DAHON Curve D7で4500kmを走るとフレームはどうなるか

4,500km以上を走破したDAHON Curve D7は現在オーバーホール中。

今回はフレームの状態をチェックしてみた。

 

購入当時ののレビューは↓より。

DAHON Curve D7で30kmほど試走してみた
薫風のサイクリング日和、18kmほどサイクリングロードを中心に走ってみた。DAHON Curve D7を購入してから、ノ...

 

スポンサーリンク

4,500kmとはどのくらいの距離か?

4,500kmというと、いまいちピンと来ない距離。

Tokyo taipei

東京と台湾を往復する距離よりも長い。

千葉県1周500kmだと9周。

日曜日に50kmのサイクリングにいくと、90回分。

月曜日〜金曜日、片道10kmの通勤で利用すると1年くらい乗り続ける。

ちょっと距離感が掴めただろうか?

 

まあ結構走ったということだw

 

スポンサーリンク

4,500km後でDAHON Curve D7のフレームはどうなったか?

室内保管はいうまでもなく、雨ではサイクリングをしない。にわか雨に遭遇したときは帰宅後すぐに掃除をしていた。かなり大事に扱っていたと思う。それでも、記憶のない傷や塗装落ちが結構ある。

たとえば、

20150922 DSC 4505

↑こんな感じにガリガリとフレームについた傷

 

20150922 DSC 4510 1

↑ガリッ!とフレームについた傷その2

 

20150922 DSC 4502 1

↑フレームについた傷その3、あ〜ぁDAHONのNが……(T_T)涙

 

おそらく折りたたみをして輪行中などに傷がついたと思われる。さらに、

 

20150922 DSC 4500 1

↑塗装に注目してほしい、わかりづらい!?

 

20150922 DSC 4507 1

↑塗装に注目してほしい、その2

 

おそらく、輪行や様々な環境で走った結果なのだと思う。これも、思い出と思えるようになりたいw

 

肝心の折り畳み機構は!?

折り畳みのヒンジにダメージは見られない。

DAHONはヒンジがやられやすいので注意が必要なのだ。常に注意しておきたい。

 

まとめ

  • 輪行をしていれば、フレームに傷はつくのは避け難い。それも思い出と思うべし
  • ヒンジの状態は常にチェックをしておきたい

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。思い切ってフレーム交換してしまおうか!?

 

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました