ロードバイクとミニベロってそんなに違うの?

Road bikes and minivelos are so different 8

当たり前過ぎるけれど、ロードバイクとミニベロは全く違うと思われている。ロードバイクは速さを追求した自転車で、ミニベロは車輪が小さく小回りがきくお洒落な自転車といえる。

しかし、そんなにも違うのだろうか?ロードバイクのRaleigh CRFに乗って2,000km以上、ミニベロではTyrellをはじめとして20,000km以上乗ってきたが、あらためて思うこと。

ロードバイクもミニベロも一緒だよね!?

という気持ち。全く違う乗り物のはずなのに、一緒と感じてしまう理由をお届け。これからロードバイク、またはミニベロを2台目として購入する予定の人に参考になればいいなぁ。

 

スポンサーリンク

ロードバイクもミニベロも同じ?理由その1:サイクリングよりも食べたものが大事

Road bikes and minivelos are so different 1

ロードバイクもミニベロも同じかなぁ?と思ってしまうのはゴールで食べる食事が大事だから。

私は、グルメライドをすることが多い。ロードバイクだろうと、ミニベロだろうと、サイクリングをすれば疲れるのは同じ。疲れた時に食べたランチが美味しいか、不味いかで大きく疲労回復度が違う気がする。

また、店員さんの態度が悪かったりすれば、全てが台無しになってしまう。

結局、サイクリングそのものよりも、どのような人とコミュニケーションをとりながら何を食べたかが大事なのだ。

サイクリング中に出会ったレストランが期待以上だと、ずっとハッピーな気持ちになりませんか?

 

Road bikes and minivelos are so different 2

↑美味しいご飯を食べると元気になるよ♪

 

カツ丼サイクリング!千葉県千葉市の大島屋さんへ行きました
サイクリング計画の立て方についての記事を書いたけれど、早速実践してみた。Google Mapsを駆使して、妥当な距離のと...

↑世界一に美味しいカツ丼

 

スポンサーリンク

ロードバイクもミニベロも同じ?理由その2:車種よりもどこを走ったかが大事

Road bikes and minivelos are so different 6

車種による違いも大事だけれど、どこを走ったかが大事。トラックと格闘しながら国道を走って楽しいと思う人は皆無だろう。

ヒルクライムが好きな人は平地では物足りない。私のように距離を稼いで喜びたいタイプだと、田舎景色を眺めながら長距離を走ることができるとそれだけで満足してしまう。

気分良く走ることができれば、ロードバイクじゃなくても良いような!?(もっとも「気分良い」と「自分にあった自転車」は密接な関係もありそうだが。)

 

Road bikes and minivelos are so different 11

利根川サイクリングロード終点近く

利根川サイクリングロードの終点が見たいから10時間サイクリングを続けた話
突然だが、ドラゴンボールという漫画を知っているだろうか。昭和50年代生まれの人なら、おそらく全員が知っている!?その...

 

Road bikes and minivelos are so different 10

↑海景色

 

Road bikes and minivelos are so different 3

↑田園風景を眺めながら

 

Road bikes and minivelos are so different 5

↑森の中で

 

Road bikes and minivelos are so different 4

↑鹿野山の山頂付近にて

なぜヒルクライム?クロモリロードRaleigh Carlton Fで山登り
なぜサイクリストは坂道が好きなのだろうか?〇〇峠を登ってみた!とか△△山登ったー!という投稿を毎日のように目にする。中に...

 

ロードバイクもミニベロも同じ?理由その3:誰と走っているかが大事

Road bikes and minivelos are so different 9

私はほとんど一人で走るソロライドが多い。友達が少ないから。でも、人と共に走ることもある。サイクリング途中で寄り道したカフェや休息所で、「あーでもない、こーでもない」と自転車談議をしている時間は至福のとき。

結局、デートと同じで、誰といるかがとても大事なんだと思う。

Road bikes and minivelos are so different 7

 

まとめ

ロードバイクであるとかミニベロであるとか車種にこだわることは決して否定はしないよ。実際スペックは全く異なるし、乗り心地が違うのも当然。

でも、そういうスペックとは違うところに本当のサイクリングの楽しさがあるような気がしてならない。好きな人と、好きな道を走って、美味しいものを食べるようなサイクリングであれば、高級自転車でなくても楽しいよね!?

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。走ることよりも食べたりお土産を買ったりがメインになることが多い。そういう日帰りサイクリングのオススメ記事も書いた。

予算は10,000円!折りたたみ自転車で行く日帰り旅行
最近ハマっているのが、折りたたみ自転車持参10,000円で楽しむ日帰り旅行。折りたたみ自転車を持参するだけで、どんな場所...

 

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました