【試乗レビュー】Tern Verge P10

I tried tern verge p10 5

折りたたみ自転車Ternのモデル内でも高級の部類になるTern Verge P10

2022年度では150,000円以上するモデルだけに、いやが上にも期待値が上がってしまう。

その性能はどの程度のものだろうか。

Tern Verge P10に試乗した感想は、素晴らしき加速&油圧ディスクブレーキ!

試乗して走り回ったレビューをお届け。

 

スポンサーリンク

Tern Verge P10という名前

Ternとは?

I tried tern verge p10 10

折りたたみ自転車ブランドで折り紙の鳥のようなロゴが目印。

ブランドとしての歴史は2011年からなので、まだ10年くらい。

しかし、DAHON創設者の息子が独立して起ち上げたブランドなので、自転車開発歴は長いと言える。

初期の頃はDAHONそっくりだったが、最近は両者は全く違うブランドと感じさせるモデルが多い。

DAHONとTernって何が違うの?という疑問を10項目でまとめてみた
DAHON Speed Pro TT、DAHON Curve SL、DAHON Curve D7などの数多くのモデルを所有してきた。そんな私が DAHONとTernの何が違うのか? という疑問について書いてみた。 DAHONと...

 

Vergeとは?

Ternの折りたたみ自転車ラインアップの中でも、流線型なフレームが特徴。

ラインアップは全部20インチである。

同じ折りたたみ自転車で20インチのラインアップにLinkシリーズもあるが、Vergeシリーズは上位モデルに位置づけられている。

 

P10とは?

I tried tern verge p10 2

Pはプレミアムの意味。

プレミアムモデルで、10段変速のモデルということ。

アルファベットの符号は上位モデルから

X = eXtreme

P = Premium

D = Deluxe

B = Basic

とある。

Pは上から2番めのグレードで100,000円以上のモデルにつけられることが多い。

 

スポンサーリンク

Tern Verge P10の走行性能

I tried tern verge p10 8

プレミアムと言われるだけあって、期待が高まる。

ペダルを踏むと、グッと踏んだ力に反応して、グイグイと前に進む。

細身のタイヤSchwalbe Oneを利用しているのもあって、気持ちよく加速していく。

* 試乗車はSchwalbe Duranoだった

 

ミニベロって楽しいよね♪

 

車輪が小さいこともあって加速性能が良い。

ロードバイクではこのようなキビキビした感じがないので、久しぶりに乗る小径車の楽しさを感じてしまう。

小径車といっても大きめの20インチ451サイズを搭載しているので、結構気持ちよく進んでいく。

車体の軽さとタイヤの細さもあわさって、気持ちよい巡航性能といえる。

さすがプレミアム。

 

上り坂もスイスイと進む。

少なくとも山道でなければ、十分に対応が可能である。

ポイントは11−40Tという後輪ギア。

小さいギアから巨大なものまで備えているのは、さまざまな局面に対応することができるだろう。

 

I tried tern verge p10 1

↑11-40Tは迫力ある

 

スピードを出した後は当然、止まる必要がある。

ブレーキを踏んで、驚いた。

この自転車は油圧ディスクブレーキ搭載なのだ!

油圧ブレーキの方が楽、とよく言われるが、その意味がよくわかる。

レバーを引くと

 

グニュゥ。。。。。

 

という反応で、なぜか楽しい。

 

I tried tern verge p10 4

↑油圧ディスクブレーキ

 

私は、普段、ワイヤーで引っ張るリムブレーキを利用している。

リムブレーキでもしっかりとブレーキが効くので、「油圧ディスクブレーキはよく効く」と言われても、あまり意味を理解できなかった。

実際にブレーキレバーを引いてみると、1回で違いに気づくことができる。

試乗した日は晴れ。雨でもブレーキ性能が殆ど落ちないとのことだが、試す機会はなかった。

 

I tried tern verge p10 3

↑ディスクブレーキいいね♪

 

Tern Verge P10の折りたたみ

折りたたみ自転車だけに、折りたたみサイズなども気になるところ。

まずは折りたたみ方。Ternの他モデルと同じ。

 

I tried tern verge p10 11

↑シートポストを下げる

 

I tried tern verge p10 12

↑フレームロックを解除して。。。

 

I tried tern verge p10 7

↑折りたたむ

 

I tried tern verge p10 13

↑フレームをたたんだところ

 

I tried tern verge p10 14

↑最後にハンドルポストを折る

 

ハンドルポストが外側になるので、ハンドルを必要に応じて変更しやすい。

また、ライトなどいろいろなものを取り付けていても、折りたたみの邪魔になることはない。

ただし、外側に折れるので、折りたたみサイズが大きくなってしまうのが弱点。

 

I tried tern verge p10 6 2

↑折りたたみサイズ(W84 x H74 x D38cm)

 

こんな人におすすめTern Verge P10

I tried tern verge p10 9

150,000円以上の自転車を購入するのは勇気がいる。

どんな人におすすめなのか?

油圧ディスクブレーキを使いたい人

本当に楽である。手首の負担が少ない。

もちろん、通常のブレーキでもよいけれど、油圧ディスクブレーキは軽いタッチにビックリだった。

ワイヤー式のディスクブレーキとは全くの別物である。

 

坂だらけの街に住んでいる人

ギア幅が広いということはスピードも出せるし、坂道も登りやすいということ。

平坦だけを走るのであれば、オーバースペックだが、家の近くが坂だらけなら、おすすめ。

10-42Tのギアで乗り越えられない坂はほとんどないだろう。

 

Tern Verge P10 2022年モデルについて

Ternのモデルでも以前から存在している定番モデル。

2022年モデルも色変更にとどまっている。もし2021年モデルの在庫があれば、それを選んでもよいかもしれない。

↑ダークブロンズ(楽天リンク

 

↑ガンメタル(楽天リンク

 

↑サテンブラック(楽天リンク

 

色が暗めなものが多いので、赤とか派手な色が良い人は、Tern Verge P10を諦めるしかない。

 

まとめ

  • 油圧ディスクブレーキが最高
  • 11-40Tのワイドギアで上り坂も大丈夫
  • 軽量ホイールで走りも軽快

 

最後に

今回も橋輪さんに協力をいただきました。いつもありがとうございます。

 

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。新型コロナウイルスの影響でパーツ供給が追いついていない。ブレーキはシマノ製とTektro製が混在しているとのこと。にぎったときのフィーリングが違うので、購入時にはよく確認したい。

 

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました