【試乗レポ】Tyrell PK1史上最高の戦闘力を誇るミニベロをおすすめする3つの理由

IMG 6590

香川県に工場をかまえるアイヴエモーション社。そこで制作されるブランドTyrellはミニベロ、折りたたみ自転車を中心に格好いい自転車を世に送り出している。

ラインアップをざっと整理すると、折りたためるモデルと折りたためないモデルがある。2019年現在の折りたためないモデルは

  • Tyrell SRV(アルミフレーム)
  • Tyrell CX (クロモリフレーム)
  • Tyrell CXS(クロモリフレーム)
  • Tyrell CSI(アルミ&カーボンフレーム)
  • Tyrell PKZ(チタンフレーム)
  • Tyrell PK1(チタンフレーム)

となっている。

今回紹介するのは一番高級なTyrell PK1。期待に違わず、素晴らしい走りをする自転車だった。その試乗体験レポート。是非とも購入をお勧めしたいミニベロ!その理由を3つ述べる。

 

スポンサーリンク

Tyrell PK1オススメの理由、その1:チタンフレーム(スペック)

IMG 6580

スペック?451ミニベロでチタンフレーム。これ以上になにを説明すればよいのだろうか?あのチタン独特の色合い、輝き具合、見る人をうっとりとさせてしまう魔力がある。フレームの輝きを見つめていると、もう購入したい気分になってしまうよ♪

Tyrellのフレームデザインがもっともよく似合う材質=チタンという気がする。

チタンフレームに幻惑されたいならTyrell PK1を購入するべし。

 

IMG 6579

↑この輝きに萌える

 

IMG 6599

↑惹きつけられるチタンの鈍い輝き

 

Tyrell PK1オススメの理由、その2:パーツ構成をカスタムできる

IMG 6587

↑なんだか鉄格子と合いますよね!?

自分だけの1台というのはワクワクが止まらない。吊るしで売っている完成車ではない。フレーム単体での販売をしているので、ホイールはどうしよう?コンポはどうしよう?あーでもない、こーでもない……という実に不毛だが、最高に愉しい時間を購入前に過ごすことができるのだ!

オンリーワンというその響きがチタンフレームの輝きと相まって愛でたくなるだろう。

もっともこの興奮、つまりカスタマイズでオンリーワンを生み出す興奮はTyrell PK1以外でも味わうことができる。ただし、チタンフレームとオンリーワンが融合すると、部屋から出したく無いくらいに惹かれてしまうほど魅力的だろう。

 

Tyrell PK1オススメの理由、その3:走行性能

IMG 6584

いや、部屋から出して、乗ってみよう。もうビックリ。

はっきりという。ミニベロとは思えない。さすがTyrellがつくるチタンフレームの自転車。ペダルを踏みながら、ニヤリとしている自分がいる!

気がつかないうちに地面から突き上げてくる振動を消し去っているのだ!スッーと進む感じは新幹線に初めて乗った時の感触。「新幹線は静かだなぁ〜。」と子供ながらにおもった。あの興奮を思い出させてくれる自転車だ!

ガンッとペダルを踏むと、すぐに30km/hオーバー。街並みがどんどんと流れていく。そして、スピードを上げても全くガタガタとした揺れや不安定さがない!車体が軽いことによる不安定さは微塵も感じられない。どんどんとスピードが上がっていく。スピードに取り憑かれてしまいそうで危険なほど。本当に気持ちよく前に進んでいくのだ。まさに新幹線!

もう一度言うが、ミニベロとは思えない!!

すごいな、Tyrell PK1。折りたたみ機構を省くと、こんなにも安定するのか!?

Tyrell PK1から降りて、いつも愛用しているTyrell FXに戻ると、歴然とした違いがある。Tyrell FXは折りたたみ自転車でアルミフレーム。Tyrell FXでさっきと同じ道を走ると、ガタガタと振動が手に伝わってくる。東京駅で新幹線をおりて、山手線に乗車したときの感覚と近い。「山手線もいいけれど、やっぱり振動あるなぁ〜。」という感じ。

Tyrell FXがダメなんじゃない。Tyrell PK1の次元が違うのだ!

IMG 6585

↑Tyrell PK1でぶっ飛ばした後。波は静か。

 

まとめ

IMG 6583

所詮はミニベロなんて……、と思っていたが、Tyrell PK1は別世界の走り。ミニベロにたくさん試乗してきたが、今まで体験したことのない素晴らしさだった。

たとえると、

自分の戦闘力が1500だと思っていたら、実は10,000以上の才能を秘めていた!と興奮してしまうクリリンのようだ。

絶対に後悔しないよ!(もし支払い能力があればw)

 

さいごに

今回のTyrell PK1試乗にあたっては、千葉県浦安市にあるミニベロ&折りたたみ自転車ショップ「街の自転車屋さん」believeさんのお世話になった。あらためてお礼を伝えたい。ありがとうございました!

【街の自転車屋さん「believe」編】自転車屋さんは納車整備にどんなことをするのか?
当たり前だけど自転車はメンテナンスをしなければ乗り心地が悪...続きを読む

「街の自転車屋さん」believeさんでは2019年8月3日にTyrell プロダクトマネージャーの渋谷氏&チーフウェルダーの加藤氏を招いてのTyrellスペシャルトークショーを開催するとのこと。残席が若干あるようなので、興味のある方はゴー!

詳細は公式サイト参照。

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。値段がねぇ……。いや、性能を考えると納得だけど……。

 

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

  1. goodsleep@gmail.com より:

    idiom giant には、敵わないなぁ(´д`|||)残念⁉️