国内外の自転車ニュースをお届け!【2019年2月】

DSC01098

自転車にまつわるいろいろなニュースを集めてお伝えするシリーズ。

 

スポンサーリンク

埼玉サイクルエキスポに参加をした

各自治体がどういう温度で観光業に力を入れているかが伝わってくるイベントだった。他にも自転車にまつわるセミナーに参加するなど、情報収集をすることが多かった。

埼玉サイクルエキスポ2019を見学してきましたよ!
埼玉サイクルエキスポ2019を見学してきましたよ!
今年も寒空&向かい風の中、埼玉県さいたま市まで遠路を行った...続きを読む

 

英語ニュースを要約しました!

英語で提供されている自転車関連ニュースを要約してお送りします!

オランダ、自転車通勤手当あり

The Netherlands is paying people to cycle to work

オランダは自転車通勤する人が多い。首都アムステルダムだけでみると約半数がチャリ通。その理由は道が平坦なこともあるけれど、自転車通勤手当が支給されているとのこと!1kmサイクリングするごとに22セントが支給されるとのこと。片道10kmで往復20km。1ヶ月で20日通勤すると

22 x 10 x 2 x 20 = $88

となる。オランダでは一般的に通勤手当がないのかな!?

驚くべきなのはオランダ以外のヨーロッパ各国も自転車通勤奨励が行われている。イギリスでは会社が従業員に自転車を貸し出すことで会社は納税額を減らすことができる。ルクセンブルクでは自転車購入をすると$340が還付金などがある。

 

SSA Day tour 2019 Feb 5

記事リンク

『南風そよぐ、、G』さんのブログより。SSA=Sapporo Sightseeing Adventureの略。雪深い札幌をFATバイクで案内するよ♪という素晴らしい取り組みをしている。今回はシンガポールよりゲストが参加されたと言うことで英語でブログ投稿された。記事を拝見する限り、南風さんにも発見があったようす。ぜひ取材に行きたいと開始以来注目をしている取り組みだけれど、自分は寒いのが極度に苦手で……。

 

シンガポールでのバイクシェアリング半分が撤退か

Brakes put on three of six bike-sharing companies

シンガポールのTHE STRAITS TIMES、2月4日記事より。全文はこちらより

土地の少ないシンガポールにて車を減らすためにもバイクシェアを普及しようとしているが、なかなかうまくいかず。実際にビジネスを変わらずにしているのはMobike, SG Bike and Anywheelの3社。ofoは大幅縮小、GrabCycleはライセンス利用を一時停止、Qiqi Zhixiangはライセンス取得をしているだけぽい。

大きな障壁は自転車一台につき会社が政府に支払うのライセンス料がS$30(2,500円くらい)。これが利用者負担となってしまう。また、暑い国だけにe-scooterのほうが人気になりやすい。

 

この自転車系ブログ&ニュースが面白かった!

今回は厳選3点!

 

Rayo 究極のテール ライト USB充電 ブレーキ ランプ/盗難防止アラーム付 Bluetooth

記事リンク

Rayoというブランドの自転車リアライト。主なスペックは

  • 当たり前の明るい、USB充電対応、防水。
  • ライトを3方向に。近くと広くと遠く。
  • Bluetoothでスマホとリンクして、スマホ画面からのON/OFF、バッテリー残量確認
  • 盗難通知
  • ブレーキに反応して明るさ変更

↑amazon.co.jpリンク

 

DAHON DASH Altena 105 アップグレード【橋輪Blog】

記事リンク

千葉県柏市の自転車屋さん橋輪さんより。DAHON DASH Altenaをカスタマイズした記事。DAHON DASH Altenaといえば、折りたたみ自転車に見えないけれど実は折りたためるというオシャレなミニベロである。シルバーフレームに最新のR7000シリーズ105シルバーを導入。

橋輪さんのカスタマイズは色組み合わせにセンスが光るものが多い。

注目はキャリパーブレーキを特に改造することもなく105シリーズが使用できると言う点。多くのミニベロはキャリパーブレーキだけれど、ロングアーチで変更するのが大変だったり、ブレーキ性能が落ちてしまっていたりする。しかし、DAHON Altenaは通常のキャリパーブレーキ利用ができる。これは嬉しい情報。

 

モンベルがフォールディング小径車を発売 走行性・携行性など用途に応じて選べる3車種

記事リンク(Cyclistより)

mont-bellといえばご存知のようにアウトドアブランド。数年前から自転車関連用品にも注力をしているのだ。サイクルウェアやヘルメットを発売しているなぁ。と思っていたら、今回は折りたたみ自転車発表である。

SCHEIDEGGというブランド名で14,16,20インチのモデルが用意されている。20インチでも10kgを切る軽量モデルで注目をしている。どこかで試乗できないものか!?

で、試乗はどこでできるのだ?

 

今日もブログにお越しいただきありがとうございます。2月はサイクリングに行くことができず。

スポンサーリンク
wiggle

フォローする