【試乗レポ】Harry Quinnの電動アシスト式折りたたみ自転車、ブロンプトン?いいえ違います!

R0033680

先日、東京都の谷中あたりを走っていると、前からBROMPTON(ブロンプトン)がやってきた……と思った。

しかし、どこか違う。それは、サイクルモードなどで紹介されていたHarry Quinnの折りたたみ自転車だった。しかも、それは電動アシスト式。

そういえば、BROMPTON(ブロンプトン)と何が違うんだっけ?と思ってちょっと調べたことをまとめ!

 

スポンサーリンク

Harry Quinnとは?

R0033617

Harry Quinnとはジック株式会社が展開する格安な折りたたみ自転車ブランドである。

BROMPTON(ブロンプトン)とよく似た折りたたみ方法を採用しているのが特徴。

公式サイトはこちら

同社は他にもRenaultブランドの自転車なども取り扱っている。軽量車体を扱って一躍有名になった。

404 NOT FOUND | 自転車でGo.com
自転車があるライフスタイルをすすめるブログ

 

スポンサーリンク

Harry QuinnとBROMPTON(ブロンプトン)の違い

値段

なんといっても値段があまりにも違うのだ!

  • Harry Quinn =39,800円から
  • BROMPTON(ブロンプトン) =210,000円から

圧倒的に違う!

 

電動アシスト式があるかどうか

Harry Quinnには電動アシスト式のモデルがあるのだ!フレームのなかにバッテリーを内蔵するというよく考えられた仕様である。

 

R0033621

↑内蔵バッテリー

 

R0033684

↑フレーム内にいれるのはいいね!

 

 

R0033614

↑フロントにモーターがあるのもBROMPTON(ブロンプトン)と同じ。

 

 

電動アシスト式モデルであっても値段は135,000円+税とかなりお得な価格である。

なお、BROMPTON(ブロンプトン)は2020年2月現在では日本未発売である。

電動アシスト式BROMPTON (ブロンプトン)が発表されました!日本対応が待ち遠しい
BROMPTONに憧れる。定期的に「購入したい!」という強い思いが湧き上がってくるのだが、今回も興奮するニュースがイギリ...

 

フレーム材質について

  • BROMPTON(ブロンプトン)=クロモリ or チタン
  • Harry Quinn =アルミ

また、生産国も

  • BROMPTON(ブロンプトン) =イギリス
  • Harry Quinn =中国

と違いがある。

R0033619

↑フレームの溶接跡が残っているHarry Quinn

 

R0033686

↑ハンドルポストはDAHONぽい?

 

折りたたみ方法について

両者は似ているようで、実は大きく異なる折りたたみ方法である。Harry Quinnの折りたたみ方法は次の動画の通りである。

 

ぱっと見た瞬間に気づいたあなたは、かなりの小径車ファンである。

Harry Quinnの折りたたみ方法だと、チェーンが外側に出てしまっている。輪行する時にぶつけてしまわないだろうか?

どうせパクるなら、チェーンが内側にくるところもマネすればいいのにね。

 

R0033679

↑BROMPTON(ブロンプトン)と違い、チェーンが外側にある

 

折りたたみサイズ

  • Harry Quinn W740xH870xD410mm
  • BROMPTON(ブロンプトン)W585xH580xD300mm

見ての通り、両者には大きな違いがある。なお、ホイールサイズはどちらも16インチ。

 

車体重量

アルミフレームだからHarry Quinnの方が軽いかと思いきや、そうでもない様子。

  • Harry Quinn =12kgくらい
  • BROMPTON(ブロンプトン)=12kgくらい

とほとんど同じである。なお、電動アシストタイプは14.6kgくらいとのこと。

 

乗り心地

肝心の乗り心地であるが、端的に言えば、

  • Harry Quinn =あんまり進まない
  • BROMPTON(ブロンプトン) =小径車とは思えない安定ぶり

Harry Quinnは電動アシスト機能があるが、どうも乗車姿勢が私には合わなかった。車体バランスとかいろいろなところが微調整されていないのか、とにかく私には合わなかった。

なりなり日記さんによると、別のジック社の電動アシストモデルは走行しながらアシストのON/OFFができないそうだ。このHarry Quinnでは未確認。

BROMPTON(ブロンプトン)は16インチ折りたたみ自転車とは思えない安定身である。

【試乗レポ】折りたたみ自転車の代名詞「BROMPTON(ブロンプトン)」で30km走ってみた感想「これは買うしかないでしょ!?」
BROMPTON……それは折りたたみ自転車の代名詞。今まであえて避けていた。 「最高で6速とかwww どうせスピー...

 

さいごに

BROMPTON(ブロンプトン)の電動アシスト式が日本に輸入されるのが待てない人にオススメかな!?

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。タイヤを変更すれば違うかも!?

 

https://twitter.com/dahondego

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました