DAHON Curve D7のパーツ名称をイラストつきでまとめてみた【その2】

blog読者様より専門用語が多いと指摘される前に解説編をつくっているシリーズ第2弾!!

偶然にも月刊PVが140,000を越えたと言う中山さんも自転車用語のややこしさについて触れている。やっぱり初心者みんなが複雑と思っているようだ。

というわけで前回の続き

DAHON Curveのパーツ名称をイラストつきでまとめてみた【その1】

DAHON Curve D7のパーツ名称をイラストつきでまとめてみた【その1】
blogの読者様より   自転車専門用語が多すぎる!...続きを読む

 

スポンサーリンク

タイヤ(tyre)

Tyre

タイヤだけでも様々な規格とさまざまなサイズがあり奥が深い。

DAHON Curve D7で使える16インチ(305)のタイヤについてはこちらの記事を参照してほしい。

DAHON Curve D7にふさわしい16インチタイヤは?

DAHON Curve D7にふさわしい16インチタイヤは?
DAHON Curve D7にピッタリのタイヤはどれだろうか...続きを読む

 

リム(rim)

Rim

ホイールの縁のこと。16インチでカスタマイズしようとするとALEXRIM DA16というものくらいしか選択肢がないのが残念。

 

ハブ&スポーク(hub&spoke)

Spoke hub

ハブとはホイールの軸となっている箇所。DAHONは前輪用ハブが幅74mmという特殊サイズである。後輪用が幅130mmまたは135mmと混在している。この複雑さが自転車をはじめる人にとっての。。。以下略

DAHON Curve D7のような小径車の場合、一般的なスポーツバイクよりもハブが酷使される。たくさん回転するから。結果として、寿命を迎えるのも早い。

スポークとはハブとリムをつないでいる針金のこと。本数が多いと強度も高くなるがその分重くなる。またチタン製にするとかステンレス製にするとかで値段が変わる。

ハブとリムをどうやってつなぐか、つまりスポークの張り方にもラジアル組とかタンジェント組とかいろいろある。この複雑さが。。。以下略

リム&ハブ&スポーク=ホイールとなる。16インチの場合は完成したホイールを販売していることはあまりないので、バラバラに購入して自分で組み立てるかお店にお願いすることになる。

私の自転車DAHON Curve D10 STI Specialの場合はお店にお願いした。

 

【参考】

DAHON Curve D7のホイール交換!!【その1到着編】

DAHON Curve D7のホイール交換!!【その1到着編】
ついにGW前から注文をしていたDAHON Curve D7用...続きを読む

 

DAHON Curve D7のホイール交換!!【その2後輪ハブ選択編】

DAHON Curve D7のホイール交換!!【その2後輪ハブ選択編】
ホイール交換した話の続きです♪ 前回は興奮のあまり、ホイ...続きを読む

 

DAHON Curve D7のホイール交換!!【その3試走編】

DAHON Curve D7のホイール交換!!【その3試走編】
DAHON Curve D7のホイール交換の話、試走してみま...続きを読む

 

Vブレーキ(V-brake)

Brake

ブレーキにも様々な種類がある。Vブレーキ、キャリバーブレーキ、カンチ、ディスク、…以下略。

さらに私が使用しているVブレーキにも長さがいろいろある。この複雑さが自転車をはじめる人にとっての。。。以下略

本来はSTIブレーキレバーではVブレーキを使うことはできない(SHIMANO談)。しかし、ショートVブレーキなら可能である。SHIMANOは保証していないが。。。使用しているブレーキはBR-R573というブレーキ。顛末については↓

DAHON Curve D7のVブレーキをShimano BR-R573に変更した!

ブレーキは命綱!DAHON Curve D7のVブレーキをSHIMANO BR-R573に変更したよ!
amazon.co.jpで注文していたブレーキSHIMANO...続きを読む

 

サドル(saddle)

Saddle

座るところ。軽さに魅了されてカーボンサドルを使用中。正直に言って乗り心地は最悪だ。快適なサドルをもとめてたくさん買うのをサドル沼というらしいw

DAHON Curve D7にピッタリのサドル選び【その2カーボンサドルに誘惑される編】

【お尻に激痛!?】カーボンサドルを数日間利用したレポート♪
いきなりだが、1週間程前にカーボンサドルを購入した爆笑!!!...続きを読む

 

シートポスト(seatpost)

Seatpost

サドル下の棒のこと。太さは自転車種類によって様々だがDAHON用は33.9という太さを選べば大丈夫。34.0ではダメですよ!!!安価でカスタマイズしやすい箇所である。

DAHON Curve D7のシートポストを比較した結果LiteProを購入した

DAHON Curve D7のシートポストを変更しようと悩んでLitePro製にした話
DAHON Curve D7のシートポストを変更したい。さあ...続きを読む

なお、一般的な自転車はサドル位置が低すぎる!!!サドル高さを適正にすることで快適さが全く違う。

適正とは?。。。また別の機会に記事にするかも。

 

シートクランプ(seat clamp)

Seatclamp

シートポストをフレームに固定する部品。こんなところに改良の余地ないだろって???私はシルバーから黒に変更してドレスアップしているw 50gくらいのパーツだが30gくらいまで軽量化することもできるようだ。 

 

ずいぶんと長くなってしまったので、つづく

 

今日も自転車でGo.comにお越しいただきありがとうございます。台風11号で思うように週末はサイクリングができませんでした。