自転車のライトならCATEYEを選ぶべし

DSC02486

自転車にライトをつけるのは当たり前(だよね!?)。ライトがない状態で、夜間走行をするのは目をつぶってサイクリングしているようなもの。また、車から発見されず非常に危険である。

最近は、自動点灯でライトがつくようになったりもしているので、無灯火サイクリングが減ってきたと感じている。

それでも、お互いの安全のためにもしっかりとしたライトを選びたい。自転車ライト選ぶときに気にするべきポイント、安心のライトを提供しているCATEYE(キャットアイ)のライトにはどのようなモデルがあるかを紹介。

* 記事内のリンクにamazon.co.jpへのリンクを含む

 

スポンサーリンク

明るさの基準はルーメン

ライトの明るさを測る単位にはいくつかあるが、最近はルーメンを利用していることが多い。ルーメンとはwikipediaによると

全ての方向に対して1カンデラの光度を持つ標準の点光源が1ステラジアンの立体角内に放出する光束

である。ここで注意したいのが、同じルーメン値であっても明るさが同じとは限らないということ。光の広がり具合によって明るさが変わってしまうし、真ん中と隅でも違ってしまう。

また、amazon.co.jpなどでライトを探しているとびっくりするくらい格安だが、ルーメン値の高いライトがある。数値が明るい=明るさをアピールと考えて間違いないが、誇大広告?と心配になってしまう。

以前、ある中華系無名ブランドの400ルーメンライトを購入したところ、CATEYEの400ルーメンと比べると明らかに暗かった。それにすぐ壊れてしまった。安かろう悪かろう。

スペック表だけでは測ることが難しい。ただし、同じブランドであれば、数値が高い=より明るいと考えて間違いなさそう。

 

こんなに明るいよ!という写真の嘘

オンラインショッピングサイトや店頭で売られているライトのパッケージをみると、「こんなにも明るいですよ!」というのをアピールしている写真が掲載されている。あれは誇大広告ではないのか?と疑いたくなるときがある。

写真は露出を変えることで、いくらでも明るく見せることができる。たとえば、次の写真。

DSC02172

DSC02172 1

実は、どちらも同じ写真なのだ。同じ写真で露出を変更したものである。このように写真だけで実際の明るさを判断するのは難しい。

 

個人的基準=CATEYEのルーメン値

ライトといえばCATEYE

ルーメン値が信用できない。写真も信用できない。それなら何を頼りにすればよいの?と思うかもしれない。そこで、大手ブランドで間違いないのがCATEYEだ。

どこのメーカーがよいの?と自分にぴったりのライト探しの旅をするw CATEYEから始まって、LEZYNEとかOwleyeとかknogとかいろいろなブランドがあって試したけれど、結局のところ、CATEYEが一番明るく長持ちしている。やっぱりCATEYEはライトばかりを開発している専門ブランドなのが良いのだろう。

CATEYEはその会社名にある通り、ライトを中心事業としている。猫の目のようにキラリとひかるライトをずっーーーと開発し続けている日本ブランド。やはり専門だけあって、買って失敗したことはない。

購入する時には高価と感じるが、何年も使えて安全走行がしやすくなると思えば安いもの。気がつけば3台ある自転車の全てでCATEYEを利用していた!

 

CATEYEのオススメライトは? 

以下は私個人の基準。CATEYEライトのスペック表に記載されているルーメン値と実感である。

100ルーメン =発見してもらえるが、自分が走っている目の前は見えなくて危険

200ルーメン=都会ならなんとか大丈夫だけれど、心もとない。

400ルーメン=最低でも欲しい明るさ。郊外でもなんとか

800ルーメン=これでok。河川敷でもなんとか

繰り返すけれど、あくまでも主観。

R0009480

東京湾一周の途中、千葉県房総半島を走った時はCATEYE VOLT800(つまり800ルーメン)を2つつけても暗くて怖かった。

【東京湾一周】極寒の冬にミニベロTyrell FXで200kmサイクリングをしました!【1泊2日】
【東京湾一周】極寒の冬にミニベロTyrell FXで200kmサイクリングをしました!【1泊2日】
冬、極寒。そんなときはサイクリングを控えるか、ちょっとその辺...続きを読む

 

安全には変えられない。CATEYE VOLT800を選んでおけば、夜に峠越えをしない限りは大丈夫だと思われる。

 

ライトを買いました。使用方法は? 

チカチカと点滅させているだけではダメですよ!

注意をしたいのは、チカチカと点滅モードのみで走行している人がいる。確かに点滅は目立つけれど、道路交通法では点灯が義務づけられているので、ぜひ法にしたがってほしい。

オススメするのは点灯&点滅。法に従っている。点滅で目立つ。と全てをカバーしていると思う。

 

上向きも控えた方がよい

ライトは本来、地面に向けて照らすことが想定されているようだ。まっすぐ取り付けると、下方向にライトが行くようになっている。車と同じ。ライトそのものを逆さにしてつけると、下向きではなくて上向きになってしまう。こうすると対向車に対して眩しいだけなので、迷惑となる。禁止行為ではないが、モラルとしてどうか?ライトをハンドルに取り付けるときは向きに注意するか、逆さにつけても大丈夫なモデルかを確認しよう。

Light angle 01

↑ライト角度を考えないと対向車にとって眩しすぎる

 

Light angle 02

↑ライトの照射角度を考えよう

 

なお、CATEYE VOLTシリーズは逆さにしても大丈夫♪ 

 

モバイルバッテリーと併用して前後2つずつ

オススメする方法はモバイルバッテリー併用で前後に2つずつ備えたい。2つあれば、上で紹介した点灯&点滅もできるし、どちらか一つがバッテリー切れでももう一つでしのげる。さらにモバイルバッテリーがあれば、出先でも充電可能。

私のような充電忘れをしてしまう人にはオススメ。

【安全第一】私が自転車フロントライトを2つ装着する3つの理由
【安全第一】私が自転車フロントライトを2つ装着する3つの理由
自転車フロントライトを2つつけよう!安全第一だから。...続きを読む

ライトは夜のサイクリングでの必需品。走行中に電池切れ!ということがないように対策をしておきたい。

 

おすすめフロントライト

CATEYE VOLT800

フロントライトのおすすめはCATEYE VOLT800。街中ではちょっと明るすぎるかなあと思えるライトだが、その余裕が大事。本当に明るすぎると感じるときは400ルーメンに落として節電することも可能。暗い時にはフルパワーの800ルーメンで照らせば、河川敷でもまあなんとかなるだろう。

10,000円くらいするけれど、安心&安全には変えられない。

【長期レポート】CATEYE VOLT800を1年以上使ってきて大満足という話
【長期レポート】CATEYE VOLT800を1年以上使ってきて大満足という話
  今回はCATEYE VOLT800の長期使用レポー...続きを読む

 

CATEYE VOLT800

 

CATEYE VOLT400

どうしても10,000円は厳しいという予算的な問題があるなら、VOLT400。ちょっとスペックが下がってしまうが、400ルーメンあれば、概ね大丈夫だろう。問題はミドルパワーで利用すると400→100ルーメンとスペックダウンしてしまうこと。200ルーメンを選ぶことはできない。

自転車ライトで400ルーメン?本当に明るいのかLezyneとcateyeで検証してみた
自転車ライトで400ルーメン?本当に明るいのかLezyneとcateyeで検証してみた
自転車ライトは大事なのはいうまでもない。いろいろなライトが市...続きを読む

 

CATEYE SYNC CORE

2019年に新発売されたライト。500ルーメンの明るさなので、なかなか良い。ポイントはbluetooth機能搭載で、iPhoneとリンクしたり、リアライトとリンクしたりが可能なところ。ボタンひとつで全部のライトをコントロールできるのは意外と便利だ!

ポチッと押すと全部点灯する自転車ライト!CATEYE SYNCで楽をしよう!
ポチッと押すと全部点灯する自転車ライト!CATEYE SYNCで楽をしよう!
今回紹介するライトはCATEYE SYNC。どういう自転車...続きを読む

 

おすすめリアライト

CATEYE RAPID X3

後方はこれで安心。右と左の照射方法を別々に設定することができるので、1つで2つ分。左右をフルパワーでつけると100ルーメンの明るさになる。ん?100?少ないと思うかもしれないが、後方は見つけてもらうための灯りなので、100ルーメンで十分すぎる。迷わずCATEYE RAPID X3を購入して安全を手に入れよう。

もしかして最強のリアライト?CATEYE RAPID X3絶賛レビュー!
もしかして最強のリアライト?CATEYE RAPID X3絶賛レビュー!
最近、Tyrell FX用にリアライトを新調した。2年近く利...続きを読む

 

CATEYE RAPID X3

 

CATEYE RAPID mini AUTO

このライトの魅力は軽量コンパクトな点。通常の後方ライトとして利用してもいいけれど、本領発揮するのはヘルメットに装着した場合。30gくらいのライトなので、ヘルメットにくくりつけても全く気にならない。

自動点灯は有効か?CATEYE RAPID micro AUTOをレビュー
自動点灯は有効か?CATEYE RAPID micro AUTOをレビュー
自転車の後方は赤で照らすのが基本であるが、その照らすライ...続きを読む

CATEYE RAPID mini AUTOは自動で点灯する

 

CATEYE SYNC KINETIC

先に紹介したフロントライトCATEYE SYNC COREと併用してこそのライト。bluetooth対応でフロントライトの電源スイッチと連動する。電源スイッチを押しづらいところに装着しても、問題なくON/OFFができる。もちろんライトしての明るさは眩しいくらい。CATEYE RAPID X3ほどではないが、CATEYE RAPID mini AUTOよりは明るい印象。

ポチッと押すと全部点灯する自転車ライト!CATEYE SYNCで楽をしよう!
ポチッと押すと全部点灯する自転車ライト!CATEYE SYNCで楽をしよう!
今回紹介するライトはCATEYE SYNC。どういう自転車...続きを読む

 

まとめ

ライトは安全を確保するためにも法的にも必要なもの。前後2つずつを装着しておきたい。フロントライトは800ルーメンのCATEYE VOLT800をオススメ。リアライトはCATEYE RAPID X3

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。bluetoothで連動するシリーズにCATEYE SYNC WEARABLEというモデルがある。興味津々。

CATEYE SYNC WEARABLE

↑安定のCATEYE VOLT800