【まとめ】歴代のDAHON Muシリーズたぶん全部

R0030380

折りたたみ自転車といえば、DAHON。DAHONの中にもいくつかのシリーズがあるけれど、近年の定番DAHONといえば、Muシリーズ。

今回はMuシリーズについてまとめ。

 

スポンサーリンク

DAHON Muとは?

DSC01794

DAHON Muシリーズの特徴は?

いろいろあるけれど、基本は2つあるよ。

1つは?

アルミフレーム。

アルミだと硬いんだっけ?ずっと乗っていると腕が痛くなるやつ。

まあ、否定はできない。

2つ目は?

流線型デザイン

はて?

フレームがギューンと弓形に曲がっているんだよ。いつのまにかこの曲がり具合がDAHONぽさになった。

ところで基本的な質問なんだけど

なに?

なんて読むの?

正式はミューらしい。が、海外ではエムユーと読む人もいるぞ。

読み方が統一されないとかw

 

 

DAHON Muシリーズの折りたたみ

基本的には他のDAHONと同じ、3段階の折りたたみである。

DSC01803

↑シートポスト下げる

 

DSC01805

↑ハンドルを折る

 

DSC01814

↑フレームを折る

 

DSC01817

↑コンパクトにまとまる

 

歴代のDAHON Muシリーズ紹介

DAHOn Mu Elite

  • 451ホイール
  • 105コンポ
  • ドロップハンドルまたはブルホーンハンドル

という挑戦的な仕様。もともとは30周年記念モデルがベースにあって、記念モデルから内装ハブを取り除いたものが、Mu Eliteとして発売された。300,000円くらいという価格設定もあり、高嶺の花だった。

 

DAHON Mu D9

2019年現在、現役モデル。パーツグレードをやや下げて、タイヤを太めにすることで、安定した走行ができるようになっている。

【試乗レポ】DAHON Mu D9、定番モデルの復活

 

DAHON Mu LT11

日本国内ではインターナショナルモデルとして発売された。クランク、フォーク、ハンドルバー、シートポストなどにカーボンパーツを利用して軽量化をはかっていた高級モデル。8.9kg。LT=Limited=限定だと思われる。つまり、幻のモデル。

 

DAHON Mu P8 / P9

残念ながら今は廃盤となっている。一時期はスタンダードだった。パーツグレードはD9よりも高め。途中から9速仕様になったので、DAHON Mu P9となった。

 

DAHON Mu SL

SLXの前身となっていたモデル。コンセプトは軽いDAHONだけに、8.9kgと軽量。

 

DAHON Mu SLX

SLの後継機種で、細部を見直してさらに軽くなっている。公称8.6kgで、現在のフラッグシップモデルである。

フレームのリア3角が他と構造がちがっていてチェーンステイが特別に存在する。つまり、他のMuシリーズの特徴としてチェーンステイがない。剛性があるので、その分パイプが細い。よってフレームは他モデルよりも軽くなっている。このモデルをベースにすれば、20インチでも8kg以下に容易にできるかも!?

【試乗レポ】DAHON Mu SLXに乗ると他の折りたたみ自転車に乗れないかも

 

DAHON Mu SP9

451ホイールでキャリパーブレーキを採用している。D9よりもややスピード指向である。

折りたたみ自転車DAHON Mu SP9についに試乗できました!

 

DAHON Mu Uno

シングルスピードのDAHON Mu。コースターブレーキ採用。つまり、後輪ブレーキなしでペダル逆回転で止まる仕様。無駄な物を削ぎ落としている感じで、黒いフレームも相まって格好良い。

 

DAHON Mu XXV

DAHON25周年を記念して制作された特別モデル。Dura-Ace仕様の10速だった。展示品しかみたことがない。真っ白いフレームが印象的だった。あの当時ブログ用に写真を撮っておくべきだったw

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。DAHON Mu SLX格好いいよ♪

 

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!