「これは買うしかないでしょ!?」折りたたみ自転車の代名詞「BROMPTON(ブロンプトン)」で30km走ってみた感想
「これは買うしかないでしょ!?」折りたたみ自転車の代名詞「BROMPTON(ブロンプトン)」で30km走ってみた感想
BROMPTON……それは折りたたみ自転車の代名詞。今まで...続きを読む

 

Tyrell IVE

もってる

 

DAHON Boardwalk D7を選んだ理由

その1:細くて格好良いね!

R0031508 2

DAHON Boardwalk D7の細身なフレームはとても好感がもてる。材質がクロモリだからこそ細くできるのだ!同価格帯のエントリーモデルは大抵はアルミフレームである。フレームが太くなってしまう。

格好良くないと(子供に)言われてしまったら話は終了だが……。

 

その2:色選択肢が豊富

見た目と合わせて大事なのが色である。どの色が良いかはよく子供と相談して決めたいところ。

DAHON Boardwalk D7の場合は2019年モデルで5色展開で、きっとお気に入りの色が見つかるはず♪

 

その3:ハンドルポスト高さを調整できる

R0031511 2

DAHON Boardwalk D7の長所のひとつとしてハンドルポストの高さ調整ができることが挙げられる。身長に合わせやすい。

一般的には体系に合わせてフレームサイズを変える。よって、スポーツバイクは複数のサイズがある。しかし、成長期の子供だと身長が急激に変わることになる。そのため、サイズぴったりでスポーツバイクを購入してしまうと、すぐに合わなくなってしまう。

折りたたみ自転車はワンサイズ。DAHON Boardwalk D7もワンサイズだが、ハンドルポスト高さが簡単に変更できる。身長が伸びるのに合わせて、ハンドルを調整することができる。

なお、カタログでは142cm〜180cmまで対応とある。実際のところ、乗れると快適に乗れるは異なるだろう。しかし、調整幅が広いのは助かる。

 

その4:子供でも簡単な折りたたみ&軽さ

長期間、すくなくとも3年以上利用することを想定すれば、メンテナンスが必要になる。雨風にさらされるような環境では利用したくない。そのため室内保管を想定すると、簡単に家の内外に移動できることが重要なポイントとなる。

この利用を考えると、DAHONの折りたたみ方法はわかりやすい。

  • シートポストを下げる
  • ハンドルポストを折る
  • フレームを折る

この3ステップはとてもシンプル!

また、重量も12.3kgとなんとか持ち上げることができる重さ。

なお、折りたたみ自転車はどうしても強度が落ちてしまう。もし子供が乱暴にあつかうとすると非常に危険。

 

その5:子供が使わないなら自分が使える

高価な自転車購入。子供がもし使わない場合でも満面の笑みで自分が使うことができる。え?それを狙っているのかって?

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。DAHON Boardwalk D7が子供にぴったりという話でした。

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!