折りたたみ自転車Tyrell IVEは誰のため?

IMG 6464

折りたたみ自転車Tyrell IVEは不思議な自転車である。ぱっとみただけでは普通の自転車、いや150,000円という値段が割高に感じられてしまう自転車。特に軽量というわけでもない。

だが、乗ってみるとわかるその性能。18インチとは思えない安定感。さすがTyrellといえる自転車の格好よさ。特にスピードは出さないけれど、50kmくらい走っても全く疲れを感じさせない自転車。そして折りたたみができる。

今回、またTyrell IVEのパーツ構成を変更した。え?またですか?とか言わないで欲しい。今回は原点回帰である。

 

スポンサーリンク

Tyrell IVEと私。ここまでの変遷。

Tyrell IVEを購入して3年くらい経過。購入して1年ほどは標準仕様で乗っていたが、その後にカスタマイズを施した。

現在のTyrell IVE Sports Completeでも利用されているが、Schwalbe Kojakを装着すると、見違えるように軽快に走ってびっくり。

「まるで別の折りたたみ自転車!?」Tyrell IVEのタイヤをかえたら、スピード2割増し!
「まるで別の折りたたみ自転車!?」Tyrell IVEのタイヤをかえたら、スピード2割増し!
先日より、折りたたみ自転車Tyrell IVEのカスタマイズ...続きを読む

まるでピッコロさんが重いマントを外して身軽になった感じのTyrell IVE。

【1kgで大きな違い】見せてもらおうか、折りたたみ自転車Tyrell IVEの本当の性能を!
【1kgで大きな違い】見せてもらおうか、折りたたみ自転車Tyrell IVEの本当の性能を!
はっきり言うけれど、Tyrell IVEは重い。最大にし...続きを読む

そして11速化をしてしまった話。

折りたたみ自転車Tyrell IVEを9速→11速にしました!
折りたたみ自転車Tyrell IVEを9速→11速にしました!
突然ですが、Tyrell IVEのギア数を11速にしました...続きを読む

気がつけば、随分とカスタマイズを続けてきた愛着たっぷりの自転車になっている。

 

Tyrell IVEは誰のための自転車なのか?

IMG 6462

3年くらいが経過して、改めて思い返してみた。Tyrell IVEは誰のための自転車なのか?長距離を走りたいならTyrell FXがあるし、コンパクトで軽い折りたたみ重視ならDAHON Curve D7がある。それなのに3台目の折りたたみ自転車を購入したのはなぜか?

それは家族の人も自転車に乗って、できることなら一緒にサイクリングを楽しむためであった。

Tyrell IVEならキツイ前傾姿勢にならずに初めてのスポーツバイクでも割とすんなりと乗車することができるのだ。そして抜群の安定感。

今一度問いたい。Tyrell IVEは家族みんなが楽しめる自転車であったはずなのだ。ポジションを調整することで、私にとっては乗りやすい自転車だが、結果として私しか乗れない自転車になってしまった。

まさに初心を忘れている。

 

折りたたみ自転車Tyrell IVEを家族用にしよう!

今回あらためて家族が乗ることができるようにチューンアップを施した。

標準ステムに変更

IMG 6471

前傾姿勢になっていたハンドル位置を標準に戻す。こうすることで、いわゆるアップライトなポジションになるので、乗りやすくなる。

 

フェンダーの装着

IMG 6463

雨で路面が濡れているくらいなら自転車を利用したい。汎用性を広げるためにもフェンダーを装着して、汚れにくくした。軽量化のために外していた標準フェンダーを元に戻す。

 

チェーンガード搭載

IMG 6469

軽量化を考えて53Tのチェーンリングとガードが一体になっているものを利用していたが、これを取り外して、標準のチェーンガードを装着した。これにより、折りたたみをするときにチェーンが落ちづらくなる。

 

サドルバッグや輪行バッグの撤去

家族みんなが使うので、長距離サイクリングはあまり想定されていない。それなら常時サドルバッグを携行してパンクなどのトラブルに備える必要もないし、輪行バッグも自宅保管でよい。こういったオプションを全て取り払った。そうすることで、軽量化にもなるし、何よりも見た目がすっきりして格好いい!

 

キックスタンドを装着

IMG 6505

何度もブログに記載した願いが届いたのだろうか、Tyrell純正のキックスタンドがついに発売となった。いままでキックスタンドを自作していたが、それも不要となる。駐輪のたびに後輪側を折りたたむのは不便なこともある。よって今回、キックスタンド装着。

 

まとめ

標準ステムに変更、フェンダーをとりつける、チェーンガード搭載、カバン類の取り外し、キックスタンド装着。そう、ほとんどTyrell IVEの標準仕様なのである。不必要に11速化していることを除けば、本当にノーマル状態。

Tyrell IVE購入してから3年。改めて気がつく。

標準仕様ってよく考えられているんだな!

 

今日も『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。1周回って振り出しに戻った感じ。

 

 

Twitterで最新情報をつぶやいています。ぜひフォローしてください!