話題のタイヤPanaracer AGILEST(アジリスト)レビュー【Raleigh CRFで8,000km突破】

Panaracerからの新作タイヤ、AGILEST(アジリスト)を試しました。

このタイヤのコンセプトは

 

「圧倒的オールラウンダー」

 

です。

 

そこで、

 

  • Panaracer AGILESTの特徴は?

  • Panaracer AGILESTの重量は?

  • Panaracer AGILESTとContinental Grand Prix 5000の比較

 

などをお届けします。

Panaracer AGILESTの購入検討の人に届け!

Panaracer AGILESTを楽天でみてみる

 

スポンサーリンク

Panaracer AGILESTの特徴は?

Panaracer AGILESTはRace EVO4シリーズの後継にあたるPanaracer製のロードバイクタイヤです。

agileは「機敏」という意味ですから、それにestで最上級。

つまり、最高に機敏な動きがするということでしょう。

 

特徴は

 

  • タイヤの軽さ

  • 種類の豊富さ

  • ワイドリムに適合するために新しく見直したETRTO

 

の3点です。

順番に説明します。

 

Panaracer AGILESTは圧倒的な軽さ!

Shibuyagawa 57

なんといってもこのタイヤの特徴は圧倒的な軽さにあります。

一般的な25cだと、190g!(写真は23cなので180gとさらに軽いです)

おもな他メーカーと比較すると

 

Continental Grand Prix 5000 = 225g

Schwalbe One = 235g

Michelin Power Road = 235g

 

となっていますので、Panaracer AGILESTの軽さが際立っています。

 

軽いということは薄いということです。

だから、パンクしやすいと思うのは当然。

公式サイトでは

 

「頑丈だから大丈夫!」

 

とアピールされているけれど、まだ使い始めたばかりでわかりません。

これから何千キロと走っていく過程で長期レビューをしたい。

 

Panaracer AGILESTの種類は豊富です

Panaracer AGILESTは種類が豊富です。

簡単にまとめると、

 

  • AGILEST=基本モデルで190g

  • AGILEST TU = チューブラー版

  • AGILEST TLR = チューブレスレディ版

  • AGILEST DURO = ちょっと重い220gだけど耐久力アップ

  • AGILEST LIGHT = 軽さ徹底追求の170g

 

とラインアップがあります。

 

全モデルで25mmはラインアップ。

それ以外にも23mm, 25mm, 28mm, 30mmなどモデルによってはあり。

基本モデルはカラー版も用意されています。

 

新しく見直したETRTO規格

昨今のワイドリムホイールに合うように、AGILESTはタイヤ設計を見直したそうです。

いままで25cを使用していたホイールでも、AGILESTのETRTO規格では23cがよいということも。

購入するときは自分のもっているホイールのリムサイズをみて、適合サイズを確認しよう。

 

Quality zoom 02

↑公式サイトの画像を引用

 

私の場合、利用しているホイールのリムは15cだったので、23cを選択しました。

 

スポンサーリンク

Panaracer AGILEST購入の決め手は?

Shibuyagawa 59

クロモリロードバイクRaleigh CRFでこれまで利用していたタイヤContinental Grand Prix 5000が傷んできたのがきっかけ。

Continental Grand Prix 5000は2,000kmくらいでほつれが目立ってきました。

ちょっとハズレを引いたのかも?2,000kmは早いよ。

 

「せっかくなら、別タイヤにしてみよう🤗」

 

と思い、いくつかの候補を考えました。

 

Pirelli = Grand Prix 5000よりも高価でパス。

Schwalbe = ミニベロで利用しているので、違うブランド。

IRC = 特に理由はなく。

Vittoria = イタリアンを選ぶ理由もなく。

Michelin = たまたま在庫が見つけられず。

 

とモヤモヤと悩んでいるときに、

 

  • 国産ブランド

  • とても軽い

  • 新作

 

ということで、Panaracer AGILESTに出会いました。

あまり、深い理由とはいえませんね😅

 

Panaracer AGILESTの性能は?Continental Grand Prix 5000と比較

Shibuyagawa 56

Continental Grand Prix 5000は25c。

Panaracer AGILESTは23c。

とタイヤ幅に違いがありますので、あくまでも参考程度にレビューを読んでください。

 

つまり、

「25→23だから細く大幅な軽量化で加速性能向上」

「でも細いことによって乗り心地が固くなる」

ということが予想されます。

 

それで、

使い始めてから200kmくらい走った感想は、

 

違いがあまりわかりません😅

 

言われれば、軽い。。。かな?

坂道登りやすいかな。

そう言われてみると振動が増えた。。。かな?

ちょっと手首が痛い。。。かも。

 

という感じです。

 

Continental Grand Prix 5000と同じくらい良いタイヤと言えそう!?

私が鈍感すぎて、あまり参考にならないかもしれません。

もっとガッツリとペダルを踏んでレースを意識すれば、印象も変わるかもしれません。

 

でも、私のような軽く流しているロードバイク乗りの感想としては

 

違いがわからない

 

でした。

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。2,000kmくらい走ったら長期レビューを書きたいです。

 

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました