【試乗レビュー】DAHON D-Zero、とってもキュートです!

Dahon d zero depth in review 1

DAHONといえば折りたたみ自転車。

しかし、折りたたんでも小さくはない、でもキュートな自転車が登場しました。

 

その名もDAHON D-Zero。

 

オシャレでキュートな自転車で、街中を走ってみたいと思わせる自転車の登場です。

試乗してみたので、そのレポートをお届け!

 

スポンサーリンク

DAHON D-Zeroはどんな自転車?

Dahon d zero depth in review 7

DAHON D-Zeroに試乗した感想を一言で言うと、

 

「近所のスーパーマーケットに買い物に行くのに楽しい自転車。」

 

可愛らしい見た目だけれど、走行性能はママチャリと比較しても劣ることはありません。

この自転車で100kmとかの長距離はムリ。

輪行するのは全く現実的ではありません。

そもそもフレーム折りたためません。

でも、たたむと省スペースです。

それが愛らしい見える自転車。

買い物でスーパーまで行く。

ちょっと近所まで。

コンビニまで。

駅まで。

 

そういった利用では、抜群の安定感と可愛らしさがある自転車です。

 

スポンサーリンク

DAHON D-Zeroの折りたたみについて

DAHON D-Zeroは、ある意味、新しいDAHONといえます。

折りたたみ方法はセミフォールディングと呼ばれるタイプ。

 

Dahon d zero depth in review 6

↑シートポストを下げる

 

Dahon d zero depth in review 5

↑ハンドルポストを折る

 

フレームは折りたたむことができません。

だから、折りたたみ自転車として考えると、コンパクトになるとは言い難いです。

電車輪行ということも現実的ではありません。

 

Dahon d zero depth in review 8

↑フレームは折りたためない

 

しかし、ハンドルやシートポストをたたむことで、省スペースになるモデルと考えてみましょう。

駐輪場に停めやすかったり、マンションの廊下などに停めておくとき、とても便利そうだと思いました。

パッと取り出して、近所のスーパーマーケットまで行くのに使うという方法であれば、機動力を発揮できそうです。

 

DAHON D-Zeroの乗り心地

Dahon d zero depth in review 3

16インチだけど、しっかりとした安定味。

ハンドルがふらつくこともほとんどありません。

手を離しても走れるくらいです。

7速のギアがあるので、多少の起伏には十分耐えられます。

スーパーマーケットまで買い物に行くのが楽しくなってしまう自転車でした。

ただし、今回、試乗したのはタイヤがSchwalbe Big Appleに変更されているタイプ。

お店の話では

 

「タイヤが違うと別の自転車みたいになるよ♪」

 

とのこと。

Schwalbe Big Appleは太いのが特徴的です。

タイヤ内に十分な空気を入れることができて、クッション性を高めることができるだけでなく、タイヤ径も大きくなります。

結果的に、安定していて、快適な走行をすることができました。

 

ただし、標準タイヤでは走りが違うかもしれません。

標準タイヤで試乗すると、違った印象になりそうです。

 

DAHON D-Zeroでスピードを出して長距離を走ると言うことは考えづらいです。

であるならば、

 

Schwalbe Big Appleを標準タイヤにしてしまうのもよいのでは?

 

と思いました。

 

DAHON D-Zeroのスペック

Dahon d zero depth in review 2

スペック表を確認してみよう。

  • 重量:11.3kg
  • ホイールサイズ:16インチ
  • ギア数:7速
  • 折りたたみサイズ:W136 × H63 × D19
  • フレーム:クロモリ製
  • フォーク:Dahon steel fork(鉄製)
  • ハンドルポスト:上下伸縮可能、右折れ、12度
  • シートポスト:アルミ製33.9x580mm
  • ブレーキ:Promax DHV-107L
  • ブレーキレバー:Promax DHL-42G
  • フロントホイール:Dahon 16inch, 24H, OLD:74mm
  • リアホイール:Dahon 16inch, 28H, OLD:130mm
  • タイヤ:Kenda K-841 16×1.75 E/V
  • クランク:Alloy Crank, 52T w/ alloy chainring guard
  • リアディレーラー:Shimano Tourney, RD-FT35
  • シフター:Shimano Tourney, SL-TX50
  • カセット:Shimano CS-HG200-7, 12-28T
  • ペダル:折りたたみ式
  • キックスタンド:なし

 

DAHON D-Zeroのカラー選択

街中で可愛らしく走るなら、色にはこだわりたい。

キュート♪と思える色で走りたいですよね。

選択できる色は2種類!

 

↑クローム(楽天へリンク

 

↑レッド(楽天へリンク

 

DAHON D-Zeroをカスタマイズするなら?

タイヤ交換

今回の試乗車にも採用されていたSchwalbe Big Appleはぜひとも。

太いタイヤで、乗り心地の改善をしたいです。

ただし、Schwalbe Big Apple の16インチ用は在庫が少ないです。

どうしても入手できないときは、Schwalbe Marathonシリーズを選びたい。

↑Schwalbe Marathon(amazon.co.jpへリンク

 

キックスタンド

標準ではキックスタンドが搭載されていません。

コンビニやスーパーマーケットへの買い物利用ということであれば、キックスタンドは必須だと思います。

必ず搭載したいところです。

 

↑DAHON純正キックスタンド伸縮タイプ(amazon.co.jpへリンク

 

最後に

今回も橋輪さんに協力をいただきました。いつもありがとうございます。

 

DAHON D-Zero、可愛らしいデザイン。街中を走りたい。

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。折りたたみ自転車ではないけれど、おしゃれならいいかも!?

 

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました