自転車通勤にワークウェアスーツは最高かも

運動のため、気分転換のため自転車通勤を始めたけれど、どのような服を着ればいいかと悩んでいませんか。

「職場はシャワー室完備で着替えも可」というサイクリストにとって恵まれた職場はめったにありませんよね。

サイクルウェアで仕事?自転車屋じゃないと浮いてしまいますよね。いうまでもなく、スーツやスマートカジュアルが求められている職場では、自転車で乗るときの格好と相容れないです。

着替えることができれば楽なのかもしれません。しかし、着替えができないなら、どうすればよいでしょうか。

そこで、おすすめしたいのが今回紹介するワークウェアスーツです。

ワークウェアスーツとはどのような服なのか、どういうコンセプトなのか、ワークウェアスーツの特徴を実際に使ってみての感想などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

なぜ、ワークウェアスーツ?

「最近、自転車通勤はじめたらしいですね?」

「はい、満員電車を避けられるかな、と思ってはじめてみました。」

「で、どうですか?」

「いや、想像以上にいいですよ。リフレッシュにもなりますね。」

「それは良かったですね。」

「でも……。」

「でも?」

「問題があるんです。なかなか、自転車通勤にピッタリの服装ってないですよね。

「サイクリングジャージ?」

「いや、さすがにあのピチピチの服で通常勤務はできません。だからといって、スーツで自転車通勤というのも、職場に着く頃には汗でグッタリとしてしまいます。」

着替えればよいのでは?

「着替えるのは一つの答えだとは思うけど、メンドくさくて笑 自転車で職場にいって、そのまま仕事に入れるような服装ありませんかね?

「わがままですね。でも、ありますよ。ワークウェアスーツ。

スポンサーリンク

ワークウェアスーツとは?

ワークウェアスーツってなんですか?スーツでしょ?

「はい、スーツです。しかし、工事現場などで作業着としても使えるスーツというのがポイントです。」

「どういうことですか?」

「開発者のストーリーを聞くと、どういうコンセプトかわかってもらえるはず。コンセプトはズバリ、デートにも行ける作業着。

「ホワット?なんですか、そのコンセプト?」

「スーツはスーツ、作業着は作業着と分けるのが一般的です。でも、その両方で利用できたら、ステキです。公式サイトによると、次のようなコンセプトになります。」

作業もできて、接客もできて、オンでもオフでも活躍する。そんな服があったらどんなに便利だろうか。常識をぶち壊した新たなカテゴリーの服をつくろう。水道工事会社である僕らの挑戦が始まりました。

ワークウェアスーツの特徴

「ワークウェアスーツ、どんな特徴があるのですか?」

「いくつかの特徴がありますが、軽さ、伸縮性抜群、防水性能を紹介しますね。」

軽さ

↑ワークウェアスーツとミニベロならあまり違和感がない。

「試着すると、真っ先に気がつくのが、ワークウェアスーツの軽さです。」

「確かに重い服って、一日着ていると疲れてしまいますよね。どのくらい軽いのですか?」

「Tシャツを来ているかのような軽さです。いや、それよりも軽いかも?」

「そこまで軽いと生地が薄くて寒くありませんか」

「そうかもしれません。冬場は下着にsanticのサイクリングタイツをはくなどで、防寒する必要がありそうです。」

【Santic知ってる?】amazon.co.jpにある格安のサイクルウェアを試す
自転車用のサイクリングウェアはとても高い。タイツやウェアに10,000円なんてありえない。このように感じる人は多いと思われる。私もその中の一人。 ここでできることは高いから高品質だよね!と自分に言い聞かせながら購入専用じゃな...

伸縮性抜群

「伸縮性抜群ということはよく伸びるということですね。」

「はい、この伸び具合がペダリングで足を動かすサイクリングで大活躍です。

「どのくらい伸びるのですか?」

「どのくらい?それは言葉で表しづらいですね。でも、ペダリングしているときにストレスを感じたり、破けてしまったことはありませんね。」

防水機能

「防水機能もあるんですね。」

「はい、ちょっとくらい水をこぼしたくらいでは、全然染みてきません。この防水機能で多少の雨ならほとんど濡れることなく、移動することができますね。」

「土砂降りのときは?」

「そういうときは自転車通勤しないと思うので、問題なしです。むしろ乾くスピードが速いのが嬉しいですね。

「というと?」

「洗濯機で洗えるスーツです。生地も薄いのですぐ乾きます。だから、毎日洗って清潔感を保って利用することができます。」

「毎日洗えるのは心強い!」

ワークウェアスーツを実際に使ってみた

「実際のところ、ワークウェアスーツを利用して、そろそろ1年近くが経過します。」

「ちょっと試着してのレポートじゃないということですね。」

「そうです。1年近く利用したレポートとして、サイクリング、オフィスワーク、普段着としてを紹介します。

サイクリング編

「サイクリングでスーツを利用すると、チェーンと絡まる問題があります。」

「ありますね。パンツの右側がチェーン油で真っ黒でダメにしてしまったパンツが何本かあります。」

ワークウェアスーツは足首周りが細くなっているので、チェーンにあたったことがないです。また、足首のところで追ってしまえば、さらに安心です。」

「ペダリングは?」

「先にも述べたように、生地は伸縮する素材なので、全くストレスを感じることがありませんね。」

オフィスワーク編

「職場ではどうでしょうか?」

「いちど、カバンの中にジャケットを入れていたら、クシャクシャになってしまいました。」

「それは、流石に使えませんね。」

「そうおもって、しばらくハンガーにかけておいたのですが、なんと10分くらいしたら、生地が元通りになっていました!

「おおおぉ!復活!」

「はい。復活しました。」

「職場で、スーツにコメントされたことありますか?」

「そのスーツ変ですねと言われたことはありません。私の職場では、スーツMUSTですが、普通のスーツとして認知されています。」

↑シワクチャ

↑10分くらいで復活!

普段着編

「注目のデートはどうですか?」

「まあ、デートかどうかはさておき、普段着としても利用していますよ。生地が薄いので重厚な感じはありません。無地素材ですし。休日に電車に乗車していても、浮いてしまうことはないでしょう。」

ワークウェアスーツの不満は?

「絶賛されているワークウェアスーツですが、不満はないのでしょうか。」

「もちろん、どんな商品もパーフェクトということはありません。だから、当然ワークウェアスーツにも不満点が……。

「なんでしょうか?」

パンツの丈が短すぎることですね。最近の流行りなのでしょうか、座っているときに靴下が見える量が多すぎますね。下にサイクリングタイツをはいていると見えてしまう汗」

「あれ?webサイトでは、丈が短いのと長いのが用意されていますよね?長いほうを購入すれば良いのでは?」

「その長いのが私が利用しているモデルです。」

「若者ファッションですから、我慢してください笑」

ワークウェアスーツは色選択あり!

「ワークウェアスーツ、一度試してみようかな?色選択肢などはありますか?」

「もちろん。ブラック、ネイビー、ブレー、カーキに加えて、チャコールやレッドもあったはずです。」

↑ブラック

↑ネイビー

↑グレー

↑カーキ

↑サイクルベースあさひとコラボした自転車通勤向きのタイプもある

どこでワークウェアスーツは買えるのか?

「実際に試着することもできますか?」

「東京丸の内をはじめとして、直営店が何箇所かありますね。また、EDIFICEとも提携していて、EDIFICE内にワークウェアスーツのブースがあることもあります。もちろん、amazon.co.jp楽天市場でも購入可能です。」

まとめ

ワークウェアスーツは

軽い

伸縮性抜群

防水あり

と自転車通勤にピッタリなスーツ。でも、丈が短い。

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。類似品も他ブランドであるけれど、今のところワークウェアスーツがイチバンです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました