ふるさと納税で自転車工具ゲットだぜぃ!

ふるさと納税したことある?統計によると、90%以上の人がその存在を知っているけれど、実際にふるさと納税をしている人は20%に満たないらしい。

自分が収める税金の使い道を指定して、返礼品を受け取れるというのは素晴らしいよ。特に、その返礼品が自転車関連品だったら最高だぜ!という話。

 

スポンサーリンク

ふるさと納税で自転車関連品ゲット…… だった

以前はふるさと納税をするとTyrellのミニベロが返礼品だったということもあった。本当に。ただし、寄附するべき金額がとてつもない金額で、私のような一般市民では寄附できる金額ではなかった。

その後、総務省の指導もあって、高額商品が返礼品として並ばなくなってしまった。

それでも、返礼品として自転車関連品を受け取ることもできる。

今回は縁あって、新潟県燕市に寄附をした。その一部始終を紹介!

 

ふるさと納税をweb経由で行う

今回利用したサイトはさとふる。まるでECサイトで買い物をするかのように、簡単にふるさと納税の手続きを済ますことができる。

ショッピングレシートが発行されるかのように、「申込を承りました」というメールが届く。

ここで、しばらく待機。

 

ふるさと納税経過報告:6日目

今回寄附したのは新潟県燕市。ちょっと寄附金額が大きい、身の丈に合わないかなとおもった。しかし、メイドインジャパンで品質の良い製品を送り出しているツノダ社が返礼品に加わっていることもあって選択した。

ツノダ社の公式オンラインストアはこちら

返礼品は自転車工具セットだったが、その中の一つをすでに使っていて品質に納得をしていたのも、今回の理由。

まだ現地に行ったことはないが、地場産業を応援したいとおもった。

手続きをしてから6日目。返礼品が発送された旨をつたえるメールが届く。おお!いよいよだ!

 

ふるさと納税経過報告:8日目

そして2日後(通算で8日目)、返礼品が郵送されてきた。ちょっと時間がかかるオンラインショッピングをしている感じだね。

IMG 7492 2

↑段ボール箱が到着

IMG 7493

↑あけると、工具解説書

IMG 7497

↑ワイヤーカッター、アーレンキー 、チェーンプライヤーが入っていた

 

ちょうど手元にあったアーレンキー が痛んでいたので、欲しかった。これで、メンテナンスもはかどるかな!?

 

ふるさと納税その後

この後は確定申告をしなければいけない。確定申告をすることで、住民税と所得税が控除されるので、結果的にふるさと納税で寄附した金額がほとんど戻ってくる。

忘れずに。

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。確定申告しないでも戻ってくる方法はある。そもそも、ふるさと納税がどの程度簡単/難しいのか?などの詳細はこちらのサイトを参考にしてね♪

 

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!