漫画『おりたたぶ』の影響たっぷり、DAHON D-Zeroを紹介するよ

DAHON 2021年モデルはいろいろと新型が登場している。

今回紹介するDAHON D Zeroもそういった新型の一つ。

 

↑DAHON D-Zero

 

DAHON D Zeroの特徴は

  • DAHON III風で『おりたたぶ』の影響たっぷり
  • セミフォールディングで新ジャンル
  • クロモリフレームで見た目は昔、でも性能は現代?

それぞれ、順番に紹介するよ♪

 

スポンサーリンク

DAHON III風で『おりたたぶ』の影響たっぷり

Introducing dahon d zero 1

『おりたたぶ』は自転車漫画。

主人公が初めての折りたたみ自転車にDAHON IIIを選び、ユルいサイクリングの楽しさを伝える。

 

Introducing dahon d zero 1 2

↑DAHON IIIは赤い自転車

 

主人公は、A-bikeで輪行する人(奈緒)を目撃して、彼女に先導されるがままにDAHON IIIを譲り受けて、おりたたい自転車デビュー。

玉川上水に沿って30kmくらい走ったりする。

実は、作者さんがガッツリと下調べをしていて、折りたたみ自転車大好きなのが漫画の隅々から垣間見える。

折りたたみ自転車が好きじゃないと書けない漫画。

Kindle版もあるよ♪

この漫画を読んで、「折りたたみ自転車を始めよう!主人公と同じモデルを購入しよう!」と考えてもムリ。

だって、30年以上前の自転車。そもそも入手困難だし、入手できてもメンテナンスには高度の知識と技術が必要である。

 

そこで、DAHON D-Zeroの登場。

見た目はDAHON IIIを踏襲しながら、要所要所で最新のパーツを利用している。

16インチDAHONといえば、長らくDAHON Curve D7が定番であったが、2021年からはDAHON D-Zeroがその地位を担うことになりそうだ。

 

おりたたぶ』を読んで、折りたたみ自転車に関心を持った人はDAHON D-Zeroピッタリかも!

 

↑おりたたぶ1巻(amazon.co.jpリンク

 

↑おりたたぶ2巻(amazon.co.jpリンク

 

↑おりたたぶ3巻(最新)(amazon.co.jpリンク

 

スポンサーリンク

セミフォールディングで新ジャンル

DAHON D-Zeroをみると、折りたたみ自転車だけど、コンパクトにはならない。

 

Introducing dahon d zero 3

↑DAHON D-Zeroの折りたたんだイメージ

 

Introducing dahon d zero 2

↑一般的なDAHONの折りたたみ自転車のフレームを折らない感じ。

 

輪行して運ぶと考えると難しいけれど、省スペースで保管することを考えると、俄然とコンパクトさが印象付けられる。

真ん中で折りたたまないので、フレーム剛性もある程度は維持されているだろう。

少なくとも30年前のモデルよりはがっしりとした剛性感があるはず。

他の折りたたみとは違う自転車を探しているなら、購入を検討しても良さそう。

 

クロモリフレームで見た目は昔、でも性能は現代?

DAHON IIIを思い出させる自転車だが、性能は現代である。

確かに、クロモリフレームでロゴも昔ぽい。

しかし、ハンドルポストは最新版である。

7速ギアを搭載している。

どのくらいの走りができるか、楽しみな自転車である。

「昔ぽいデザインだけど、実は最新モデルだぜぃ!」と言いたい人はぜひ購入してみよう!

 

DAHON D-Zero 2021年モデル

2021年モデルは2色展開。

↑クローム(楽天リンク

 

↑レッド (楽天リンク

 

まとめ

DAHON D-Zeroは

  • DAHON III風で『おりたたぶ』の影響たっぷり
  • セミフォールディングで新ジャンル
  • クロモリフレームで見た目は昔、でも性能は現代?

ぜひ、試乗してみたい。

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。『おりたたぶ』作者が自転車愛を熱く語る記事を発見!→こちらのサイト(LINZINE)

 

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました