BROMPTON(ブロンプトン)は本当に最強の街乗りなのか

定期的に所有欲を掻き立てられる折りたたみ自転車=BROMPTON(ブロンプトン )。先日も欲しい欲しい病に誘われたばかりである。

誰もがその良さを認めているといっても過言ではない。街中で乗り回すのに最高だ!という意見も多い。

「最強の街乗り自転車=BROMPTON(ブロンプトン )」という方程式にイチャンモンをつけるのが今回のテーマw

 

スポンサーリンク

BROMPTON(ブロンプトン )のスペックをおさらい

R0031588

BROMPTON(ブロンプトン )のスペックをまずはおさらいしてみよう。

ハンドル形状

2020年モデルでは、曲がっている通常のMタイプと、フラットハンドルでスポーティーな乗車姿勢になるSタイプがある。

変速数

2,3,6の3種類。なお、3,6は内装ハブ搭載なので重量増。

キャリア

キャリアを取り付けるかどうか。キャリアありのRタイプと、なしのLタイプがある。

モデル名の読み方

ハンドル形状、変速数、キャリアを組み合わせることで、モデル種類を言い表すことができる。たとえば

S2L=フラットハンドル、2速、キャリアなし

M6R=通常ハンドル、6速、キャリアあり

という感じ。

他にもいくつかの種類がある。詳細はこちらを参照してほしい。

BROMPTON(ブロンプトン)の型番が理解できるとスペックがわかるよ♪
折りたたみ自転車といえば、BROMPTON(ブロンプトン)。私はBROMPTON欲しい!↓試乗してみた!↓め...

特にこだわりがなければ、M6Lを推められることが多いので、それを基準に話を進める。

 

スポンサーリンク

BROMPTON(ブロンプトン )は街乗りに向かないかも?という理由、その1:重い

R0031562

一般的なM6Lを選択すると、11.8kgとなってしまう。ライトや輪行袋などを搭載すれば、13kg近い重量。平坦路を走っているときは全く気にならないが、実は、街中は坂道ばかりということが結構ある。13kg近いというのはかなり辛いのではないか?

先日、東京都文京区1周サイクリングをした。このときも感じたが、東京は坂道ばかり。利用したのはDAHON Curve D7で10kg。

 

 

13kgだと、辛そう。

 

BROMPTON(ブロンプトン )は街乗りに向かないかも?という理由、その2:軽いギアがない

R0031567

BROMPTON(ブロンプトン )のギアは6速。フロントのチェーンリングは50T、スプロケットは13-16Tである。また、内装変速の比率は75%-100%-133%と思われる。この場合のギア比は次の通り。タイヤ周長は1300mmで計算した。

リア歯数

ギア比

クランク1回転で進む距離

13T-H

5.12

6.65m

16T-H

4.16

5.40m

13T

3.85

5.00m

16T

3.13

4.06m

13T-L

2.88

3.75m

16T-L

2.34

3.05m

 

最も軽いギア比にしても2.34である。通常の坂であれば問題ないが、私のような貧脚では坂道が辛い。

比較対象として私のDAHON Curve D7を調べてみた。ギアは50T x 11-25Tである。ギア比にすると次の通り。タイヤ周長は1185mmで計算した。

リア歯数

ギア比

クランク1回転で進む距離

11T

4.55

5.39m

12T

4.17

4.94m

13T

3.85

4.56m

14T

3.57

4.23m

15T

3.33

3.95m

17T

2.94

3.49m

19T

2.63

3.12m

21T

2.38

2.82m

23T

2.17

2.58m

25T

2.00

2.37m

BROMPTON(ブロンプトン )で最も軽いギアだと2.34だった。DAHONでは2.38が近似値。DAHONには2.17と2.00という2枚軽いギアが残されている。実際に先日の東京都文京区1周サイクリングでも頻繁に利用するギアであった。よって、改めて言いたい。

 

軽いギアがないのは心許ない。

 

 

BROMPTON(ブロンプトン )は街乗りに向かないかも?という理由、その3:駐輪しづらい

意外にも、BROMPTON(ブロンプトン )は駐輪しづらい。キックスタンドが搭載されていないので、後輪を折りたたむ必要がある。

R0031547

↑後輪を折りたたむ。

 

この折りたたみは平らなところに停めるときは問題ない。しかし、道は意外にもボコボコとしている。よって、後輪を折りたたんで駐輪すると、実にバランスが悪いのである。

 

まとめ

街乗りで最強と言われるBROMPTON(ブロンプトン )だが、結構弱点がある。標準状態では

  • 重い
  • 軽いギアがない
  • キックスタンドがない

という問題がある。よって、

標準BROMPTON(ブロンプトン )では街乗り利用は厳しいと言わざるをえない。

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。BROMPTON(ブロンプトン )をダメ出ししているわけではありませんよ。ちょっと工夫すると、抜群によくなる。そんな自転車だと思います。

弱点を克服すれば、最強の街乗り自転車になるのではないか?それは次の話。

こうすればBROMPTONの弱点克服
BROMPTON(ブロンプトン )は折りたたみ自転車代表といっても過言ではない。しかし、最強の自転車か?と問われれば、...

 

https://twitter.com/dahondego

 

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました