サイクリングするならパン屋に行こう!という4つの理由

R0031403 3

サイクリングとパン屋さん。この言葉を聞いただけで興奮してしまう。サイクリング途中でパンを食べながら、マッターーーーーーリ。簡単に幸せな気分に浸ることができるのだ。

あまりにもパンとサイクリングの相性が良すぎて、気がつけばGoogle Mapsでパン屋を検索している。パン屋を検索→週末の目的地決定→パン食べる→幸せな気分になる→お土産購入したパンを食べながらパン屋検索→ループ、という感じw

しかしながら、そんなにもパンとサイクリングの相性が良いのは何故なのか?あらためて、その理由を考えてみると4つほど思い当たった。これを読めば、1時間後にはパン屋に向かってサイクリングをしているはず。

 

スポンサーリンク

なぜパン屋さん?その1:入店で服装を選ばない

DSC01027

パン屋さんをオススメするのは、サイクリングジャージでも割と入りやすいから。たまにピチピチのサイクルウェアでレストランに赴いている人がいるが、私にはまだ抵抗がある。

それに比べて、パン屋さんなら気軽に立ち寄れる。ゆっくり座ることはないので、パッと選んで、パッと会計を済ますので、訪れやすい。

 

なぜパン屋さん?その2:近くの公園でピクニック気分♪

DSC02029

パンならほとんどの場合、持ち帰りとなる。大抵ビニールに包まれているので、携帯しやすい。

携帯しやすい=サイクリング向きというわけ

パンを2,3個購入してサイクリングロードまで戻る。または、近くの公園で購入したばかりのパンを食べる。できたてのパンを外で食べるだけで、なんだかすごい得した気分を味わうことができる。

また、公園などで食べるということは自転車の脇で食事できるということ。こうすることで、自分の自転車が盗まれないかなぁ?とハラハラドキドキしながら食事する必要がない。だって、自分の真横に自転車があるのだ!これほど安心なことはない。!高級車を買った人はうなづいてくれると思う。

安心感でゆっくりと食事ができるということで美味しく味わえるはず。

 

なぜパン屋さん?その3:良心的な価格

DSC02007

どんな高級パン屋さんでも1人分の会計が1,000円を超えることはあまりない。1,000円以内というと、ラーメン、コンビニ、ファーストフードなども候補にあがるけれど、ちょっとオシャレ気分ならパン屋が断然上だと思う(偏見)。高級食にならずに、オシャレ気分が味わえる。

 

なぜパン屋さん?その4:あんぱんやカレーパンがサイクリング向き

DSC02026

あんぱんやカレーパンをよく選ぶ。餡子はエネルギーにしやすいし、カレーパンに入っているスパイスも元気が出る。羊羹やカロリーメイトなどを補給食にするのも悪くはないけれど、あんぱん、カレーパンも忘れないでほしい。

 

まとめ

以上、サイクリングになぜパン屋を選ぶかを書いた。パン屋がおすすめな理由は

  • サイクリングジャージでも入りやすい
  • ピクニック気分
  • 良心的な価格
  • エネルギー

 

今日もブログ『自転車でGo.com』にお越しいただきありがとうございます。江戸川サイクリングロード下流のパン屋をまとめた記事もどうぞ。

きっと自転車で再訪したくなるパン屋さんベスト5【江戸川サイクリングロード下流編】
きっと自転車で再訪したくなるパン屋さんベスト5【江戸川サイクリングロード下流編】
「サイクリングの目的はなんですか?」その質問に対する答えが「...続きを読む
スポンサーリンク
wiggle

フォローする