冬の宿泊サイクリングで絶対必要な3つ

冬は寒い。よって「サイクリングは春までおやすみ」とボヤいている人もいますよね。

寒いからといってサイクリングしないのはもったいないです。

先日、1泊2日で250km以上のサイクリングをしてきました。

冬の宿泊サイクリングをするとき、絶対に持っていきたい3つをお伝えします。

↑富士山がくっきりと見えました♪

スポンサーリンク

宿泊すれば荷物は減らせる

「冬に宿泊サイクリングに行ったそうですね。」

「はい、冬は景色サイコーですからね!」

「寒くて死にそうですが…..。」

「北海道などの雪国は別だけど、服装さえ間違えなければ、冬場でもサイクリングできますよ。

「冬場というだけで荷物が多そうなイメージが…..。」

「いや、冬場でも夏場でもサイクリングの基本は軽量化です。今回の荷物は次の写真の通りです。」

↑荷物写真一覧

「え?これだけですか?」

「はい、これだけ。リストにすると次の通りです。」

  • スマートフォン
  • 財布(Abrasusの小さい財布を愛用中
  • パンク修理キット(タイヤレバー、予備チューブ、パッチ)
  • 工具(アーレンキーセット)
  • 軍手
  • 輪行袋(軽量なPocket inを試用中)
  • 髭剃り
  • Kindle Oasis
  • モバイルバッテリー
  • USBケーブル
  • ACアダプタ
  • ワイヤレスイヤホン
  • 歯ブラシセット
  • お風呂セット(爪切り、耳かき、下着)
  • エコバッグ

リュックサックもなし、大型サドルバッグもなしです。日頃から利用しているツール缶とサドルバッグのみで、入らないものは背中のポケットに入れました。」

「着替えは?」

「宿泊先で浴衣が提供されるので、それで十分。」

「2日目も同じ服で臭くないですか?」

「宿泊先で洗濯機を利用しますので、大丈夫。」

「タオルは?」

「それもホテルにある。」

「Kindleはいらないのでは?」

「確かにスマホで代用可能です。また、歯ブラシもホテルにあるものを利用すればいらない。だから、もう少し荷物を減らそうと思えば減らせますね。

「お土産を購入したくなったら?」

「そのときのためにエコバッグ。」

スポンサーリンク

絶対に必要な装備

「荷物を極限まで減らそうとしているのはわかりました。逆に、絶対必要なものは?」

「3つありますね。」

1. 輪行袋

「輪行袋は絶対必要です。宿泊サイクリングなので、遠方にでかけています。」

「今回はどこまで行ったのですか?」

「東京湾1周を行いました。ついでに、千葉県南端の館山市まで足を伸ばしました。」

「自宅から50km以上?」

「いや、自宅から100km以上。遠方でトラブルがあったら自力で戻ることは困難です。いつでもDNF(リタイヤ)できるように輪行袋は必須かと。

↑お気に入りの軽量輪行袋

2. モバイルバッテリーとACアダプタ

「自転車用品ではないような?」

「そんなことはありません。スマホのバッテリーはサイクリング旅の生命線です。

「生命線とは大袈裟すぎ?」

「大袈裟ではありません。実際にスマホで利用している機能は

  • 写真撮影(カメラ)
  • 地図確認(Google Maps)
  • サイコンとしての走行記録(Ride with GPS)
  • 行程に必要なメモ(Google Keep)
  • 電子通貨(モバイルsuica)
  • 緊急連絡(LINE)

こういった機能が使えなくなってしまうと、路頭に迷います。」

「たしかに。」

「しっかりと走行中に給電できるようにモバイルバッテリー、そしてホテルで充電ができるACアダプタは必須です。さらに…..。」

「さらに?」

自転車ライトのバッテリーが切れてしまったとき、モバイルバッテリーがあれば、給電できます。

3. フロントライト2本

「3つめに取り上げたいのがフロントライトです。2本用意しましょう。

「2本ですか?なぜ2本?」

「理由は2つあります。1つは夜が長いこと。冬は夏よりも夕暮れが早いです。よってナイトライドの時間が長めになります。フルパワーで使える時間は短いですから、予備ライトは安全のために必須だと思います。」

「夜走らない計画をすればよいのでは?」

「そのとおりです。それが一番安全ですが、夕方にサイクリング終了予定であっても、時間がずれ込むことがあります。

「たしかに、予定は未定。2つめは?」

2つめは東京と比べて、地方は暗いということです。しっかりと明るさを確保したいです。」

「知らない夜道を進むのは危険ですもんね。」

「はい。点灯と点滅の両方があると安心が増します。」

「備えあれば憂なし」

「はい。実を言うと、今回は予想以上に疲労して、スピードが上げられませんでした。結果、夜間走行の時間が増えて、1本ライトのバッテリーが途中で切れてしまいました。」

「おお!それは危険。」

「しかし、2本目があったので、それを利用することで走行を継続することができましたよ。」

まとめ

↑千葉県竹岡にて、黄金のアジフライ定食

  • 宿泊サイクリングだからこそ荷物は軽量化
  • 輪行袋はDNF(リタイヤ)に備える
  • 生命線になっているスマホを助けるモバイルバッテリーとACアダプタ
  • 安全第一フロントライト2本

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。今回もホテルファミリーオ館山に宿泊しました。サイクリストのためのホテルです♪

部屋に自転車を持ち込める理想のホテル、ファミリーオ館山
千葉県館山市にあるホテルファミリーオ館山はサイクリストにおすすめのホテルです。部屋内に自分の自転車を持ち込めるというこれ以上ないくらいにサイクリスト天国なホテルです。食事も美味しく、接客も良しで、リピートするくらいに愛用しています!ぜひ!

ホテルファミリーオ館山について楽天で調べてみる。

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました