折りたたみ自転車購入ガイド

折りたたみ自転車を購入しよう♪で、どれがいいの?こういう質問は過去に何回も受けてきた。質問に対する答えは「このブログを隅々まで読んでね♪」だが、皆さんそんなにおヒマではございませんw

そこで、2019年版折りたたみ自転車購入ガイドをお届けすることに!

なぜ、折りたたみ自転車?

選ぶ基準は?

予算は?

どこで購入する?

などをまとめ!

 

スポンサーリンク

なぜ、折りたたみ自転車?

R0031665 2

折りたたみ自転車を購入しようと、この記事を読んでいただいているのは嬉しい限り。はっきりいうけれど、折りたたみ自転車の走行性能は同価格帯のロードバイクやクロスバイクよりも劣る!

「スピードが出る!乗り心地が良い!よく走る!」などのレビューを読むことがあるが、それはあくまでも『折りたたみ自転車にしては』というのが枕詞についているのだ!折りたたみ機能を搭載するので、どうしても重くなってしまい走行性能が落ちたり、フレーム剛性が低下してしまう。

そこで、あらためて自分に問いただしてほしい。

折りたたみ自転車を買って折りたたむのか?

折りたたんで、電車や車などで運ぶことが多いなら、折りたたみ自転車をお勧めする。けれど、そうじゃないなら、高価で壊れやすく重く乗り心地の悪い自転車を購入することになる。

自転車を折りたたんで都会の喧騒から抜け出したい!ということなら、ぜひ続きを読んでほしい。

 

折りたたみ自転車を選ぶ基準は?

R0031599

BROMPTONを最初に検討しよう。終了。折りたたむということを考慮すれば、一つの完成形態。

以前にも書いたけれど、折りたたみ自転車とは思えない安定感と走り心地。そして素晴らしいコンパクトさだ!

「これは買うしかないでしょ!?」折りたたみ自転車の代名詞「BROMPTON(ブロンプトン)」で30km走ってみた感想
「これは買うしかないでしょ!?」折りたたみ自転車の代名詞「BROMPTON(ブロンプトン)」で30km走ってみた感想

180,000円以上と値が張るが、満足度は十分あるだろう。景色を楽しみながらサイクリングをして、疲れたら折りたたんで電車にのせて帰宅という走り方にはピッタリだと思われる。

「どの色がいいかな?」と選ぶ楽しみもある。

驚愕のコンパクトサイズ!折りたたみ自転車「BROMPTON(ブロンプトン)」を購入するべきか真剣に悩む
驚愕のコンパクトサイズ!折りたたみ自転車「BROMPTON(ブロンプトン)」を購入するべきか真剣に悩む

一般的にBROMPTONはクロモリフレームなので、12kgくらいの車体重量となる。もし車体重量が難点なら、チタンモデルを買えば、重量という問題は多少改善される。

【試乗レポート】チタンモデルBROMPTON(ブロンプトン)S2L-Xは最強の折りたたみ自転車か!?
【試乗レポート】チタンモデルBROMPTON(ブロンプトン)S2L-Xは最強の折りたたみ自転車か!?

一番の難点は人と被りやすいことか?BROMPTON愛用者は多い。だから、小径車を中心としたサイクリングイベントなどに参加をすると、みんなBROMPTONということもある。人と同じが耐えられない自分のような人は他を検討しよう。

また、ギアは6速まで。紅葉を見るために房総半島の山登りはすこしきついかもしれない。スポーティーに乗るよりはゆっくりと市街地を走ることに向いていると思われる。

 

BROMPTONよりもスポーティーに走りたい!

R0031830

もし、ミニベロでも軽快な走りを楽しみたいと考えているなら、イチオシはTyrell。理由は格好いいから。一台一台丁寧に制作されている日本ブランドでお勧め!

【自転車人へインタビューvol1】Tyrellプロダクトマネージャー渋谷和久氏が語る製品へのこだわり
【自転車人へインタビューvol1】Tyrellプロダクトマネージャー渋谷和久氏が語る製品へのこだわり

Tyrellの折りたたみモデルは数種類あるけれど、最も人気のあるモデルはTyrell FX。折りたたみ自転車にしては抜群の走行性能をほこるTyrell FX。ドロップハンドルでフロントギアを搭載すれば、ヒルクライムを楽しむこともできるし、100km以上の長距離サイクリング をすることも可能だ。

折りたたみ自転車Tyrell FXの長期レビュー【走行距離は8年で20,000km近く】
折りたたみ自転車Tyrell FXの長期レビュー【走行距離は8年で20,000km近く】

Tyrell FXほどスピードは求めないけれど、BROMPTONよりはスピードを出したい。それならTyrell IVE。18インチでクロモリフレームなので、長距離を走ってもあまり疲れない。

R0034044

↑Tyrel IVE

【走行距離3,000km突破!】折りたたみ自転車Tyrell IVEのここがマル!
【走行距離3,000km突破!】折りたたみ自転車Tyrell IVEのここがマル!

 

どうしても予算が厳しい場合は?

BROMPTONもTyrellも150,000円以上はしてしまう。それだけの価値がある自転車だが、予算がどうしても厳しい場合はDAHON Boardwalk D7をオススメする。50,000円くらいで選べるはず。パーツグレードは低いけれど、割としっかりと走る。

【試乗レポート】DAHON Boardwalk D7をはじめての折りたたみ自転車として全力でオススメする
【試乗レポート】DAHON Boardwalk D7をはじめての折りたたみ自転車として全力でオススメする

しかし、50,000円と150,000円では大きな差がある。塗装の質とかフレームの品質とか。普段乗っているときには感じないかもしれないが、長い目で見たときに愛着が湧くかどうかの違いかな!?

R0031504 2

↑DAHON Boardwalk D7 2018年モデル

 

予算も厳しいけれど軽量なモデルがほしい

R0031497 2

予算が厳しい。でも、10kg以下の軽いモデルが欲しい。こういうわがままな要望をかなえる自転車もある。DAHON K3。重さわずかに7.8kgは驚きで、気軽に輪行することも可能だ!しかも3速とはいえ変速ギアが備わっているので、市街地ならばけっこう走れるだろう。ただし、14インチとホイール径は小さいので、バランスに慣れるのに苦労するかも。

【試乗レポート】噂の14インチ7.8kgで3速のDAHON K3
【試乗レポート】噂の14インチ7.8kgで3速のDAHON K3

 

どこで購入するのか?

実店舗で雰囲気がよいところ。できれば家からすぐ。

高価な買い物になるので、テキトーに購入したくない。実店舗を訪れて、お店の人とよく話をしてほしい。自転車は機械なので、必ずメンテナンスが必要になってくる。自分で全てのメンテナンスをすることができるわけではないので、お店頼りになってしまう。だから、自分と相性が合いそうなお店を見つけてほしい。

インターネット購入は上記の理由により、最初はオススメしづらい。

今日もブログにお越しいただきありがとうございます。せっかくの折りたたみ自転車。輪行袋を購入して持ち歩きたい。純正品じゃなくても汎用性のあるものがありますよ♪

折りたたみ自転車に乗るなら輪行バッグGIZA PRODUCTSしかないでしょ!?
折りたたみ自転車に乗るなら輪行バッグGIZA PRODUCTSしかないでしょ!?