DAHON Boardwalk D7がはじめての折りたたみ自転車にピッタリ!

何か新しいことをはじめよう!そう考えた結論がサイクリングなら、DAHONの折りたたみ自転車、とりわけDAHON Boardwalk D7がオススメですよ!という話。なぜ折りたたみ自転車なのか?他のブランドじゃなくてDAHONなのはなぜか?どのモデルがオススメなのか?

DAHONに10年くらい乗ってきた経験をもとに紹介!

Untitled 2

スポンサーリンク

なぜ折りたたみ自転車?

サイクリングをしたい!というとき、真っ先に思い浮かぶのはクロスバイクと呼ばれる自転車。確かにママチャリよりも軽快に走る。しかし、折りたたみ自転車という選択肢を一度検討してみてはどうだろうか?

折りたたみ自転車であれば、電車や車に積んで、自宅から離れたところからサイクリング をすることができる。

また、保管もしやすい。場所を取る自転車も折りたたむことで、玄関口に置いていても邪魔にならない。

折りたたみ自転車の魅力を6つにまとめ
折りたたみ自転車は素晴らしい。今まで「最寄駅まで行く」「コンビニまでひとっ走り」という用途でしか自転車を使ってこなかった...
スポンサーリンク

なぜDAHONがおすすめなのか?

BROMPTONどうですか?

私

いいね!

いくら?

私

200,000円くらいからあるよ♪

え?

折りたたみ自転車ブランドはいくつもあるけれど、その中でも大手といえば、BROMPTONとDAHON。BROMPTONがダメなわけじゃない。むしろ素晴らしい。

BROMPTON(ブロンプトン )は最高の折りたたみ自転車?その答えは......。
折りたたみ自転車といえばBROMPTON(ブロンプトン )。そう言っても過言ではないくらい普及している自転車。他のラ...

しかし、初めての折りたたみ自転車ということを考えると、BROMPTONは少し高いかもしれない。200,000円くらいするので、サイクリングを続けるかどうかわからないのに、「ほい!」と支払うことはけっこう厳しい。

だからといって、19,800円のホームセンターで販売されている自転車を購入するのはいかがなものか。安物買いの銭失いになってしまう。鉄製のフレームで15kgあったり(重すぎて運べない)、アルミ製でも整備が甘かったり、パーツグレードがママチャリと同じだったり、そもそもペダルを踏んでも重たく前に進むのもマッタリで、使っていて楽しくないよ。

まさに使い捨て自転車。

そこで、DAHONを推奨。DAHONなら50,000円くらいから200,000円くらいまでと予算に応じてさまざまな選択肢がある。予算や利用用途に応じて、選ぶことができる!

DAHONオススメモデルは?

DAHONオススメモデルは?

私

DAHON Boardwalk D7を全力でお勧めするよ。おわり。

なんで?

私

安くて、格好いいから!

格好いいは、主観でしょ。

R0031513 2

↑DAHON Boardwalk D7

幅広い価格帯のDAHONだが、オススメはエントリーモデルのDAHON Boardwalk D7。いろいろな色からお好みのものを選べるし、クロモリフレームで安定した走りである。カスタマイズの可能性も秘めていて、最初の折りたたみ自転車としては、間違いのないモデル

【試乗レポ】DAHON Boardwalk D7をはじめての折りたたみ自転車として全力でオススメする
折りたたみ自転車といえば、DAHON。DAHONといえば、DAHON Boardwalk D7。DAHON Boar...

DAHON Boardwalk D7のライバルは?購入時の注意点は?

他の選択肢を検討してから、DAHON Boardwalk D7を購入したいという人もいるだろう。セカンドオピニオンをいくつか提示しておきたい。

DAHON Route

どうしても予算に限りがある場合の選択肢。拡張性は落ちてしまうけれど、そのまま乗るには結構いい♪

DAHON RouteとDAHON Boardwalk D7どちらを買うと幸せになれるか?
初めての折りたたみ自転車購入。割としっかりと走るのを選ぼうとすると、次の2つのエントリーモデルDAHONが選択肢に浮上...

DAHON Speed falco

DAHON Boardwalk D7と同じクロモリフレームでワンランク上のモデルである。変速数やタイヤサイズの違いから、さらに安定味が増している!

DAHON Boardwalk D7とDAHON Speed falcoはどう違うのよ?購入前に必ず読んでほしい7つの違い
DAHON Boardwalk D7の魅力について書いたけど、DAHON Speed falcoにも試乗した。いった...

ESR PURSUER

DSC01528

DAHON Boardwalk D7と同価格帯なのに、8速でディスクブレーキと仕様は1ランク上である。まだ歴史の浅いモデルだけれど、しっかりと作られている印象。

【試乗レポ】驚異の57,500円!折りたたみ自転車ESR PURSUER
先日から注目を集めている折りたたみ自転車ESR PURSUER。自分自身も埼玉サイクルエキスポで観察してきたが、多くの...

Tern Verge N8

DSC01619

ちょっと値段が上がってしまうけれど、DAHONのライバル社であるTernの大ヒットモデル。高級タイヤを利用していることもあり、素晴らしい走行性能を発揮してくれる。後悔することは絶対にないモデルだろう。

【試乗レポ】迷ったらTern Verge N8を購入するべし
日本向きに開発されたといわれるTern Verge N8。Ternの大ヒットモデルだ。しっかりとした走行性能を発揮して...

DAHONとTernって似ているよね?違いは?

DAHONとTernって何が違うの?という疑問を10項目でまとめてみた
DAHON Speed Pro TT、DAHON Curve SL、DAHON Curve D7などの数多くのモデルを...

DAHON Boardwalk i5(DAHON購入時の注意点)

同じBoardwalkシリーズでもいくつかの種類がある。i5は内装五段ギア搭載。さらにDAHONを扱う代理店が違う。

DAHON Boardwalk D7とi5どちらを購入すると幸せになれるか?
DAHONといえば、DAHON Boardwalk。そう言い切ってしまっても良いくらいに安定モデルとなっている。2018...

代理店が違うってそもそも日本代理店はひとつじゃないの?

私

違う。2つある。アキボウという長年の代理店と、武田産業という2016年くらいからの代理店。武田産業はインターナショナルモデルと呼ばれているね。

商品は同じでしょ。

私

違うよ。それぞれのラインアップが違うし、販売店も違う。

他に違いは?

私

トラブルがあったとき対応するのは代理店だから、その対応が違う。

ユーザー迷惑?

そのとおり。ユーザーは同じDAHONだと思うよね。でも全然別だ。アキボウは長年代理店を行っているので販売店とも付き合いが長い。連携ができていると感じるし、トラブルに対してもノウハウがあると感じる。

さいごに

悩んでいるときは楽しいけれど、早く買ってサイクリングを楽しもう。予算に限りがあるなら、DAHON Boardwalk D7おすすめ♪

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。輪行バッグを用意して折りたたみ自転車でのサイクリングを楽しもう!

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました